[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリティ Lena!

Lena
(画像:www.lena-meyer-landrut.deより)

今日は、ドイツのとってもカワイイ新人アーティストLenaをご紹介します♪
フルネームは、Lena Meyer-Landrut(レナ・マイヤー=ラントルート)。
今年5月にノルウェーのオスロで開かれた「Eurovision Song Contest(ユーロビジョン・ソング・
コンテスト)」にドイツ代表として出場し、見事優勝を成し遂げた、今ドイツで大人気の女の子です。
彼女はまだ19歳。何と90年代生まれなんですね~!(驚)
私とは世代がかけ離れていますが、私、彼女がものすごく好きなんです
歌が上手くて個性的でおちゃめでナチュラルですっとぼけてて、そして何よりもかわいいんです~~。

ユーロビジョン・ソング・コンテストは、1年に1度、ヨーロッパ各国からそれぞれ一人アーティストが
参加して競い合うコンテスト。ドイツ代表として出場するアーティストを決めるため、まずドイツ国内で
数週間に渡る選考会があったのですが、それもテレビで大々的に放送されていて、私たち夫婦も
熱心に見ていました。その時からこのLenaはタダモノではないと思っていましたが、ドイツ代表に
選ばれてからどんどん気になり始め、オスロでのコンテストで見事優勝したときは、すっかりファンに
なってしまっていました。

コンテストが行われたとき私はちょうど日本にいて、夫と一緒にテレビで見ることができなかったのが
残念だったのですが、インターネットでもライブ中継されていたので、私はとてつもなく早起きをし
(開催されたのが日本時間の夜中~朝にかけてだったのです)、パソコンの前に一人座ってドキドキ
しながらLenaの晴れの舞台を見守っていました。こんなおばちゃんまでも、とりこにしてしまう
19歳のLena。不思議な魅力にあふれています。

このコンテストは、ヨーロッパ各国の一般視聴者が電話または携帯メール投票で優勝者を決める
という形式。ただし、自国の代表者に投票することはできません。だから、人口が多い国が有利とか
そういうことはないんですね。25カ国の代表が競い合う中、ドイツ代表のLenaが2位にものすごい大差を
つけて優勝し、飛び上がるほど嬉しかったし、何だか信じられない気持ちでいっぱいでしたね~。
素質があるとは思っていたけど、まさか本当に優勝するとは!

Lenaの音楽は、ロック好きな私の好みでは特にないのですが、彼女が歌うとこれがまたいいんです~。
ずーっと聞いていたい、そんな気持ちにさせられます。ビデオクリップもまた素敵♪
↓こちら、ぜひぜひ視聴してみてください!!!

最初のがユーロビジョン・ソング・コンテストで歌った歌、次のが最新シングルです。
最新シングルの方ではナチュラルなかわいいLenaが見られますよ~。








Lenaのオフィシャルサイトでも、いろいろなビデオや写真が見られます。

これからも、このナチュラルさを失わずに活躍していってくれることを願います♪


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング
スポンサーサイト


音楽は人をつなげる♪

久々にロックネタです(笑)。このブログでも何度か書いたと思いますが、私はロックが好きです。そしてここ数年は、特にグリーン・デイが好き♪ 彼らの軽快な音楽を聞いていると、すごく元気になれます。ちょっと気分が沈み気味のとき、逆にゴキゲンなとき、仕事が一段落して「リラックスするぞー」ってとき、グリーン・デイを聞きます。あとドライブにも最適。ようはいつでもグリーン・デイを聞いてます、ってこと(笑)。

昔はもっとハードでヘヴィーな感じのロックが好きだったけど、最近はちょっとそういうのは重たいな~と感じるようになり、明るいパンクのグリーン・デイにはまっているわけです。ハード系から遠ざかっている自分が、年をとったってことかしら??と思ったりもして、ちょっとフクザツでもあります(笑)。っていうか、みなさんからすれば、30代の女がグリーン・デイを聞いているってこと自体、ちょっとヘン・・なのかもしれません・・・。みなさん、引かないでくださいね(笑)。

