[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結婚記念日のお食事

ブログをお休みしていた間の出来事で、もう数ヶ月前のことですが、
私達夫婦は結婚7周年を迎えました。

「7」ってラッキーなイメージで、ちゃんとお祝いしたい感じですよねぇ。
・・・が、私達、二人とも結婚記念日のこと、すっっっかり忘れていました(汗)。

この日、たまたま日本の母と電話したのですが、その時に「おめでとう!」と
言われ、最初、何のことだかさっぱり分からず「?????」状態の私。
母に「結婚記念日でしょ」と言われるまで、全く気づきませんでした・・・。

その時、午後3時くらいだったでしょうか。今さら何の準備もできず、どうしよう~~と
なってしまいましたが、母に「せっかくだから、食事くらい行ってきたら?」と言われ、
一応その方向で考えてみることに。

なぜそんなに消極的かというと、この日に限って私はお昼モリモリ、おやつもモリモリ
食べてしまって、全くお腹が空いていなかったからでした。。。
普段お昼にそんなにモリモリ食べることなんてあまりないのですが、本当にこの日に
限って、なぜか余計に食べてしまってたんですねぇ。

でもやっぱり何もしないのは寂しいので、以前から友達オススメの気になっていた
レストランに行ってみることにしました。


ドイツのレストラン

これがそのレストラン「Oma´s Küche=おばあちゃんのキッチン(料理)」。
「おばあちゃん」にしては、かなりおしゃれだなぁと思いましたが(笑)、とても素敵な雰囲気で
居心地のいいレストランでした。とても人気があるようで、いつもお客さんがいっぱいみたいです。
私達は小さな子供がいるため随分早い時間(6時)に予約したので、この時点ではまだガラガラ
でしたが、帰る頃(8時台)には外の席まで全て満席状態で、それでも次から次へと人が入って
きて、席がないから仕方なくまた出て行く・・・という感じでした。


かぼちゃのラザニア

私はお腹が空いていなかったのでお肉の気分ではなく、かぼちゃのラザニアを注文。
でもこれ、ものすごいボリュームでした。お味もとってもよく、トマトソースとかぼちゃのソースの
2種類が楽しめ、大満足な一品でした。


ドイツのレストラン

こちらは夫が注文したハンバーグ。結婚記念日だから、もうちょっとおしゃれなものを
頼んだ方がいいような気が本人もしていたようで(笑)、ちょっと躊躇していましたが、
この時はこういうものが食べたい気分だったようです。ま、どうせ結婚記念日のことは
すっかり忘れていたわけですからね(笑)。

これは普通に美味しかったです。でもかぼちゃのラザニアの方が美味しさが数段上だったかな。

普通ならこのあとデザートにいくところですが、何しろお腹が空いていなかったので(苦笑)、
この日は一品のみで終了。なんとも寂しくて、無理やりデザートを頼みかけましたが、
ここは冷静になってやめておきました。本当に胃にまったく余裕がなかったので。。。

このレストランはWiehre(ヴィーレ)という高級住宅街の中にあり、食事の前後にこの辺の
お屋敷を見ながらお散歩するのも楽しいです。すぐ近くに公園があるのも、子連れには
嬉しいところ。街中ではないのでわざわざ行かなければなりませんが、その価値はあると
思います。

また今度、しっかりお腹を空かせてお食事に行こうと思っています♪


・・・と、思いきりいつものノリでブログを書いてしまいましたが、気づけばもう大晦日
なんですよね。これが今年最後の記事になるわけですが、そんなことは全く意識
せず書いていたので、なんとも大晦日らしくない内容になってしまいましたが(苦笑)、
みなさん、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。今年一年、ブログにお付き合い
いただき本当にありがとうございました!

