[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドイツ移住10周年

10年前の今日、2000年8月6日に私はドイツへ移住してきました。
当時は「移住」するつもりはなく、1、2年留学しようと思って来たのですが・・・。

片道航空券でANAに乗ってドイツ・ミュンヘンへ。
空港に着いたのは確か夜11時台で、ホームステイ先のおばさんが車で迎えに来てくれました。
そんなに遅く着いたにも関わらず、次の日は朝から早速語学学校。けっこう大変でした。

憧れのドイツに来たのに、自分の意志で来たのに、最初の半年くらいは寂しくて辛くて
泣き暮らしていました。ホームシックってやつですね。
その前に2回ほどドイツへは短期留学で来ていたので、どんな暮らしが待っているかは
分かっていたのですが、でもやっぱり大変でした。

日本でも高校を卒業してからずっと一人暮らしをしていましたが、常に寂しいと思っていて
実家に帰るのが大好きだったので(笑・といっても長期の休みのときしか帰れませんでしたが)、
そんな寂しがり屋の私が一人で外国になんて行ったら、そりゃあとてつもなく寂しいわけです。

それに加えて「家探し」という非常に困難な壁があり、半年近く家探しに明け暮れたこともあって、
まさに試練の時となったのでした。

そんな中、大学に入るためのドイツ語試験に向けて猛勉強。・・・と言っても最初はやる気が
全く起こらず、語学学校もよく休んでいました(苦笑)。猛勉強したのは、試験直前の1~2ヶ月。
文法は問題なかったので、苦手なヒアリングをひたすら訓練する毎日でした。

筆記試験の合格発表の日(この試験は2段階になっていて、筆記に受かると口頭試験に進むという
形式でした)、語学学校で張り出されている合格者リストを見ると、自分の名前がない・・・
目の前が真っ暗になりました。この語学試験は2回落ちたらもうチャンスがなく、ドイツに来て
1ヵ月後に既に1回目を受けていた私は当然のように落ちていて、今回失敗したらもう後がない
という状況だったのです。

あぁぁぁ・・・もう日本に帰らなきゃいけないのかな・・・・・と、ショックでよろよろしながら
事務室に行くと、「あなた、合格してるわよ。筆記の点数がすごく良かったから、口頭試験は
免除になったの。」と言われました。

え?!?! ご、合格?! しかも口頭試験なし?!
筆記が良ければ口頭が免除されるというのは聞いていなかったので、もうびっくり。
口頭の方は全く自信がなかったので、受けなくていいと聞いて、舞い上がるほど嬉しかったです。
口頭試験受けてたら、落ちてたかも??(笑)。
数分の間にどん底からパラダイスにビューンと飛んで行ったような、そんな展開でした。

その日は3月下旬のぽかぽかの小春日和で、本当に晴れやかな気持ちで語学学校をあとにしたことを
よく覚えています。ドイツに来て、初めて心から笑顔になれた日でした。

そんなこんなでスタートした私のドイツ生活でしたが、「最長2年で日本に帰る」予定はどんどん
延びていき、もう10年も経ってしまいました(笑)。こちらには、そういう経歴の人が多いですね~。
1年経った頃、「1年じゃ語学なんて全然マスターできない」ということを痛感し、滞在延長。
2年経った頃、「やっとドイツ語ができるようになってきた実感がある。今帰ったらこれまでの
苦労が水の泡、とは言わないまでももったいなすぎる。今はまだ帰れない」ということで、滞在延長。
そのうち夫と出会い、結婚してしまったため、帰国の予定は白紙に(笑)。

習慣の違う異国での生活というのは、もちろん大変なこともいろいろありますが、それでも
ドイツに対する憧れのような気持ちは今でも変わっていません。10年もいるというのに、
いまだに「憧れる」というのは何なんだろう?と自分でも思います。きっとこれは「恋」と同じ
なんでしょうね。ドイツが気になり始めた高校生の頃からずっとドイツを追いかけてきて、
嫌なことがあって「もう~ドイツ~~(怒)」となっても、でもやっぱり好き。離れることが
できない。ほら、恋とおんなじなんです(笑)。

具体的に何がそんなに好きなのかというと、

メルヘンのような美しい街並み
ドイツパン
ドイツビール
音楽が身近にあること
ドイツ語
町がきれいな(清掃・手入れ・整備がよくされている)こと
ゆったり時間が流れていること
緑が多いこと