年末に彼の親戚一同が集まった時、彼の従弟(確か16歳)が「バンドをやり始めた」と話していたそうです。私はその場にいなかったのですが、あとからその話を聞いて、「おぉ~!いいねぇ!」とうれしくなりました。私も高校生の頃、友達とバンドを組んで文化祭で演奏したりしたので、そんなことを懐かしく思い出したりもしました。

その従弟は、オフスプリングとかパパローチが好きだそうで(マニアックな話ですいません。ロックを聞かない方は全然分からないですよね。汗)、「お!私と好みが似ているのか?!」と一瞬喜びましたが、「グリーン・デイはあんまり好きじゃない」とのことでした・・。「レベル(質)が高くない」とか言ってたそうです。なに~?!

その場にいたら、「グリーン・デイの本質が見抜けてないね。彼らの音楽はスバラシイんだよ!」などと、ムキになって反論してたような気がします(笑)。16歳相手に。

でも基本的な好みはやっぱり似ているようなので、何とも不思議な気分になりました。ドイツ人と日本人で国籍も違うし、性別も違うし、何と言っても年が全然違うのに、同じ音楽を聞いている、ということがすごいことに思えたのです。

やっぱり音楽って素晴らしい!!と。

年齢とか国籍を超えて共有できる。音楽はまさに人をつなげるものなんだなぁと改めて思いました。もちろんクラシック音楽は、こんなレベルではありません。何百年という時を超えて、それこそ世界中で聞かれているわけですから。でも現代の音楽でも、それのプチ版みたいなことが起こっているんですよね。

今度その従弟に会った時、バンドの進み具合を聞いてみたいと思います♪ 楽しみ楽しみ。私も仲間に入れてくれないかしら?なんて(笑)。

↓こちら、私も持っているグリーン・デイのCDの一部です。みなさん!グリーン・デイいいですよー。

ウォーニングアメリカン・イディオット
Warning
グリーン・デイ (2000/10/3)
Reprise
この商品の詳細を見る
American Idiot
グリーン・デイ (2004/09/21)
Reprise
この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆


YUKI-joy「SPACE SHOWER Music Video Awards 06」で、YUKIちゃんが最優秀作品賞をとりましたね!!インターネットのトップニュースで見てびっくりしました。YUKIちゃん、おめでとう~☆☆

何で”ちゃん”付けかっていうと、昔からYUKIちゃんのファンだからです♪ もともとジュディマリのファンで、解散はものすごくショックだったんですが、ソロになってからのYUKIちゃんも最高で大好きです☆ ジュディマリ時代からソロまで、アルバムを全部持っているほど・・・。

ジュディマリはあのポップロックなノリが好きで、YUKIちゃんのファッションとかも大好きで、それからYUKIちゃんの書く詞も最高で。
ソロになってからは、より「優しさ」「女らしさ」が前面に出て、でもかわいらしさはそのまま残っていて、ジュディマリとはだいぶ違うんだけど、やっぱり私のツボにはまってしまう音楽です。

声もファッションもメロディも最高なんだけど、やっぱりあの詞は本当に素晴らしい! 私は音楽を聞くとき、詞ってそれほど重視しないのだけど、YUKIちゃんの書く詞はすごく共感できるところが多く、YUKIちゃん独特の言葉の表現にいつも感動しています。

それから体が小さくて、高い声でポップな歌を歌ってるかわいいYUKIちゃんだけど、しゃべる声は低くてハスキーで、話がすごく面白いのも魅力。昔から、話すと「かっこいいお姉さん」だな~と思ってました。

