[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バーゼルへ日帰り旅行

11月の終わりにバーゼルへ日帰り旅行に行ってきたのですが、なかなか写真をアップできずに年を越してしまいました。クリスマスモードのバーゼルなので、ちょっと季節はずれですが、せっかくなのでアップしますね~。お天気が悪く、1日中どんよりと重い雲に覆われてかなり暗かったので、きれいな写真ではないのですが・・・。


バーゼル

こちらはクリスマスマーケットのメイン会場。マーケットよりも、この背景の建物の素敵さに釘付けになってしまいました。


バーゼル

まるでおとぎの国のような建物たち。バーゼルはきれいな町だとは聞いていましたが、それほど観光地として有名でもないので、こんなに素敵な建物がたくさん建っているとは予想していませんでした。


バーゼル

バーゼルの町では、トラムがひっきりなしに走っていました。どのくらいの路線があるのかは分からないのですが、町を歩いていると、とにかく常にトラムが走り抜けていく感じ。本数がかなり多い印象を受けました。


バーゼル

かなり薄暗くなってきて、ライトアップされ始めました。


バーゼル

なかなか立派な建物がたくさん立っていました。


バーゼル

ここもトラムが次から次へと走り抜けていきます。


バーゼル

これは、たぶん市庁舎。すみません(汗)、今回も全く下調べなしにいきなり行ってしまったので、あまりよく分かっていません(苦笑)。


バーゼル

市庁舎の前は広場になっているのですが、ここもトラムがいっぱい。


バーゼル

クリスマスツリーも立っていました。


バーゼル

ライトアップされた街並みは、とってもきれいでした☆


フライブルクからバーゼルまで普通電車で1時間ちょっと。本当は車で行く予定だったのですが、ナンバープレートがなくなるというアクシデントがあり(そんなアクシデント、普通ないですよね。。苦笑)、電車で行ってきました。バーゼルは、ドイツとスイスの国境にあるスイスの町ですが、普通電車ならドイツの「バーデン・ヴュルテンベルク州の周遊チケット」で行くことができます。久しぶりの電車の旅も、なかなか楽しかったです♪

そうそう、クリスマスマーケットには、ドイツにはないチーズフォンデュやラクレット(これもスイスのチーズ料理)の屋台があって、「スイスだ~☆☆」と思いました。こういった国による違いって面白いですね♪



人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
スポンサーサイト


先日、またアルザス地方のコルマールへ遊びに行ってきました。今はクリスマスマーケットが開催されているので、前回訪れたときとはまた違った雰囲気を楽しめました☆ ただでさえ可愛い街並みが、クリスマスの装飾でさらに可愛くなっていましたね~。コルマール、やっぱり大好きです♪

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

前回は行かなかったルートも今回は回ってみました。お店などはほとんどないのですが、川沿いのカラフルな家並みが素晴らしく、感激してしまいました。みなさんもコルマールに行ったらぜひ回ってみてくださいね! ツーリストインフォメーションでもらった市内マップに載っていたルートなんですが、きっとガイドブックなどにも載っているでしょうね。

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

写真をパチパチ撮りながらたくさん歩いて、また町の中心に戻ってきたところでカフェに入りました。店内のインテリアがとっても可愛いカフェでした(写真はないのですが・・・)。

コルマール

こちらは夫が頼んだクレームブリュレ。写真ではあまり分かりませんが、ビッグサイズでした。


コルマール

私はアプリコットのタルトを食べました。両方ともとっても美味しかったです☆


でも、カプチーノを頼んだら、甘~い生クリームがどっさり乗っかってて驚きました。。
ドイツではカプチーノに生クリームが乗ってくることはないのですが、フランスではあるのでしょうか??

アルザス地方は本当にフランスとドイツが混ざった感じで面白いですね。
街並みもそうだし、ケーキ屋さんやパン屋さんもそんな感じのところが多いです。
でもたまたま見つけてお持ち帰りをした上品なパティスリーのケーキは、とってもフランス~な感じでした。美味しかったです☆

そして、前回と同様、たくさんのパンと子供服も買って帰りました。楽しい一日でした♪


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆


先週、コルマールへ日帰り旅行してきました♪
フランスのアルザス地方にあるコルマールは、ドイツとの国境沿いにあり、フライブルクからもすぐそこです。地図で見るとストラスブール(ストラスブール日帰り旅行日記はコチラ)よりさらに近いのですが、コルマールへは高速が走っていないため、結局ストラスブールと同じく1時間くらいかかりました。

可愛い街と聞いていましたが、本当に可愛かったです!!
相変わらず壊れかけたデジカメで撮影してるので(涙)、画質が非常に悪くて残念ですが、撮ってきた写真をご紹介します。

