[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご無沙汰しております。

みなさま、大変ご無沙汰しております。
あまりに間が空きすぎてしまい、何から書いていいのか分からないというのが
正直なところです。

東日本大震災発生当時、私は日本にいました。
2月半ばからショップもお休みをいただいて、6週間里帰りをしていました。
突然決まった一時帰国だったので、ショップのメルマガで帰国のお知らせを
したのみで、こちらのブログではお知らせもせず更新が止まってしまい、
ごめんなさい。

実家は震源地から離れた所にあるので揺れはありましたが被害はなく、その後の
生活にも全くと言っていいほど影響はありませんでした。
お水など、一部の食品が売り切れていたくらいでしょうか。

でも辛かった。
ごめんなさい。被災した方々の苦しみや悲しみのことを思ったら、私が発する「辛い」
なんて言葉はとても不謹慎なように感じてしまいますが、でも日本の国全体が傷を負って
しまったということが、とても辛いです。

そしてこのような状況で日本を離れ、ドイツに戻ってくるというのは、私にとっては
本当に苦しいことでした。

毎日テレビの報道を見ては涙し、新聞を読んでは涙し・・・。
家族ともたくさん話し合いました。

そして、別れ。
当初の予定通り、4/1にルフトハンザに乗ってドイツに戻ってきました。

いつも別れは辛いけれど、今回はもう切ないと言うか何と言うか・・・。
自分の国がこんな状況になっていて、自分の家族はそこで暮らしていて、自分ひとりだけ
遠い外国に行かなければ(帰らなければ)ならない。

遠くにいると、様子が分からなくて心配な気持ちが何倍にもなってしまったりするんですよね。
でも自分がそういう立場になって初めて、ドイツで私と娘の帰りを待っている夫の不安な
気持ちが心から分かったような気もしました。私に対してはあまりいろいろ言いませんでしたが、
夫は相当不安で辛い日々を過ごしていたようです。

「状況が分からない」
これが、一番不安につながる要素ですね。日本と外国では報道に温度差もありますし。

***

ここフライブルクでも、様々なチャリティイベントが開催されています。
多数の日本人音楽家の方がいらっしゃるので、特にコンサートがたくさん行われています。
夫も私たちがいない間、いくつかのチャリティコンサートに足を運んだようです。
私は帰ってきた1週間後に行われた、フライブルクに住む日本人で開催したチャリティ
イベントに参加し、微力ながらお手伝いをさせていただきました。

そんな風にして日本のことを想いながら、ショップの営業も再開し、育児をし家事をし、
天気の良い日は家族で出かけて春を楽しみ、娘が幼稚園に通い始め、私は風邪を引いて
寝込んだり(苦笑)しながら、またドイツでの普通の生活に戻っています。

こちらは、もうだいぶ日が経ってしまいましたが、ドイツに戻ってきてすぐに(4/3)
撮ったチューリップの写真。道端にきれいに咲いていました。

チューリップ

チューリップ


最後になりましたが、今回の震災で被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。
一日でも早く状況が良い方向に向かいますように。

日本が、恋しいです・・・。


次回からはまたいつもの調子で写真をいろいろアップしていきますね。




↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング

スポンサーサイト


病み上がりは・・・

ブルッフザール城 Schloss Bruchsal

(写真はブルッフザール城の庭園にあった小道)


本日月曜日、ようやく全快しました~(喜)。
先週の木曜日の朝、急に具合が悪くなってから4日間。長かった・・・。
土日は仕事やら用事やらで、結局ずっと起きて何かをしていたので、回復するまでに
時間がかかってしまったんだと思いますが・・・。

体調を崩した後はいつも思うけれど、元気なのって本当にいいですよね!
今朝は久しぶりにコーヒーが飲めて、幸せでした♪
コーヒー党の私ですが、具合が悪いときはさすがに飲む気にはならず、それが妙に
寂しいんですよね。で、コーヒーが美味しく飲めるようになると、「あ、私、本当に
回復したんだ!」と確信することができて、嬉しさ倍増♪

そして、コーヒーの美味しさを味わうことの他に、病み上がりにつきものなのは・・・
掃除・洗濯です!(←思いっきり主婦な私・・・笑)

洗濯はそれほど重労働ではないので具合が悪くても多少はできますが、寝込んでいるときに
掃除は全くできません。夫は全く家事をしない人ではないので、ある程度はやってくれますが、
でもやっぱり「ある程度」なので、病み上がりには、やることがたくさ~ん溜まっているのです。