YUKI-JOY何でこんなに盛り上がってしまっているかというと、すごく偶然な事に、ここ数日ず~~っとYUKIちゃんのCDを聞いていて、そこにこの最優秀ビデオ賞のニュースが入ってきたからです。
もうしばらく聞いていなかったのに、最近久しぶりに聞きたくなって、もう1週間近く毎日繰り返し、しつこいほどYUKIちゃんのアルバムを聞いて改めてはまってるんです。何という偶然なのでしょう。

YUKIちゃんのオフィシャルサイトでいろいろ試聴できます。(メニューのRELEASEのところをクリック。)ビデオはほとんど知らないので、いろいろ見ちゃいました。やっぱりかわいい~。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


クリスマスの出来事でちょっと書き忘れていたことが。みなさんにとってはきっとどうでもいいことですが。。笑
タイトルでお分かりのとおり、クリスマスプレゼントに思いがけなくGreen DayのDVDをもらったんです!久しぶりにGreen Dayネタです。笑

贈り主は彼。クリスマスのプレゼントはツリーの下にみんな置くのですが、その中にさりげなく彼から私へのプレゼントも混じっていました。最近では、クリスマスプレゼントは親戚にあげるもので、お互いに特に何か贈り合うということもあまりなくなっていたのですが、今回は思いがけないプレゼントにびっくり。(・・・と言いつつ、けっこう毎年何かしらもらっていたような。。私は全然あげてないんですけど・・やばっ)でもまあ彼もグリーン・デイ好きなので、これは二人用です。

クリスマス真っ最中で、正直言ってグリーン・デイのことは忘れていたけど、このDVDを見たとたん、グリーン・デイへの熱い想いが舞い戻ってきて(笑。でも本当ですよ)、こんなに私をハッピーにしてくれる彼ってなんていい人なんだ!と感激しっぱなしでした。
親戚とみんなでクリスマスの歌を演奏&合唱しながら、静かなクリスマスを過ごしていたけれど、親戚が帰って一段落したところで彼が、「Green DayのDVD見ようよ」と言ってくるので、何となく躊躇しながらも(だって、厳かなクリスマスにグリーン・デイはちょっと申し訳ないような気がして・・・)、でももちろん見ましたよ!

さっきまでピアノで平和なクリスマスの曲を弾いていたので、最初はギターの音に一瞬「うっっ・・」と思いましたが、始まってしまえば私はもうGreen Dayワールドにどっぷりはまってしまいました。
DVDは、イギリスの野外ライブ映像と、メンバーのインタヴューたっぷりの、とっても濃い内容の大満足できるものでした☆☆もうビリー・ジョーがかっこよすぎて、私はまたしてもメロメロ。。2時間たっぷり堪能させていただきました。

ただちょっと変なことが一つ。ドイツ語の字幕に設定して見たのですが、何から何まで訳されてて、これ、絶対グリーン・デイのこと知らない人が訳したな・・って感じだったのですが、音楽DVDってそういうものなんですか?私がこんな感じでバンドとかミュージシャンにはまっていたのはもう10年以上前で、その頃はビデオの時代だったので、こういうDVDは初めて買ったのでよく分からないのですが。。
例えば、「Holiday」という曲があるのですが、ビリー・ジョーがイントロが始まったところで「HOLIDA------Y!」と叫ぶのですが、それがドイツ語で「Ferien(休暇)」と字幕が出て・・・。何もホリデーを休暇って訳さなくても・・・と思ったんですけどね。これは曲のタイトルなんだから。このへんもうちょっとかっこよく編集してほしかったなーとは思いますが、それ以外は本当に最高のDVDで、しかもCDまでついていて、それで普通のアルバムとほぼ同じ値段。かなりお得な内容です。

2時間の夢の世界が終わると、私たちはまた静かなクリスマスの世界に戻ったのでした・・・。
↓こちらがそのDVD「BULLET IN A BIBLE(ブレット・イン・ア・バイブル)」です。