年が明けたら、ブログのお引越しをしようかなと考えています。
新しいブログのリンク先は、次回の記事でお知らせしますね。

それでは来年もどうぞよろしくお願いいたします♪


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


↓こちらのランキングもよろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト


日本ではクリスマスの余韻などは跡形もなく、すっかり年越しモードだと思いますが、
こちらはクリスマスモードをまだまだ引きずりますので(笑)、もう少しお付き合いください~。

ドイツのクリスマスランチ(25日)の定番は、ガチョウ(Gans)の丸焼き。
こちらは以前にも載せたことがある写真ですが、夫のおばあさんの家で毎年焼く
ガチョウです。中にリンゴやレーズンの詰め物を入れて、オーブンで焼きます。

クリスマスのガチョウ

1人前サイズに切り分けて、じゃがいも・紫キャベツと共にお皿に盛ります。
お肉にかけるソースも重要。おばあさんの作るソースは、とっても美味しいです。

クリスマスのガチョウ


そしてこちらは、ある年、珍しく別の親戚の家でクリスマスを過ごしたときのもの。
この時はガチョウではなく、子供にも食べやすいようにと、七面鳥(Pute)の丸焼きでした。
私にはガチョウも特にクセがあるとは感じませんが、七面鳥の方がちょっとマイルドなのかも
しれません。その他、鴨(Ente)の丸焼きを食べたりもします。

クリスマスの七面鳥


切り分ける作業も、なかなか大変。この時は、夫ががんばってやっていました。

クリスマスの七面鳥


でもこの鶏の丸焼きはものすごく大きいので、家族3人で過ごすクリスマスには残念ながら不向き。
ものすごく食べたかったのですが、今年も去年に引き続きあきらめました。
まあ量とは関係なく、これを自分で焼くのは私には無理ですが・・・(苦笑)。
でもいつか、調理法をきちんと覚えてみたいと思っています。

で、今年私達は何を食べたかというと(全てディナーですが)、

クリスマスイブ・・・ソーセージ(Wienerwurst)&ポテトサラダ+グリーンサラダ
クリスマス第1日・・・ラクレット
クリスマス第2日・・・お寿司

イブの日に、ソーセージ&ポテトサラダの組み合わせを食べる人は70%にも上る、なんてことを
ラジオで聞いたことがありますが、この日はまだクリスマス本番ではなく、本番の準備をしたり、
ミサに行ったりと何かと忙しかったりするので(午前中はお店も開いてるので最後の買出しを
したりもするし)、簡単なもので済ませることが多いようです。

特にソーセージが食べたいわけではなかったのですが、ガチョウが食べられないのなら、
少しでも定番と言われることをしたくて(笑)、我が家もこのメニューにしました。

25日にやったラクレットは、ホットプレートのような器具で、じゃがいもやいろいろな野菜の上に
ラクレットというスイスやフランスのチーズを乗せて焼く料理。卓上で少しずつ焼いては食べ、
また焼いては食べ、というのを繰り返すので、大勢で集まってワイワイやるのに最適。
年末に食べる機会が多い料理で、この時期どこでもラクレットのチーズがたくさん売られています。
私達も今までに何度か夫の家族と大晦日にやりました。
クリスマス当日にラクレットをやる人はあまりいないのかな~と思いますが、ガチョウはないことだし、
楽しい雰囲気で食事がしたかったのでこれにしました。
実際ホント楽しくて、お腹がはちきれそうになるまで延々と食べ続けましたよ~。

そして26日はちょっとあっさりしたものが食べたかったので、お寿司(太巻き)を作りました。
あっさりしたものと言いつつ、手羽先のマーマレード煮なども作ったのですが。

鶏の丸焼きはなかったけど、本当によく食べた3日間でした。
食いしん坊なので、こういう期間って楽しくってたまりません!(笑)
大晦日はどんなメニューにしようかな~。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


↓こちらのランキングもよろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



ドイツのパフェ♪

前回の更新から何と2ヶ月以上も経っていました・・・。
いつも突然更新が途切れてすみません(汗)。

なかなかゆっくりブログが書けないのはいろいろ理由があるんですが、
まあ一言で言ってしまえば、育児に時間もエネルギーも吸い取られてる(苦笑)
って感じでしょうか・・・。