ということで、今日は朝から洗濯・掃除に励んでいました。
これ、大変だけど実は嫌いではありません。きれいになった後はすっきりするし、
ガンガン掃除をしながら、「あ、私、本当に元気になってる~♪」と(←やっぱりコレ・笑)
実感することができるので、けっこう嬉しいのです。(ヘンですか・・・?笑)

そして、掃除が終わった後は、娘とじっくりたっぷり遊びました。
ここ4日間きちんと相手をしてあげられなかったので、その分愛情たっぷりに遊んであげなきゃ!
と思い、レゴやおままごとなど、たくさんやりました。
娘もやっとママと遊べて嬉しかったのでしょう。いつもは一緒に遊んでいてもところどころで
ぐずる場面があるのですが、今日はひたすらいい子でした。

それにしても今日は寒いです!午後2時の気温が、12.3度。雨も降ったりやんだりで、外には
出たくないお天気です。いちおうまだ8月なんですけどね・・・。手足がずっと冷たいです。。。




↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


今日、出演させていただいたラジオ番組「ミュージックトリップ」。あっっっっという間に終わってしまいました~。

ドイツ時間では早朝の4時20分頃だったので、それがけっこう大変でした。寝ぼけた声でしゃべることにならないように、夜中の3時に起きて、紅茶を飲みながら眠気を覚まそうと必死だったのですが、これが思いのほか目が覚めず・・・(苦笑)。

緊張するはずだから、目もきっとパッチリ覚めるだろうと思ってたんですけどね。緊張は予定通り(笑)してました。でも頭がぼや~っとしたままで、しかも声が寝起きのかすれた状態で・・・。もうちょっと早く起きるべきだったと後悔しました。

でも本番になったらさすがに目は覚めたので、ほっと一息。ただ思ってたよりあっという間に終わってしまったので、話したかったことがまだまだ残ってて、ミュンヘンの魅力を伝えきれず残念!って感じでした。

何か、ビールの話で終わったような(笑)。まあ、ミュンヘンは本当にビールの町だし、旅行に来た方にはぜひミュンヘンのビールをたくさん味わっていただきたいと思っているのでいいんですが・・・。

ドイツのラジオには一度だけ出たことがあるのですが、その時は生出演ではなく、事前にラジオ局の人と直接会ってインタビューを受け、それが編集されてラジオに流れたので、そんなに緊張しませんでした。

でもやっぱり生放送で、しかも相手が見えない電話でのインタビューっていうのは、緊張するし難しいですね。

それと、最後に好きな曲をかけてもらえるっていうのは、何だかすごくうれしかったです。私がリクエストしたのは、ジュディマリの10年前(!)の曲で、しかもアルバムに収録されているマイナーなものだったのですが、そんな曲でもちゃんとかけていただいて、ほんとハッピー♪でした。

この「風に吹かれて」という曲は本当に大好きで、昔、何度も繰り返して聞いたりしていました。YUKIちゃんの詞は本当にスバラシイです!

↓こちらのアルバムに収録されています。「クラシック」とか「くじら12号」などのヒット曲も入っていて、懐かしいですよ~。

THE POWER SOURCE THE POWER SOURCE
JUDY AND MARY (1997/03/26)
ERJ
この商品の詳細を見る


今日ラジオを聞いてくださった方々、そしてパーソナリティの吉井さん、文化放送のスタッフの方々、どうもありがとうございました! みなさん優しくて感激しました☆


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆


数ヶ月ぶりに・・・

昨日、数ヶ月ぶりにピアノを弾いてみたら・・・全然弾けなかった(苦笑)。

最後に弾いたのは一体いつだろう??っていうくらい、ピアノとはかけ離れた生活をしてました。今ももちろんピアノを弾く余裕なんて全くないのだけれど、引越しの片付けとかいろいろ休みなくやってるうちに、心底疲れてしまい、急にピアノが弾きたくて仕方なくなったのです。(たまに起こる発作みたいなもの。笑)

で、弾いてみたら、全然弾けなかったという・・・。暗譜で弾けるものは何もなく、しばらくあがいた後、楽譜を引っ張り出してきて再挑戦。でも、楽譜があっても指が動かない・・・。1回バッハを通して弾いて、やる気がなくなりました(苦笑)。