人気blogランキングへ
↑このブログを気に入っていただけたらこちらをクリックしてくださいね☆


ファンになりました

つい先日ご紹介したドイツのバンド「Wir sind Helden(ヴィア・ジント・ヘルデン)」のセカンドアルバムには、このアルバム制作中に収録されたメンバーの様子、インタヴューなどがたっぷり入ったDVDが付いているのですが、これが何と合計170分もあるので、なかなかそんなに時間が取れず今まで見ていなかったのです。それを今日ようやく見たのですが、もうーーーファンになってしまいました☆☆☆
彼らの音楽は好きで、ボーカルのユーディットはすごくかわいいなぁ~と思いながらCDはよく聴いていましたが、ファンというほどのものでもなかったのです。それが、メンバー一人一人がいろいろと語る姿、バカやってる姿(みんなそれぞれ個性があって、かなりおいしいキャラクターなんです)をたっぷり見せられて、一気にはまりました。HPでニュースレターまで登録してしまいました。

このDVDでかなり面白かったのが、4人のメンバーがそれぞれ他のパートを演奏したのが全て録音されていて、自由にいろいろな組み合わせでバンド演奏させることができるというコーナーです。ちなみに曲は、この前「ぜひ聞いてください!」と書いた「Nur ein Wort」でした。
例えば、本来のギタリストがボーカル担当、本来のベーシストがドラム担当・・・というように自分で好きなようにバンド編成できるのです。どのパートもちゃんとできちゃうメンバーもいたけれど、ほとんどみんな、一つくらいすっごいへたくそな楽器があって、もうかなりウケました。ユーディットはドラムが全然ダメで、でもすっごく楽しそうにリズムに乗って適当にたたきまくってて、これまためちゃくちゃかわいかったです。
結局全ての組み合わせ4パターンと、一人に全てのパートを演奏させることもできるので、それも4パターン、合計8回続けて「Nur ein Wort」を聞きました。いろんな「Nur ein Wort」を聞けて、すっごく楽しめました。



ユーディット、かわいいー!
彼らのHP、今日見たら、ドイツ語、フランス語に加えて英語でも読めるようになっていました。

→Wir sind Heldenを試聴してみる

人気blogランキングへ


2005_0726jeanmark2.jpg2005_0726judithpola2.jpg

今ドイツで大人気のバンド「Wir sind Helden(ヴィア・ジント・ヘルデン)」をご紹介します。女性ボーカル+男3人の、今よくある編成のポップバンド(ロックではないのでご安心を!笑)。歌詞は全てドイツ語です。
2年前の2003年7月にファーストアルバム「Die Reklamation(ディー・レクラマツィオン)」が発売され、「Guten Tag(グーテンターク)」というタイトルのシングルはその夏の大ヒット曲となり、かなり個性のあるドイツ語の歌詞、音楽性、彼らのスタイルが話題を呼びました。
今ではもう大人気でノリにのっています。独自の音楽スタイル、メンバーの飾らない姿がいいんですね。ボーカルのJudith(ユーディット)なんて、いつも髪の毛ぐちゃぐちゃで、ライブで歌詞を忘れても「忘れちゃった、へへっ」って感じで、♪ラララ~と歌っておちゃめにごまかすナチュラルそのもの。も~~かわいいんです☆決して歌がうまいわけではないけど何か光るものがあり、何となく憧れてしまいます。。

私は昼間はロック一色なので(笑)、夜ゆったりしたいときにWir sind Heldenをよく聴きます。別に静かな音楽ではないのですが、ロックと比べるとサウンドが随分優しくて(笑)リラックスできるんです。
ドイツの音楽事情を知りたかったら、このWir sind Heldenは必聴です!
私がドイツに来た5年前は、ドイツ人ミュージシャンでもほとんどみんな英語で歌っていて、音楽性もアメリカのものと同じような感じで、ドイツの音楽業界ってないの??と聞きたくなるような状況でしたが、今ではドイツ語で歌うミュージシャンがかなり増え、そのような”ドイツの”音楽がドイツの若者にここまで支持されているというのは、大きな変化だなぁと思います。以前ご紹介した「Silbermond(ジルバーモント)」もそんなバンドの一つです。