8月は幼稚園も3週間夏休みだったので、特にその間は育児以外のことは
何もしなかったですね~。それはそれで、娘と過ごす時間がたっぷりあって成長も
しっかり見ることができたし、娘はお友達ともたくさん遊んだし、思いのほか私にとっても
楽しい夏休みだったので良かったんですけどね。

娘は今3歳半ですが、もっと小さかった頃より体力もあるし行動範囲も広がってきて、
そんな娘の相手をするには、私自身も以前よりさらに体力が必要になってきている気がします。
以前は睡眠不足でも何とかなりましたが、今はちゃんと寝ないと体力が持ちません。
というわけで、最近は早く寝るようになりました。=パソコンに向かっている時間も減りました。。。

ですが、これからもブログは続けていきますので(書きたいこと・載せたい写真は山ほど
あるのです~)、時々遊びに来てくださいね♪ どうぞよろしくお願いします。


さて、タイトルの「ドイツのパフェ」は、こちら。↓

ドイツのパフェ

8月の暑い日に食べました。
で、このとき気づいたんですが、私ドイツでパフェ食べたのたぶん初めてでした!!
在独11年にして初めてのパフェ。

私たち、アイスカフェ(アイス屋さんがやっているカフェで、たくさんの種類のパフェがある)に
行くことがほとんどないんですね。行っても普通にお持ち帰りコーナーでアイスを買って食べ歩き。
カフェに入るなら、普通のカフェでケーキが食べたい派なので。
普通のカフェにもパフェはよくありますが、でもやっぱりケーキの方が食べたい!ってなります。

でもこの日はものすごく暑くて、さすがの私たちもケーキって気分ではなく、
冷たいアイスをモリモリ!って気分だったのです。

フルーツたっぷりのチョコレートパフェ。とっても美味しかった~~!
パフェも本当にいろんな種類があるけど、チョコ味が好きな私は何のひねりもないパフェを
注文。やっぱりチョコは美味しいなぁ♪

食べたのは、Stadttheater(市立劇場)のところにあるアイスカフェ。
ここのアイスは今のところ私たち一番のお気に入りです♪
パフェは小ぶりだったけど(でもその分値段も安めのような気がしました。他でパフェを
食べないので詳しくは分かりませんが・・・)、やっぱりお味がよく大満足。
4.80ユーロくらいでした。

ケーキばかりでなく、たまにはこういうのもいいですね♪
これからアイスカフェにも時々行きそうな予感です。


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング

↓こちらのランキングもよろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




久しぶりのドイツ料理

前回の記事をアップしてから日にちが経ってしまいましたが・・・
ビール醸造所の見学があまりきちんとできなかったため、その代わりに
別のビール醸造所直営のレストランへ行きました。

街中にあるFeierling(ファイアーリング)というビールメーカー。
何度かご紹介しているGerberauの通りを行った先にあります。

ここはとてもカジュアルな雰囲気で、ビール一杯飲むだけでもいいし、食事をすることも
できます。今回私たちが食べたのはこちら。


マウルタッシェン Maultaschen

マウルタッシェン(Maultaschen)。生地の中にはひき肉の詰め物が入っています。
ドイツ料理の定番の一つですね。付け合せのサラダがどっさりで、ものすごいたくさんの
種類のお野菜が盛られていました。
にんじん、キャベツ、大根、きゅうり、トマト、レタス、白菜など。
味付けがちょうど良くて、しかも全てとっても新鮮で、大満足でした~。


ニュルンベルガー・ソーセージ Nürnberger Wurst

そしてこれはニュルンベルガー・ソーセージ。温かいザワークラウトの上に
のっていて、ライ麦パンも数枚ついてきました。ザワークラウトの量も多くて、
これは一人で食べ続けるとちょっと飽きてしまうかな~という感じですが、私は夫と
この2品を半分ずつしたのでちょうど良かったです。
ソーセージ、美味しかった~~

ちなみに、「ビールがテーマ」にこだわってここに来たのに、私も夫も結局ビールは
飲みませんでした。昼間からお酒を飲む習慣がなくて、特にすごく飲みたい気分でも
なかったので、りんごジュースにしておきました。Bioのジュースでしたよ♪