などなどです。

この10年は、また学生に戻って一生懸命勉強したり、ホームシックにかかったり、結婚したり、
インターネットショップを始めたり、出産したりと、何かとめまぐるしく過ぎていきましたが、
この先は妻であり母である自分のステータスは変わらないわけで、地に足の着いた充足感のある
暮らしをしていけたら・・・と思っています。次の10年を、10年後にどんな風に振り返っている
のか楽しみですね。10年後もブログってあるのかなぁ?(笑)

最後にドイツの街並みの写真を2枚。

ドイツ ミュンヘン
ミュンヘンの中心広場マリエンプラッツ

ドイツ バート・ヴィンプフェン
古城街道の可愛い町バート・ヴィンプフェン


ドイツ生活10周年を迎えたAsamiのブログ、これからもどうぞよろしくお願いします♪



人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
スポンサーサイト


ドイツ生活7年目に突入

ミュンヘン2000年の8月6日に、私はドイツに来て本格的に生活を始めました。気づいたら、7年目に突入です。もうそんなに月日が経ったのか~と思う反面、まだ7年目?という気もします。なんか、もっとずっと長くここにいるような・・・。

最近ある人に、「何でドイツ生活が気に入ってるの?」と聞かれました。突然の質問にとっさに返した答えは、「楽だから」。

もちろん他にも気に入っている理由はいろいろあるけれど、「楽」というのは、本当に大きなポイントだと思います。

何が楽って、友達と会うときに毎回違う服を着ていかなくてもいいこととか、2,3カ月おきに美容院に行かなくてもいいこととか、携帯の機種をいつまでも変えなくても平気なこととか、挙げたらきりがないんだけど、とにかく見た目重視じゃないところが楽なのかな。そして時間がゆっくり流れてるところが。

それから写真のような、美しい街並みがいつもそこにあること。歩いてるだけで幸せな気分になります。ちなみにこの写真は、ミュンヘンのイザー川(Isar)沿い。けっこう好きな通りです。

ドイツ生活7年目もあっというまに過ぎていくんだろうなぁ。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆



今日も、初ドイツエピソードいきます。

10年前のミュンヘン語学留学中、何を思ったか、私は美容院に行きました。見るもの食べるもの、全てが新鮮で興味深く、とにかく何でも体験したかった。好奇心が爆発していたような感じです。

だから、1ヶ月の間に髪がそんなに伸びるわけはないのに、どうしてもドイツの美容院ってものを体験してみたくて、ミュンヘンのある小さな美容院に入ってみました。でも何で「美容院」なんだろう??今考えてみると、不思議です。別にドイツの美容院が有名とかそういうわけじゃないのに。

つたないドイツ語で美容師さんにお願いしたのは、カットとカラー。
髪を赤くしてください」ってお願いしました。そう、これも今思うと不思議なのだけど、ドイツで赤毛にしてみたかったんです。何でだろ?(笑)

40代くらいの女性の美容師さんは、「OK!」と言って、いきなり赤のカラーリング剤を私の髪に塗り始めました。事前のシャンプーも何もなしで・・・。私は髪にワックスとか付けてたのに、それを洗い流すこともせず、本当にいきなりベタベタと塗られたのです。

で、髪が赤く染まると、「ん~~♪いい色ね~♪」と言いながら、すごい勢いで髪をカットしていきます。そのスピードは、異常なほどに早かった。だ、だいじょうぶかな・・・とかなり心配になっていた私ですが、終わってみると、ほんと、「ん~~♪いい感じ♪」(笑)と言いたくなる仕上がり。

シャギーを入れてなんて一言も言っていないのに(そんな難しいことは当時のドイツ語力では当然言えませんでした)、すごいかっこいいシャギーが思いっきり入っていて、頭全体が真っ赤(というか、オレンジ。私の髪はオレンジになりやすいらしい)。「schneiden(カット)」と「rot(赤)」、この二言でこんなにかっこいい髪型にしてくれるなんて!もうそれはそれは大満足でした。

美容院を出ると、その足で語学学校の生徒と先生たちの飲み会へ。突然の変貌ぶりにみんな一瞬驚いていましたが、「似合ってるよ!」とほめてくれました。

あの美容師さん、雑だったけど、かなり腕が良かったんだと思います。でも、私はたまたまあの髪型が気に入ったから良かったけど、「カット」って言われただけであんなに大胆に切っちゃって、失敗することとかないんでしょうか?それともあの人は、お客の潜在的な好みを見抜く力があるのか・・・?