最新シングル「Nur ein Wort(ヌア・アイン・ヴォルト)」は、テンポは速めの曲ですが、なぜかせつなくなってしまう、一度聴くと耳から離れなくなるメロディで、私は素晴らしい一曲だと思います。これはぜひぜひみなさんにも聞いていただきたいです!
↓これは4月に出た2枚目のアルバムですが、画像をクリックするとWir sind Heldenのホームページにいけます。アルバムを試聴できるページへ直接リンクしたので、ぜひ覗いてみてください!下から3番目の曲が「Nur ein Wort」です。

Wir sind Helden 最新アルバム


人気blogランキングへ


LIVE 8! Green Day!

先週の土曜日に、LIVE8が世界9カ国で開催されました。
日本ではそれほど注目されていなかったようですが(ライブ中継もCS以外
なかったようなので)、こちらではすごい盛り上がりでした。
アフリカの飢餓を救おうというテーマのもとに、G8の先進諸国+ヨハネスブルクで
多数のミュージシャンが集ってコンサートが行われました。
これは募金を集めるチャリティーコンサートではなく、アフリカの問題に
人々の意識を向けさせるのが目的。
世界中の会場で同時に有名ミュージシャンが演奏し、アフリカに目を向けようと
訴えました。

ドイツ・ベルリンでは午後2時にスタート。いいバンドが目白押しだったので、
私はしっかり始まる前からテレビの前でスタンバイしていました。
司会は何と、ARD(日本のNHKのようなテレビ局)の夜10時半のニュースの
女性アナウンサー!知的な美人、政治家などにもけっこう鋭く突っ込む
とっても素敵なアナウンサーですが、ARDということもあり、ちょっと
お堅いイメージがあったので、かなりびっくりしました。いつもとは全く違う
ラフなスタイル、ステージで観客に向かって叫ぶ姿、すごく新鮮で良かったです。

ロック、ポップ、ソウルなど様々なジャンルのミュージシャンが出演しましたが、
ロック好きの私が楽しみにしていたのは、「Die Toten Hosen(ディー・トーテン・ホーゼン)」、
Wir sind Helden(ヴィア・ジント・ヘルデン)」、「Silbermond(ジルバーモント)
(→先日このブログでもご紹介しました。)、「Juli(ユリ)」などドイツ語で歌う
ドイツのバンドたち(バンド名、カタカナで書くと何とも変な感じがします。笑)、
そしてそしてアメリカのバンド「Green Day」です!!
Green Dayが9つもある会場の中で、ドイツで演奏するなんて!!すごーく
ラッキーでした☆☆

仕事から急いで帰ってきた彼も、Die Toten HosenやWir sind Heldenは
逃してしまいましたが、Green Dayはまだこれからです。(彼もグリーンデイ好き。)
Green Dayの前は「Audioslave」が演奏していて、こちらも楽しみにしていたのに、
途中でローマの会場に中継が切り替わっちゃったんです。
世界で同時開催だから、注目を集めているミュージシャンのステージは
随時ライブ中継されて、それはそれでいいのだけれど、このままGreen Dayも
映らなかったらどうしよう・・・!と本気で焦りました。