このレストラン、とってもリーズナブルで美味しくて、おすすめです。
私たちが頼んだお料理は両方とも7ユーロ。しっかりドイツ料理なんだけど、
ドイツレストランにありがちな濃い(しょっぱい)味付けではないのが気に入っています。


公園

レストランは1階と2階があって、私たちは2階の席に座ったのですが、そこからは
公園が見えました。旧市街のど真ん中に遊具がいろいろある公園があるんですよ~。
この日の気温は1度とかそれくらいだったと思いますが、元気に遊ぶ子供たちがいました。

久しぶりのドイツ料理で、満足な日曜のひと時を過ごせました♪
写真を見てたらビールが飲みたくなってきてしまいました(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング



フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

少し前に紹介した、新しいケーキ屋さん「Gmeiner(グマイナー)」の前を
土曜日に町へ行ったときに通りかかりました。
クリスマスのお菓子がつる下がっていて、とってもかわいい!!
全体的に赤くて、クリスマス~な雰囲気ですね♪


フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

ここにはチョコレートがいっぱい売っているのですが、通りに面したところで
お姉さん(職人さん)がトリュフチョコレートを作っていました。
手作りのトリュフチョコレート、美味しいんだろうなぁ。


フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

これは2週間ほど前に撮った写真ですが、Gmeinerが入っている建物の全体図です。
すごく素敵な建物ですよね。

ここには以前はシティバンクが入っていたのですが、10月にこのGmeinerと
その隣(+2階)にはインテリアのお店ができて、とっても素敵な雰囲気になりました♪

-----

ここ数日雪はお休みで、今日は雨。
今週は寒さも一段落して、気温はだいぶ復活するようです。
ここのところ日中もマイナス気温だったので、本当に寒かったのですが、
少しは楽になるかな? でも雨は嫌だなぁ・・・。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


新しいケーキ屋さん☆

フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

日曜日の話が続きますが・・・
山の上から街並みを眺めた後、午後のティータイムのためにケーキ屋さんへ行きました♪
目指すは10月にオープンしたばかりの「Gmeiner(グマイナー)」というお店。
バーデン・バーデンやオッフェンブルクというフライブルクから近い町にもある
ケーキ屋さんのようで、フライブルクにも支店がオープンしたのです。

先月、大学時代の友人3人が泊まりで遊びに来たときにすでにお試し済みだったのですが、
とにかく種類が豊富で味もすごく美味しくて、大のお気に入りになりました。
他のお店よりちょっと高めですが、他ではあまりないようなケーキもあったり、
何より味がいいので、これから頻繁にお世話になりそうです♪

上の写真はショーケースの後ろ側に置いてある、焼き菓子系のケーキたち。
ショーケースの方にはメイン(?)のクリーム系の華やかなケーキがたくさん並んでいます。


フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

ケーキの他に、トリュフチョコレートやクッキー類もたくさんあり、少しですが、
キッシュや小さなハムクロワッサンなど、お食事系も置いてあります。


フライブルクのケーキ屋さん Gmeiner

日曜日の午後は、やっぱりケーキを食べて過ごす人が多いんですね。
私たちがいる間じゅう、ずっと行列ができていました。
まさに「飛ぶように売れる」って感じでしたよ。

もっと店内の写真をちゃんと撮りたかったのですが、ケーキを買うと知って大興奮の娘が
ショーケースの前を離れなくて(苦笑)、私はほとんど身動きが取れず写真もまともに
撮ることができませんでした・・・。娘は「ママ、ケーキを買うこと以外はしないで!」って
感じでした(苦笑)。

お腹が空いているので、その場ですぐに食べられないと大変なことになるのが分かっていたので、
ケーキ以外にミニ・ハムクロワッサンも買ったのですが、これがまた美味しかった~~。
娘には「これ、ケーキじゃない!」って怒られるかなぁと思ったのですが(笑)、娘にも
このクロワッサンの美味しさは分かったようで、一口食べたらその後は黙々と、味をかみしめるように
堪能している様子でした(笑)。