コルマール

こちらはツーリストインフォメーション近くにある広場。のどかな雰囲気です。


コルマール

旧市街はとてもこぢんまりしていて歩きやすかったです。
義母も一緒だったのですが、娘の面倒は夫に任せ(笑)、二人でショッピングに没頭しました。ショッピングと言っても、子供服のお店とパン屋さんで買い物しただけですが。ドイツにはない可愛い子供服が手頃な値段で売っていて、二人であーでもないこーでもない言いながら、娘の服をいろいろ買いました。

そして、あの有名なパン屋さん「PAUL」があったので、パンやらケーキやら大量に買い込みました。50ユーロ分くらい買ったかな・・・(汗)。パン好きの私のために、あれもこれも袋に詰めてもらうお義母さん。お会計をして受け取った袋が大きくて重くて、しかも何袋もあって、自分たちでもびっくり(笑)。そして、お店から出てきた私たちを見て、「どんだけ買ったの??」と夫もびっくり(笑)。その日の夜は、もちろんひたすらパンを食べ、次の日も食べ続け、さらに冷凍庫でまだたくさん待機しています(笑)。


コルマール

フランスのガイドブックを持っているのに事前に見ていくことをすっかり忘れてしまい、全く情報がないまま行ってしまったのですが、適当に歩いていると、可愛らしい木組みの家がたくさん建っているエリアがありました。


コルマール

どうやらこの辺りは観光必須エリアのようで、カメラを持ったツーリストがたくさんいました。情報がないまま行ってしまったけど、見逃さなくてよかったです! もうここからは夢の世界。みんなで「うわぁ~」と見とれながら散策しました。

コルマール

コルマール

コルマール

コルマール

馬車まで通り抜けて行き、まさにメルヘン!

コルマール、期待通りのとっても素敵な街でした! またぜひ行きたいです☆ こぢんまりとした可愛い街が好きな方にはオススメですよ~。


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆


4月に母が遊びに来ていたとき、フライブルクからストラスブールへ日帰り旅行しました。こんなに日が経ってしまいましたが、せっかくなので写真をアップしておきます。・・・が、私のデジカメ、まともな写真が撮れなくなっていることに最近気づきました(涙)。特に明るいところで撮った写真は、色がとっても変になってしまうんです。きれいな写真をご紹介できなくて残念ですが、ストラスブール、とっても素敵な町でした!

ストラスブール

ストラスブールへは、フライブルクから車で1時間ほど。あっという間に着きました。1時間しか走ってないのに、もうフランスの町へ来たなんて!と、妙に興奮してしまいました。車で普通に走っていて、突然標識とかがフランス語になるんですよね~。ヨーロッパって面白いですよね。


ストラスブール

ストラスブール

ストラスブール

フランスとドイツの国境の町なので、雰囲気はやっぱり両方が混ざった感じかなぁ。でも行き交う言葉は当然フランス語だし、パン屋さんやケーキ屋さんもやっぱりドイツとは全く違うし、「フランスの町を歩いてるんだな~」と実感しながら嬉しくなってしまいました。

でもストラスブールのみなさんはドイツ語ができる人が多くて、買い物をするときとっても助かりました! 私はお店に入るたびにまずお店の人に、「ドイツ語を話しますか?」と聞いたのですが、ほとんどの人が「Ja(=Yes)」と答えてくれて、スムーズにショッピングができました♪ 本当は私がほんの少しでもフランス語が話せて、フランス語でやりとりができれば一番なんですけどね~。


ストラスブール ストラスブール

フランスに来たので絶対に美味しいガレットが食べたい!と思っていたのですが、美味しいガレットにありつけてラッキーでした♪ ツーリストインフォメーションのお兄さんにおすすめのお店を教えてもらって行ったのですが、お店の雰囲気は特別素敵な感じでもなかったので、知らなかったら入らなかっただろうな~という感じでした。お兄さんを信じて入ってよかった!

ストラスブール

↑こちらがそのお店。写真を撮ったときはすでにランチタイムが終了してしまっていたので誰もいませんが、お昼時は外の席は満席でした。

ストラスブール

ストラスブール

町の広場には豪華なメリーゴーランドがありました。前回の記事でご紹介した、ヴァルトキルヒの中世祭りの木製メリーゴーランドとは大違い(笑)。メリーゴーランドもいろいろありますね。


ストラスブール

これは、何を撮ったのが自分でも覚えていないのですが(笑)、ま、町の一角です。

赤ちゃん連れなので、やっぱり大人の思うようには行動できず、まだまだ見足りない感じで帰るときは名残惜しかったですが、近いのでまた遊びに行きたいと思います♪

ストラスブール、思ったよりも大きくて、観光客もいっぱいで、活気にあふれた綺麗な町でした☆


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。