AOLのサイトでも各会場の様子がリアルタイムで見られたので、テレビで
ローマが映っているときは、パソコンでベルリン会場をチェック。
本当にやきもきしましたが、Green Dayはちゃんとテレビで中継されました。ほっ。
もう彼らがステージに出てきた瞬間から、私の心臓はバクバク。久しぶりに見る
Green Dayの演奏に、頭が熱くなるほど集中して見入りました。
会場はかなり盛り上がっていて、ボーカルのビリー・ジョーは、観客を
どんどんのせていきます。もう何てかっこいいのかしら。。私、ドキドキ
しっぱなしでしたよ(昔からミーハーな私です。笑)
すっごくうれしかったのは、ビリー・ジョーがドイツ語で「ドイチュラーーーント
(=ドイツ)」とか「ダンケシェーン(=ありがとう)」と何度も言ったこと。
その国の言葉でひとことふたこと言うのはお約束ですが、もうかわいいったら
なかったです。私はドイツ人ではないけれど、ビリー・ジョーがドイツ語を
発するということが、うれしくてたまりませんでした。

それにしても、Green Dayは大きなバンドになったんだなぁとしみじみ思いました。
彼も言っていました。観客をのせるのがうまいし、何か貫禄すら感じられました。
ステージの後は、舞台裏であの美人アナウンサーがインタヴュー。
あー、Green Dayがドイツで演奏してくれて本当によかった!いっぱい
見られて大満足でした。かなり集中していたので、終わったあとは私かなり
ぐったりしてしまいました(笑)。

Green Dayアルバム


その後、夕食時は一旦テレビから離れましたが、それ以外は結局ずっと
見てしまいました。だってテレビでずーっとやってるんですもの。。
ライブが終わってからも、今度はダイジェストみたいなのを各局で夜通しやっていたので、
再びGreen Dayのステージ他を見て、午後2時から夜中の3時頃までLIVE8に
かかりっきりでした。さすがに朝まで見る気力はありませんでしたけれど。

ダイジェストでは、日本の幕張メッセの様子も映りました。ドリカムがほんの一瞬と、
Good Charlotte」の演奏が一曲。Good Charlotteのボーカルも日本語で
「アリガトウ、トーキョー!」と叫んでいました。
でも、日本では1万人しか集まらなかったそうですね。ベルリンは15万人以上
集まっていましたが。このイベントは無料なのに、なぜか日本では募金した人しか
応募できなかったんですよね。こういうイベントは断然欧米の方が
根付いているから仕方がないんでしょうが、日本であまり盛り上がらなかったのは
ちょっと残念だなぁと思います。
このことをきっかけに、慈善活動に対する日本人と欧米人の違いについて
(どちらがいい、悪いとかではなく)、彼といろいろ話をしましたが、
簡単に文章にできることではないので、ここでは省略します。
またいつか機会があれば・・・。

それにしても土曜日はどっぷり音楽にひたれて、最高に幸せな一日でした☆
世界中で一つのイベントが同時に行われていると思うと、楽しくて
仕方なかったです。長々と失礼しました!


人気blogランキング参加中です☆


Papa Roach

「Papa Roach(パパローチ)」とは、アメリカのロックバンドです。
すいません、今日は(今日も?)ロックの話しちゃいますよ。
Papa Roachは2000年にファーストアルバムを出しているアメリカのバンドで、
私の最近のお気に入りです♪
ハードなサウンドにミクスチャー要素もあり、と言った私好みの雰囲気で、
1stアルバムは知り合いに借りて聞いていたりしたのだけど、その後私の中で
消えていってました。
それがMTVでビデオクリップをよく目にするうちに、気になって気になって
1ヶ月くらい前に、去年出てた3rdアルバムを買ったんです。
このビデオクリップの曲は、「え?これがPapa Roach?!」とかなり驚ろいた
メロディアス系で、見た目も何だかこぎれいになっちゃって、グリーンデイが
パンク少年から最近きれい目路線になってるのと、すごく似てて私、魅了されて
しまいました。。最初は、え~Papa Roach、こんなやさしいロックやっちゃうの~?
と、ちょっとがっかりしたのですが、これが聞けば聞くほどはまってしまい・・・。
結局は私、一歩間違えば安っぽいバラード?っていうロックも大好きなようで。