あ、そうそう、ここは残念なことにカフェが併設されておらず、店内の小さな高いテーブルで
ちょこっと座って食べることしかできないのです。そのためケーキはお持ち帰りにしたのでした。


Gmeinerのケーキ

これは夫が選んだチェリーケーキ。
私、こういう生地の部分が少なくて、煮たフルーツがぎっしりっていうケーキって特に好きでは
ないのであまり自分では選ばないのですが、一口もらったら、これが思いのほかすごく美味しくて
びっくり! 上にのっているStreusel(シュトロイゼル=クランブル)の味がすごく良くて、
こっちにしても良かったかな~と思ってしまいました。


Gmeinerのケーキ

こちらが私が選んだMirabelle(ミラベレ、日本語ではミラベルかな?)のケーキ。
この写真では色が良く出ていないのであまり美味しそうに見えませんが、優しい味でこちらも
美味しかったです~☆ 娘はどちらかというと、こっちの方が好きなようでした。

本当はクリーム系のケーキも食べたいのですが、娘と一緒に食べるので、今回もフルーツ系2種類
となりました。

このGmeiner、場所はフライブルクのど真ん中、マーティン門のすぐ脇です。
食べてみたいものがものすごっくたくさんあるので、これから地道にいろいろ試していきたいと
思います(笑)。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング




ミュンヘンのシュトレン

シュトレン(Stollen)

先月、大学時代の友人3人が泊まりで遊びに来てくれました。
そのうちの2人はミュンヘン在住の友人で、「ミュンヘンのお土産何がいい?」と聞かれ、
すかさず「シュトレン(Stollen)」を頼みました。

シュトレンはドイツ伝統のクリスマス菓子(ブリュームヒェンの「ドイツのクリスマス菓子
のページで写真入りで詳しくご紹介しています)。
私は日本にいた頃から大好きで、毎年クリスマス近くになると何種類かのシュトレンを
買って食べるのをとても楽しみにしているのですが、フライブルクにはなぜかあまり
売っていないのです(涙)。あることはあるのですが、「これ、シュトレン??」という
ようなものだったり、あってもお店の片隅にちょこっと置いてあるだけだったり・・・。
ミュンヘンではクリスマスが近づいてくると、どこのパン屋さんでも山積みにして何種類も
売られていたので、フライブルクに引越してきて初めてのクリスマスのときはとても
ショックでした。

フライブルクはフランスに近いからか、パン屋さんのパンが全般的にあまり「ドイツ~」って
感じがしないのですが(ずっしりとした酸味のあるパンが少ないです)、シュトレンが
あまり売られていないこともそれと関係があるのかな?と思います。

というわけで、ミュンヘンの友人が買ってきてくれた2種類のシュトレンは、
本当~~に嬉しいのです。まだ10月だったので、シュトレンを手に入れるのは無理かな~と、
あまり期待はしていなかったのですが、友人があちこち探してくれたみたいで(ありがとう!)、
ダルマイヤー(ミュンヘンの高級食材店)と、Hofpfisterei(ホーフプフィステライ、
オーガニック専門のパン屋さんチェーン)のものを持ってきてくれました☆
上の写真の手前にあるのがダルマイヤー、奥に立ててあるのがHofpfistereiのです。


シュトレン(Stollen)

ダルマイヤーの方が賞味期限が切れるのが先だったので、こちらをまずいただきました。
ここのものは久しぶりに食べましたが、とっても美味しかったです~♪
シュトレンもお店によってずいぶん味が違いますが、ダルマイヤーのはかなり甘い方かな?
中に入っているレーズンのお味が最高です。
Hofpfistereiのシュトレンも好きでよく買っていたので、久しぶりに食べるのが楽しみです♪
>友人へ いろいろ探し回ってくれたみたいで本当にありがとう!シアワセデス☆