もう少し生活が落ち着いたら、ちゃんと練習します。

あ、いつも「ピアノ」って書いてますが、我が家にあるのは電子ピアノ(クラビノーヴァ)です。本物のピアノが欲しいんですけどね~。今は、日本の実家または彼の実家に行った時だけ、本物で弾いて楽しんでます。で、このクラビノーバ、新しい家でちょうどいい置き場所がなくて困ってるんですよね~。彼と二人で何度移動させたことか・・・。かなり重いので、腰がやられてしまいました・・・。

では最後に、全然関係ないけど、熟睡中のカモの写真を。先月撮ったものです。

カモ

最近、眠くて眠くて、このカモさんたちみたいに好きなだけ寝たいなーなんて思ってしまいます(笑)。


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆


善き人のためのソナタ今日は、日本でまもなく公開されるドイツ映画のご紹介です。

日本でも最近よく宣伝されていると聞きましたが、この旧東ドイツのStasi(シュタージ=国家保安省)を扱った映画『善き人のためのソナタ』、ぜひ多くの人に見ていただきたいです!

ドイツでは去年3月に公開され、現在に至るまで160万人以上の動員を記録している注目の映画。今年のアカデミー賞(外国語映画賞)にもノミネートされ、ドイツ映画のオスカー獲得が実現するか?!ということで、非情に期待されています。発表は2月25日。楽しみです!

共産主義だった旧東ドイツのおぞましい監視体制の実態が描かれていて、こんな状態がつい17年ほど前まで続いていたのか、とショックを受けると共に、「人間らしさとは?」「人間の強さ・弱さとは?」という深いテーマについて考えさせられる映画です。

見ている間、ずっと悲しかったのですが、見終わった後はもちろん悲しみは残りつつも、「人間にもまだまだ希望はあるな」と思えるような作品。とにかく「見てよかった」と思いました。

この映画についてはオールアバウトで詳しくご紹介しています。(もちろん映画の詳しいあらすじは書いていませんので、映画館に行く前に読んでも大丈夫です!)ぜひご覧になってみてください!

心に響く映画 『善き人のためのソナタ』 (All About)


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆


前回に引き続き、10年前に初めてドイツ滞在をしたときのお話です。

週末の一人旅の中で、バッハの故郷Eisenach(アイゼナッハ)も訪ねました。ちょうど3月だったので、バッハの誕生日(3月21日)前後にアイゼナッハでバッハ音楽祭が行われていて、何でもいいから現地でコンサートに行きたいと思っていたのです。ちょうど日程が合ったのが、教会で行われるオルガンコンサート。そのコンサートとバッハの生家「バッハハウス」をお目当てに、ミュンヘンからはるばる電車でアイゼナッハに向かいました。

金曜のお昼過ぎ、語学学校の授業が終わってから出発したので、着いたのはもう夕方。まずは予約してあるペンションに向かい荷物を置き、夜に行われるコンサートに行く予定でした。が、駅からペンションへ向かう道で迷ってしまい、ウロウロウロウロ歩き回っているうちにだんだん薄暗くなってきて、「コンサートに間に合わない!」と焦り始めていました。

リュックをしょって、一人で薄暗い人通りのない道を歩く日本人の女の子。「この子、大丈夫かな?」と思ったのでしょう。私の数メートル前を歩いていた一人の若い男の人が振り向いて私の方へ向かってきて、「どこに行きたいの?」と声をかけてきました。「このペンションを探してるんですけど・・・」と、ペンションの名前の書いてあるメモを見せると、「あ~ここね。えっと、この道をまた戻って・・・」と彼は説明し始めたのですが、「やっぱりペンションまで一緒に行くよ」と言って、付いて来てくれました。

ペンションの前に着くと、「それじゃあ」と言って笑顔で私と握手をし、また来た道を戻っていった彼。見知らぬ外国人を助けてくれたあの心温かい青年のことは、今でもよ~く覚えています。

感謝感激しながらペンションに入ると、これまたとっても優しそうな老夫婦がお出迎え。オフシーズンで、たぶん私以外に誰もお客さんがいなかったからだと思いますが、シングル料金で、スイートみたいな部屋を使わせてくれました!ベッドルームが2部屋、大きなリビングルームが別にあり、バスルームもとっても広く、「え?これ、私一人で使っていいの??」とかなりびっくりしました。どのベッドに寝ようか迷ってしまいましたからね(笑)。