そうそう、「雑」と言えば、首回りがすごいことになっていました。セーターの首のところには細かい髪の毛がいっぱい付いていて、襟ぐりは赤く染まっていました。。日本じゃ絶対ありえないですよね。。

でもドイツの美容院で満足のいく髪型にしてもらえたって言うのは、すっごいラッキーだったんだと思います。ドイツに限らず、ヨーロッパの美容院ですごい髪型にされた日本人の話はよく聞くので・・・。
いや~本当にラッキーだったんだなぁと、後になってつくづく思う出来事でした。セーターは染まっちゃったけど(苦笑)。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


衝撃のイタリア人

ミュンヘン10年前の初ドイツ滞在エピソードの続きです。
「ホームステイしながらドイツ語を学ぶ」つもりが、どういうわけか「イタリア人との共同生活」になっていて、かなりうろたえましたが、同居人のマリカとすぐに仲良しになって、楽しい毎日を送ることができました。

マリカは本当に面倒見のいい優しい人で、近所の雑貨屋さんに連れて行ってくれたり、バーでミュンヘンビールをごちそうしてくれたり、クラシックが好き、と言うと、ミュンヘンフィルのコンサートホールの場所まで案内してくれたりと、とにかくお世話になりました。

毎日仕事をしているから忙しいはずなのに、夜帰ってくると、すぐに2人分のご飯を作ってくれて、ケーキまで焼いてくれたこともありました。

毎晩ご飯を食べた後は、キッチンで長いことおしゃべりをしました。今思うと、よく当時の私のドイツ語力に毎日長時間つきあってくれたなぁ・・・と改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。あの頃の私には、マリカのドイツ語はネイティブのように聞こえたけど、今聞いたら絶対イタリア訛りなんだろうな~。あの頃は訛りとかアクセントとか、そんなの全く分からないレベルだったから・・・。

で、タイトルの「衝撃のイタリア人」は、決してマリカのことではありません。マリカはとても控えめで陽気なタイプではなく、一般的に私たちが「イタリア人」と聞いてイメージするような人ではありませんでした。同じく全然陽気なタイプではない私は、彼女といるのがとっても心地よかったんです。

では、その衝撃のイタリア人は誰かと言うと・・・。
私たちは電話も共同で使っていたのですが、ある日の昼間、私が一人でいるときに電話がかかってきました。出てみると、それはイタリア人の男の人。英語で「マリカは今いません」と言うと、向こうも英語で何やらおしゃべりを始めました。

彼はマリカの上司、またはその会社の社長?らしく、仕事の用でマリカに電話をかけてきたのだけれど、たまたま電話に出た外国人の女の子に向かって、「きみ、どこから来たの?」とか聞くんです。さすが、イタリア人(笑)。

聞かれたことに答えていると、そのうち超陽気なノリで、

「きみの声はファンタスティック。そしてきみもファンタスティック!」

とか言うではありませんか!
キャー!!イタリア人って噂には聞くけど、ほんとにこんなにナンパなの?!電話口に出ただけの見ず知らずの外国人の女の子に向かって、そんなセリフを言うなんて。イタリア人って、すごい・・・と、当時まだ若かった私は、すごい衝撃を受けました。

で、返した言葉は「Thank you」(笑)。
だって、他に何て言えばいいのか全然分かんなかったし・・・。

電話があったことをマリカに伝えると、「あのボス、なんか変なこと言ってなかった?」とちょっと心配そうに聞いてきました(笑)。彼、いつもそうなんですね、きっと。真面目そうなマリカ、こんな上司をどうかわしながら仕事しているのか、ちょっと真剣に考えてしまいました(笑)。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


今日は昨日までの暑さとは打って変わって涼しいミュンヘン。しかも雨。半袖じゃちょっと肌寒いくらいかも? さすが、天気の移り変わりの激しいドイツです。でもこの涼しさ、雨、うれしい!生き返るような心地よさです♪

             *  *  *

さて、ドイツに来たばかりの頃は、いろいろな「ビックリ」や「感激」が盛りだくさんでしたが、時々ここでそんなエピソードを少しずつご紹介していこうかなと思い、「ドイツ滞在・ドイツ移住」というカテゴリを作ってみました。今日は、ドイツ初日の思い出です。

私が初めてドイツに来たのは10年以上前。ミュンヘンの語学学校に1ヶ月間通う、という短期語学留学でした。

日本から、ミュンヘンのある小さな語学学校にコースとステイ先の申し込みをして、ちゃんと確認書も送ってもらって、準備万端でミュンヘンに向かいました。まだドイツ語を始めてたった1年だったので、辞書と旅行会話集が頼りの大冒険。