今回は4人でプチ同窓会となったわけですが、10代の頃からお互いを知っている間柄なので
気心が知れていて、本当に楽しい時間が過ごせました。ワインを飲み、町で買ってきた
ケーキをみんなでつついたりしながらおしゃべりが止まらず、寝たのは朝の5時半でした。
こんなことをしたのは、いつぶりでしょう?? 昔からの友達っていいものですね。
かなりリフレッシュできました♪


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング



山の上のレストラン

みなさん、お久しぶりです!
突然ブログの更新が止まってしまい、すみません~。
ちょっと忙しくしていてブログが書けないでいたのですが、これからまた再開したいと思います♪

この秋はお天気が良い日が多く、先週は23,4度まで上がった日もあり、気持ちの良い今日この頃。
でも朝晩はかなり冷え込み、9月半ば頃から暖房を入れています。

さて、少し前に行ったレストランをご紹介します♪

レストラン

フライブルク南部のLorettoberg(ロレットベルク)という山の上にあるレストラン、
「Schloss‐Cafe(シュロスカフェ)」。フライブルクおすすめのレストランがまだ全く
分からなかったころ友達に教えてもらったのですが、とても気に入って、以来時々訪れています。
山の上のレストラン、と言いながら、周りの景色の写真がなくて申し訳ないですが、
フライブルクの町が見渡せるんですよ。

午後、ケーキを食べに行くこともありますが、この日は夜、食事をしにいきました。


レストラン

これは夫が頼んだ豚肉のステーキ。写真ではほとんど見えないですが、アボカドとじゃがいも
(・・・だったかな?記憶が遠ざかってます。。苦笑)のムースが添えてあって、これが
美味でした。お肉も柔らかくて美味しかったです♪


レストラン

こちらは私が頼んだZander(ツァンダー)というお魚。
日本語で何というか調べましたが、イマイチよく分からず・・・。
スズキの一種?なのかな?
ドイツではよく登場するお魚です。

これはこの日の日替わりメニューだったのですが、期待していた以上に美味しかったです!
このボリューム・味で、8.60ユーロ。値段が安いのでそこまで期待していなかったというのも
あるのですが、味付けがとてもよく、大満足でした~。
付け合せはじゃがいもとザワークラウト。魚料理でも、ドイツのお肉料理の定番のような
付け合せ(笑)。でもこのザワークラウトが普通のとはちょっと違った味付けで、
おしゃれ版(?)ザワークラウトのような感じ。すっっごく酸っぱかったけど、美味しかった~。


レストラン

そしてこちらはデザート。
Honigkuchen(はちみつケーキ)のバニラアイス&カラメル味パイナップル添え。
あれだけしっかり食べた後に、このボリュームのデザート・・・(汗)。
写真ではあまり分からないと思いますが、特にはちみつケーキがすごい大きさだったのです~。
これはどう考えても食後に食べるデザートではない気が・・・。
でもスイーツ系はこんな感じのものしかなく、これでも一番ボリュームの少なそうなものを
選んだのです。

娘はこの時、生まれて初めてアイスを食べました!
アイスの存在は前から知っていたけど、特に食べたがらなかったのですが、このときは
遠慮がちに「○○ちゃんも、あいす たべてみる」と希望を出してきました(笑)。
もうすぐ2歳半だし、いいか~と思い、あげてみると、娘は目をまんまるにして
驚きと感激が入り混じった顔(笑)。ものすごく甘くてすっごく美味しいんだけど、
ものすごく冷たくてびっくり、みたいな。何口かは進んで食べていましたが、どうも
冷たすぎたようで、最後はやっぱりケーキの方がいいや、となっていました。
このはちみつケーキ、しっとりしていて、とても美味しかったです~♪

ここはテーブルとテーブルの間にかなりゆとりがあって、大きなベビーカーでも問題なく
入れるので、子連れにも利用しやすいです。ちょっとしたおもちゃ(塗り絵とかパズル)も
あるし、サービスの人もみんな感じが良くて、ほんと、いい所。お気に入りのレストランです☆



↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


まだブルッフザール城のお話です(長っ。何しろ写真がたくさんあるので・・・苦笑)。
でも今日で最後なのでご安心を。次回からはまた別の話題になりま~す。

お城&自動演奏楽器博物館の見学と庭園の散策の間に、お城併設のカフェでケーキを食べました。
このようなお城にはSchloss-Cafe(シュロス・カフェ、シュロス=城)がよくあります。

ブルッフザール城 Schloss Bruchsal

ブルッフザール城のシュロス・カフェは、門を入ってすぐのところにありました。
ここに座ると、お城を眺めながら(↓コレ)お茶することができます。優雅~♪


ブルッフザール城 Schloss Bruchsal


ブルッフザール城 Schloss Bruchsal

お天気の良い日はどこのカフェに行っても中はガラガラで、みんな外に座っています。
このウェイトレスのお姉さんがとっても感じがよくて、気分良くカフェタイムを過ごせました。
中に入って、どのケーキにしようかケースの前でじっと見ていると、お姉さんが来て
「どれが何のケーキか分かりますか~?」と、とびきりの笑顔で聞いてきました。
「うーん、そうね~・・・」と言っていると、お姉さんはケーキを一つ一つ指差して、
全ての種類の説明をしてくれたのです。こちらから聞いたわけでもないのに、優しい心遣い、
ほんのちょっとしたことですが、何だかとても嬉しくなりました。
こういうさりげない自然なサービスっていいですね。

以前、2歳の娘はまだケーキを食べたことがない、私たちが目の前で食べていても
それは大人の食べ物だと思っていて自分は食べたがらない、という話を書きましたが、
5~6月に一時帰国したときに、ついにケーキデビューしてしまいました(笑)。

やっぱりそういう特別な時っていろんな人と会ってケーキを食べたりする機会が多いので、
さすがの娘も「これはどうやらとても美味しいものらしい。自分も食べてみたい」と
思うようになったらしく(笑)、もうごまかすことは不可能となりました。

ということで、最近では週末によく家族みんなでケーキを食べています。
それでもやはりクリームたっぷりのケーキは控えて、チーズケーキやフルーツのケーキを
食べさせるようにしているので、この日もフルーツ系を3種類頼みました。


ケーキ

木苺のケーキ。これが一番大きく、色も鮮やかでとても美味しそうに見えたのでしょう。
娘はまっさきに「これ、○○ちゃんの!」と言って、しっかり確保していました(笑)。
でもこれはスポンジと、ゼリーで固められた木苺だけのとてもさっぱりしたケーキだったので
娘には一番良かったかも。もちろん大きすぎるので、私たちがさりげなく一緒に食べたり
するのですが、最近の娘はその辺もチェックが厳しく、「ママ、パパ、これたべないの!」と
言ってお皿を隠してしまいます(苦笑)。


ケーキ

これはちょっとピンボケですが、ミカン入りのチーズケーキ。
娘がすごい勢いで食べ始めたので、写真をじっくり撮ってる暇がなかったのです~(苦笑)。


ケーキ

そしてこれはブルーベリーのケーキ。

どれも甘さ控えめでさっぱりしていて、夏の暑い日にはちょうど良かったです。
そして何よりも、この青空の下で、美しいお城を眺めながらカフェタイムを過ごすというのが
とっても幸せでした♪

ブルッフザール城レポートは、これで終わりです。
ブルッフザールの町へは、ハイデルベルクからSバーン(近郊電車)で26分。乗り換えも
ないので行きやすく、ハイデルベルク滞在中に日帰りでちょっと足を伸ばしてみるのも
いいかもしれません。RE(快速電車)も2時間おきに出ていて(所要時間19分)、
料金もSバーンと同じなので、たまたまREがあればそちらを利用しても良いでしょう。
また、カールスルーエからもSバーンを利用して20分で行けます。

これくらいの距離だと、電車に乗ってフラッと訪れ、お城や博物館を見学し、シュロス・カフェに
寄ってお茶やランチ(ケーキだけでなく軽食もいろいろあります)をして帰る、なんていう
半日コースもいいですね♪



↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


3度目のブライザッハ(Breisach)訪問で、3度目の訪問をしてしまったケーキ屋さん(笑)、
カフェ・イーリンガー Cafe Ihringer」をご紹介します。

★ブライザッハは、フライブルクからSバーン(近郊電車)で約30分のところにある
 フランスとの国境沿いの町です。(私たちはいつも車で行っています。)

昨日のブログでちらっと書きましたが、当初のお出かけ目的のヌフ・ブリザックに
ちょっとがっかりしてしまった夫(もともと夫の方がこの町に行きたがっていたのです)は、
町に着いて15分くらいすると「イーリンガーに行こう」と言い始めました(苦笑)。

私は「せっかく来たんだから少しは散策してみようよ~」と夫を説得し、町を半周くらいしてから
ブライザッハへ向かうことに。時間的にもちょうどカフェタイムでした。


ブライザッハのケーキ屋さん

これがブライザッハの町の中心にある「カフェ・イーリンガー」。
オレンジ色のきれいな外壁が目を引きます。

ブライザッハのケーキ屋さん

中にも席はたくさんありますが、夏はやっぱりみんな外に座りたいんですよね。
外は満席でしたが、ちょうどタイミングよく席を立ったグループがいて、私たちも
また外に座ることができました。お天気がいまいちの日だったので、途中雨がパラッと降って
きましたが、パラソルがあるので問題なしです。

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ

これは夫が食べた「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(Schwarzwälder Kirschtorte)。
「黒い森のチェリーケーキ」という意味で、この地方の定番です。
チェリーがかなりお酒の味がすることがよくありますが、ここのもだいぶきいていました。
もう少しお酒の味控えめの方がいいな~と思いますが、スポンジやクリームは美味しかったです。
ドイツのケーキって生クリームが軽くて甘さ控えめであっさりしすぎていることが多いのですが、
ここのクリームは甘さも濃さもちょうど良く、とても美味しいです。


ケーキ

これは私が食べたケーキ。見た目が何ともぱっとしませんが、とっても私好みの味で
大満足でした~。何のケーキといったら良いか分からないのですが、スポンジとクリームが
混ざったようなしっとりした生地?クリーム?の中にフルーツが少し入っていて、
周りはチョコレートクリーム。スポンジとの間にはマジパンも入っていました。
こういうケーキは初めて食べたかなぁ? とーっても美味しかったです♪

このカフェはケーキの種類が豊富で美味しいだけでなく、サービスの人もとても感じが良くて
それもお気に入りの理由です。ドイツではぶそーっとしたウェイトレスさんや店員さん(苦笑)が
珍しくなく(と言うか、そっちの方が多いかも??笑)、サービス精神もあまりないお国柄なので、
感じの良い人にあたるととても嬉しくなってしまいます。

このカフェのサービスの良さには夫がもうひたすら感激していて、ウェイターやウェイトレスさん
たちを観察しながら、「ほら、あの人、席を見渡して、お客さんがみんな満足かどうか、するべき
ことはないかどうか確認してる」とか、雨がぱらついてきた時は「あの人、こっちのパラソルと
あっちのパラソルをわざわざ交換したよ。あっちの方が人がたくさん座ってるから、大きな
パラソルの方が濡れなくていいんだよね」とか、私たちの席にウェイトレスさんが「何も不備は
ございませんか?他にご希望などありますか?」と笑顔でさりげなく聞きに来たときは、
「この気遣い!素晴らしいね!」とか、何だかとにかく大絶賛(笑)。

サービス大国の日本で、よく動きよく働く店員さんたちを見ているので、夫もサービスに関しては
求めるもののレベル(?)が高いようです。このカフェは、日本から見たらごくごく普通のサービス
なのですが、まぁドイツでは確かに高いレベルかな? にこやかにスマートに対応してくれるので、
気分よくカフェタイムを過ごせます。

私がちょっと席をはずしている間に夫がお会計を済ませていたので詳しくは知りませんが、
あれだけ大絶賛だったので、チップも多めに渡したに違いありません(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。