その頃私はまだまだドイツ語がカタコトしか話せない状態だったので、そのご夫婦とは少ししかお話ができず残念でしたが、とっても居心地のいい、温かい気持ちになれる空間でした。帰るときにタクシーを呼んでもらったのですが、タクシーが来るまで一緒にドアのところで待っていてくれ、タクシーが来ると笑顔で見送ってくれました。

どういう人に出会うかで、その町の印象もずいぶん変わってくるものだと思います。私の中でのアイゼナッハの印象はとってもいいものです。また、バッハハウスで聞いたチェンバロの演奏(フランス組曲の第5番でした)もとても印象に残っています。あれからアイゼナッハへは行っていませんが、またいつか絶対に訪ねてみたいと思っています。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


ドイツ10周年☆

また久しぶりの更新となってしまいました。すみません。
これからまた今までのペースで更新できると思いますので、よろしくお願いします!

さて、ドイツの何が10周年なのかと言いますと、私がドイツに初めて来たときから10年が経ったということなんです。この前も少し書きましたが、10年前の3月、ミュンヘンに1ヶ月間語学留学をしたのが、私のドイツとの出会いでした。

憧れの国に実際に来て、想像通りの素敵な街並みに本当に感激して、楽しく充実した1ヶ月間はあっという間に過ぎていきました。日本に帰りたくなくて、飛行機の帰りの便の日程を延期してもらおうと試みたほど。結局日程の変更は無理で、泣く泣く帰国したのですが。

平日は語学学校に通い、週末はドイツ国内を一人で旅行していたのですが、そのとき訪れた町の一つにニュルンベルクがありました。
→ニュルンベルクについては、先月オールアバウトの記事『市壁に囲まれたニュルンベルク』に書きましたのでよかったらこちらも読んでみてください☆

市壁や塔が残っていて、町全体が茶色の建物で統一されたとっても素敵なニュルンベルク。一歩足を踏み入れたとたん感激しまくりでした。町を歩き回り、古城カイザーブルクの塔に上って町の景色を眺めながら、「いつかニュルンベルクに住もう!」と漠然と心に誓っていました(笑)。当時は本当にただ漠然とそう思っただけで、その数年後、本当にドイツに住むことになるとは(ニュルンベルクではなく、ミュンヘンですが)その時はもちろん夢にも思っていませんでした。

泊まったのは「Deutscher Kaiser(ドイチャー・カイザー)」という、旧市街の中にあるホテル。ガイドブックにもよく載っていると思うので、ご存知の方もいるかもしれませんね。そのホテルの向かいの建物(たぶん教会だったと思います)からオルガンの音が聞こえてきて、その音色につられて中に入って行ったのですが、そこでその日の夜、弦楽アンサンブルのコンサートがあるという情報をキャッチ。その場でチケットを買い、また外に出て町を散策し、再び夜戻ってきてコンサートを聴きました。思いがけず本場のクラシックを体験することができて、最高にハッピーな日となりました。

そんなこともあって、私の中でのニュルンベルクの印象はますますアップ。あれからニュルンベルクにはちょくちょく行っていますが、いつ行っても素敵なところだな~と思います。数年前にあの「Deutscher Kaiser」に再び泊まりましたが、10年前よりランクアップしていて豪華な感じになっていました。お部屋とか朝食とか素敵ですし、とっても快適でオススメですよ~。中央駅から近いのも便利で◎です。

Hotel Deutscher Kaiser ホームページ

また次回(たぶん)10年前の思い出話を書きたいと思います♪




人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


感動!荒川選手

きゃ~~~!! 荒川選手、金メダルおめでとうございます!!
ほんっとうに感動しました。

美しさと優しさと強さを秘めた演技、しなやかな動き、感動的な音楽、もう全て揃ってましたね。演技を見ていて、こみ上げてくるものがありました。

演技が終わって、点数が出たときの荒川選手のびっくりした表情、とても印象的でした。そして、金メダルが決まったときの、本当にうれしそうな自然な笑顔がかわいかったです。

この日、彼女の演技はどれだけ多くの人に感動を与えてくれたんでしょうね。本当に素晴らしかったです!