ミュンヘン空港に着き、そこから電車Sバーンで中央駅へ向かいます。あらかじめ語学学校の人と、中央駅で待ち合わせをしていたのですが、中央駅がどのくらい広いのかも分からないし、その語学学校の先生がどんな顔をしてるのかも分からないし、けっこう不安でした。当時はインターネットで事前に情報収集、なんて便利なことできませんでしたからね~。

Sバーンの中で一人で座っていると、向かいに座っていた女の人が突然ハッとして、「ここ、カールスプラッツ?!」とか私に聞いてくるのです。もちろんドイツ語で。私は「まだですよ。ここはマリエンプラッツ。」と教えてあげたのですが、大きなスーツケースを持っている若い日本人の女の子に、普通にドイツ語で尋ねるドイツ人にとってもビックリしました。「初めてのドイツで何で私、ドイツ人に駅を教えてるんだろ・・・」と(笑)。外国に住んでる人は、こういう経験をしたことがけっこうあると思います。こっちの人ってふつ~に外国人に道とか聞くんですよね。

中央駅で当然のごとく迷って、インフォメーションでいろいろ聞いて、ウロウロしているうちに、何とか語学学校の先生に会えました。「Asami?」とドイツ人の男の人が近づいてきて、それが先生だったのですが、いくらスーツケースを持った日本人がごく限られているとはいえ、大都市のミュンヘンの中央駅で、こういうテキトーな待ち合わせ方をするってすごいなーと思いました。会った場所は結局待ち合わせ場所じゃなかったし(笑)。←私がウロウロしてたからなんだけど。

無事会えると、早速ステイ先へ案内してもらうことに。二人で地下鉄に乗ってステイ先のアパートに行くと、赤ちゃんを連れた女の人がいました。この人のところにお世話になるのか~。若いファミリーだな~と思いながら、部屋を案内してもらったのですが、何だか様子がヘン?ドイツ語なんてほとんど聞き取れない状態だから、よく事情が分からないままことが進んでいったのですが、どうやらこの女性はここに住んでいるわけではなく、単なるこの部屋の持ち主らしいということを把握。そして、2部屋+キッチンのこのアパートには、別の女性が数ヶ月前から住んでいて、私はその人と二人でここに暮らすことになる・・・らしい・・・。そして、その女性はどうやらイタリア人・・・。

これって全然ホームステイじゃないじゃん!

ドイツにはWG(ヴェー・ゲー:Wohngemeinschaftの略=シェアアパート)というのがごく一般的で、若い人はよく2~3人で1つのアパートを借りて共同生活をしているのですが、これはまさにそのWG。でも当時の私はWGという概念すら知らなかったから、全然意味が分からなかった・・・。

何で私はイタリア人の女の人とここで二人暮しをするんだろう?という謎は解けないまま、語学学校の先生と家の持ち主の女性は帰ってしまい、一人アパートにぽつんと残されました。「あとでイタリア人の彼女が帰ってくるからね~」と言われて。

これはフツーの状況なんだろうか??「ホームステイをしながら語学学校に通う」っていうプログラムじゃなかったのか??・・・・・・・
本当に全く状況を理解できないまま、とりあえず荷物の整理をしたりしていると、そのうちそのイタリア人女性が帰ってきました。

私より10歳くらい年上の彼女は、ドイツ語ペラペラ。とっても感じのいい優しい人で、私のカタコトドイツ語を一生懸命聞いてくれ、ゆっくり簡単なドイツ語でいろいろ教えてくれて、とりあえずほっと一安心。

ようやく分かったのは、彼女は仕事で数ヶ月ミュンヘンに来ていて、その間、このアパートの一部屋を借りているということ。でも2週間後にはもうイタリアに帰ることになっているということ。

やっぱり全然ホームステイじゃない(苦笑)。ただの共同生活。ドイツ人家庭に滞在しながらドイツ語を学ぶつもりだったのに、事前に何の説明もなくて全然納得できなかったけど、このイタリア人の彼女がとってもいい人だったので、その日はとりあえずぐっすり眠ることができました。彼女の名前はマリカ。それからマリカとの楽しいミュンヘン生活が始まったので結果的には良かったのですが、このあり得ない状況、本当にビックリでしたね~。―つづく―


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。