↓これがその3rdアルバム
Papa Roach


でもこの3rdアルバムはやっぱり、本当にこれが同じバンド?と疑ってしまうくらい
今までの路線とはガラッと変わっていて、全体的にかなりソフトになりました。
ちょっと残念な気もするけど、このアルバムはそれはそれですごく気に入って
ここの所、ずーっと聞いていました。3ヶ月くらいグリーンデイのみひたすら
聞いていたので(私、はまるとしつこいんです。笑)、久しぶりに新たな気に入った
音楽が見つかって喜んでました。
これもしつこく毎日毎日聞いていたのだけど、少し前にドイツであった「Rock am Ring」、
「Rock im Park」という二つの大規模なロックフェスティバルに出ていた彼らの
演奏を聴いて、実はがっかりしていたのです。。
ボーカルは音程狂ってるし、バンドのテンポは不安定だし・・・。
そんなにすごくひどいわけじゃなかったけど、かなり期待していただけに
「あれー・・・」という感じで。ライブですごいいいバンドってあんまりいないのかも
しれないですけどね。大きなロックフェスだったから、あがってたのかなぁ。。
私の夫は数年前にPapa Roachのライブに行っていて、その時はすごく良かった!と
言っていたのですが。。

ともかく、それ以来Papa Roachを聞きたい気分にはなれず、友達に誕生日プレゼントに
もらった新しいCDもあったので、しばらくご無沙汰していました。
が、今日急にまた聞きたくなってかけてみると、やっぱりいいんですよ、これが!
私のとても好きなサウンドなんですねぇ。あのライブのことは忘れようと
心がけながら(笑)、繰り返し聞いていました。
ハスキーな声もかなりポイント高く、8曲目の「Scars」(上記のビデオクリップの曲)
はせつないメロディーで、ぐっときていまします。みなさん、いいですよ~。
Papa Roach、私の中で復活です!(グリーンデイにはかないませんけどねー♪)

人気blogランキング参加中です☆


ドイツのバンド*Silbermond*

この前、また友達から誕生日プレゼントをもらいました☆ CDです。
この友達も最近誕生日があって、お互い何をプレゼントにもらいたいか相談した結果、
CDを贈り合うことにしたのです。この彼もロック好きなのでCDの貸し借りを
よくしていますが、微妙に好みが違うのでプレゼントするとなるとけっこう選ぶのが
難しかったです。これは彼も同じだったようで、CD屋でかなり悩んだとのこと。
何か悪いことしたなーと思いますが、私も同じように悩んだのでまあいいとします。

私がもらったのは、ドイツのロックバンド「Silbermond」のアルバム。
”ジルバーモント”と読みます。銀の月という意味です。
これは女性ボーカル+男3人の去年出てきたバンドで、私も悪くないなーと思っていましたが、
私より私の夫の方が前からずっと気になっているようでした。
私は、ポップにロック要素が少し入っただけのバンドかと思っていたのだけど、
アルバムを聞いてみると意外にちゃんとロックしてていい感じです。
ちゃんとロックしてると言っても、ボーカルが女性ということもあり、ソフトな
軽めの聴きやすいロックです。バラードもいくつかあるし。私は最近、軽めの
ロックにも惹かれつつあるので、このアルバムはかなり気に入ってしまい、
もらってからずっと繰り返し聞いています☆

Silbermondは歌詞が全てドイツ語ですが、最近ドイツ語で歌うバンドが前より
増えたような気がします。というか、ドイツ語の歌が前より売れるように
なったのかな?

もしよかったらオフィシャルサイトで試聴ができるので、覗いてみてくださいね☆
サイトはドイツ語ですが、「ENTER WEBSITE」をクリックすると中に入れて、
そこの「MUSIK」(=MUSIC)のところにvideoやaudioがあるのでそこからビデオ
クリップが見れたり、数曲試聴できたりします。

Silbermodオフィシャルサイト

↓これがもらったアルバムです。
2005_0621silbermond0193.jpg



人気blogランキング


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。