インタヴューとか「演技を振り返って」とか、いろいろ見たいのに、こっちではフィギュアにドイツ人が出ていないから、ほとんど話題になりません。。残念です。今日も前回に引き続き、ケーブルテレビの「EUROSPORT」で見なければならなかったし。あのアナウンサーたちのコメントには、またしてもイライラすることが多かったけど(耳をふさぎたくなるほど・・)、彼らも荒川選手には感動していて、すごく褒めていたので、まあいいとします。

あ~今日はいい気分で寝られそうです♪
日本の盛り上がりはすごそうですね。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


みなさん、トリノオリンピック見てますか~?
私はそれほど見てはいませんが、昨日は、フィギュアスケートの男子フリー、最後まで見てしまいました。なぜって、もちろん高橋選手が最終滑走だったから。この選手、初めて見たので今回の出来がいつもと比べてどうだったのかはよく分かりませんが、メダルに届かず残念でしたね。

それにしても金メダルを獲ったロシアのプルシェンコ、素晴らしかったですね!ショートプログラムのときから、この人は何か違う・・・と思いましたが、2位に大差をつけての金メダル。ほんとにダントツの演技でした。

ドイツのシュテファン・リンデマンは21位・・・。ショートプログラムは見たけど、フリーは見逃しました。ちょうど夕飯食べてたもので(笑)。

夜19~23時までライブ中継されていた間、夕飯を食べた時間以外はず~っとテレビにかじりついていました。こんなことめったにないので、終わったあとは疲労が。。ちょうどこの日の夜は、他のチャンネルで「タイタニック」がやっていたのですよ。20:15から0時近くまで。ちょっと久しぶりに見たいな~と惹かれつつ、4時間も長すぎ・・・と思い、フィギュアにしたのですが(もちろん、フィギュアをリアルタイムで見たい!っていうのがあったからですけどね)、終わってみれば、フィギュアでも4時間見続けたわけで、そう考えると時間的には同じだったなーと。でもタイタニックの方が、疲労度は100倍くらいすごそうですけどね(笑)。

今回のフィギュアで個人的に何となく応援していたのは、ベルギーのケヴィン・バンデルペレンという選手。理由は単純に、顔がドイツ人ッぽかったから! うちの彼と、ショートプログラムでこの選手を見たとき、「この人ドイツ人の顔してるねー」と言っていたのですが、それからなんか親近感が沸いてしまって。。彼もそうだったみたいですよ。フリーでは、二人で何となくこの選手を応援していました。超単純です。

来週は女子がありますね!楽しみです♪


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


ピアノで眠気対策

最近また寝不足が続いていて、ここ数日いつも午後になるとものすごい睡魔に襲われて困っています。やるべきこと、やりたいことがいつも山のようにあり、ウトウトなんてしてる場合じゃないので、何とか眠気を吹っ飛ばそうとがんばるのですが、本当に眠いときってどうしようもないんですよね。それでここ数日は眠くなると、部屋中を掃除して眠気を紛らわしたり、スーパーに買い物に行ってみたり、濃いコーヒーを入れたりして何とかしのいでいました。どれも効果があり、その後はまた集中してパソコンで仕事をすることができました。

ですが、今日襲ってきた眠気はいつもより強力で、どうにもこうにもならず泣きそうになりながら(眠くて泣くって言うのも変な話ですが。。)、あぁ、もう今日は限界だ、ソファでちょっとだけお昼寝しちゃおう・・・と決断しました。
日の差し込むさわやかな午後、ソファに横になり、「あぁ~気持ちいい~」と思ったのも束の間、昼寝をしてしまう自分が許せなくて、やっぱりすぐに起き上がりました。そして思いついたのが、「ピアノを弾こう♪」ということ。今日たまたま母と電話でピアノの話をしたので、もうずーーっとまともに弾いていないピアノを、久しぶりにちゃんと練習してみたくなったのです。

これはグッドアイディアでした☆眠気なんか吹っ飛び、久々にゆっくりピアノに向かうことができ、何だかとっても幸せなひと時でした。
いくら忙しくても、こうやってゆとりの時間を持つのって大切なんだなぁと改めて思ったりもしました。
ずっと弾いていなかったので、当然ものすごくへたっぴになっていてちょっと悲しかったですが、これからまた練習をしていこう、と思い、その後は自分の下手な演奏の耳直し(?)に、CDでプロの演奏を聴き、すっかりリフレッシュ気分でまたパソコンに向かうことができました。

みなさんは、どんな眠気対策してますか?

ベートーヴェン ピアノソナタ←私が今日聞いたCDと同じものをAmazonで見つけました♪



人気blogランキングへ


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。