[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2ヶ国語の区別

2010-04-29_0901.jpg

ここのところいいお天気が続いていて、フライブルクでは今日、28℃くらいまで上がる予報が出ています。上の写真はベランダのお花。今朝撮ったのですが、太陽の光を浴びてとても気持ち良さそうです♪ ベランダに立っていると、まだ朝だというのにもうかなり暑かったです。でも10時ごろ娘を連れて公園に行くと、木陰はまだ半袖ではちょっと肌寒いくらいでした。こちらでは、日向と日陰の体感温度にかなりの開きがあるんですね~。

あ、ちなみに写真の奥に写っている白いお花は、以前ブログに書いたプリメール(プリムラ)。お花、うまく植えられるかな~?と書いていたのですが、今のところ枯れずに(笑)ずっと綺麗に咲いています♪

さて本題ですが、先日、娘の2歳検診に行ったとき、言葉の発達を見るテストがありました。テストといっても、いろいろな動物が出てくる絵本を見せられて、その動物の名前を答えるというごく簡単なもの。娘は元気に答えていましたが、ここで親の私たちにとっては新たな発見が。娘は普段、ドイツ語と日本語をごちゃ混ぜで話しているのですが、このときはドイツ語のみで、日本語をいっさい発しませんでした。

ネコ、鳥、クマなどが出てきたのですが、娘はこれらの単語はドイツ語でも日本語でも知っているけれど、普段は「ネコちゃん」、「とりさん」など、日本語で言うことのほうが圧倒的に多いのです。でもこのときは「Katze(カッツェ)」、「Vogel(フォーゲル)」、「Bär(ベア)」と、全てドイツ語で言っていました。

「ブタ」という単語は日本語しか知らなくて、いつも「ぶたさん」と言っているのですが、テストで豚が出てきたとき、娘は何も言わなかったのです。この小児科の先生はドイツ語しか話さない、とか、ここはドイツ語のみの空間だとかいうことが、娘はもう分かってるっていうことなんだ!と気づき、とても驚きました。家では2ヶ国語を区別している様子は今まで全くなかったので。2つの異なる言語の存在にはしばらく前から気づいていたようでしたが、普段はそれらをごちゃ混ぜに使っているので、自分で区別できるようになっているとは思っていなかったのです。

だって例を挙げると、私の靴を指差して、「Das ist(ダス・イスト) ママ、はく(=履く)」(”Das ist”は、英語でいう”This is”)とか、しょっちゅう言ってるんですよ~(笑)。ドイツ語と日本語、思いっきり混ざってます(笑)。

家ではこんななのに、よそに行くと、子供なりにきちんと(?)するものなんですね~。面白いです。

   * * *

あ~~、今日はこんなに夏のようなお天気なのに、明日から下り坂で気温がぐんと下がるよう・・・。残念です。なので、今日はこれでもか!ってくらい、お洗濯しました♪ 爽やかな暑さで、洗濯物の乾くのが早いこと早いこと。気分がとってもいいです♪


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事
スポンサーサイト


週末は23~24℃まで気温が上がり、夏のような陽気となりました。昨日の日曜日、ゆっくり朝ごはんを食べながら夫と、「今日はどこに出かけようか?」と相談。フライブルク市の地図を広げて、自然が楽しめそうな場所を探しました。特に当てもないので、フライブルク南部にある森の方へ行ってみることに。よくこんな感じでお出かけの場所を決めます。フライブルクに引っ越してきてまだ1年半なので、とりあえずどこに行っても新鮮で楽しいんですよね~。


ドイツ・フライブルク

車で森の入り口まで行き、ベビーカーを組み立て、↑このような森の小道を歩いていってみることにしました。日差しがかなり強かったのですが、森の中に入るとひんやりしていて気持ちいい~♪


ドイツ・フライブルク

湧き水も流れていました。透明でとってもきれいな水! 森の中をちゃんと歩くのは初めての娘もとても楽しそうで、はしゃいでいました。写真を撮ってる私を置いて、小走りにどんどん先に行ってしまいます。それよりもっと先を歩いていた夫が、「あ~~~!!そこ、泥になってるから気をつけて!!」と言った瞬間、


ずぼっ・・・


娘は見事に泥の中にはまっていました・・・(涙)。深い泥の溝に両足を突っ込み、軽く尻もちまでついてしまい、靴もズボンも泥だらけ(泣)。今日はよりによって白っぽいズボンをはいていて、白ではなく茶色のズボンになっていました・・・。

着替えをもってきていなく、ズボンも靴も靴下もない状態で森の中をお散歩することは不可能だったので、泣く泣く引き返すことに・・・。森のハイキング、3分で終了~~(涙)。もう本当に、泣きそうでしたよ。わざわざ車を走らせて来たというのに、3分で引き返すなんて。でも小さい子供連れだと、こういう予想外のハプニングはつきものなので仕方ない、こんなことでメゲていたら子連れでは何もできない、と自分に言い聞かせて、気持ちを切り替えようとがんばってみました。

このまま家に帰るのはあまりにも悲しいので、フライブルク市内の「Seepark ゼーパーク」という、湖(池?)がある公園に行くことに。ひんやりした森の中とは違って、そこの公園なら太陽が照っているので暖かいし、芝生の上ならとりあえず裸足でも大丈夫かなということで。

↓これがその公園です。

ドイツ・フライブルク

ここに敷物を敷いて、まずはお昼を食べました。泥まみれになってしまったズボンは森の中の湧き水で洗ってあったのですが、それをお昼を食べている間にベビーカーにかけて日向で乾かすことに。靴は幸い中のほうはそれほど濡れずに済み、そのうちズボンとともにもう履いても大丈夫なくらい乾いていました。これで芝生エリアの隣にある公園でも遊ぶことができます。

ドイツ・フライブルク

お天気のいい日曜日だったので、ものすごくたくさんの子供たちが元気いっぱい遊んでいました。


ドイツ・フライブルク

小さい子用の遊び場もあります。


ドイツ・フライブルク

こちらが公園内にある湖。写真中央に、桜の木が見えます。桜だけでなく、いろんなお花がたくさん咲いていて、とっても気持ちのいい公園です。

森のハイキングは残念だったけれど、芝生の上でごろーんとしたり、娘を公園でたくさんの子供たちに混じって遊ばせることができて、楽しい一日となりました♪ 帰りにSeepark周辺の住宅地をちょっと歩いてみたのですが、どこの家もお庭が花いっぱいで素晴らしかったです。特にチューリップが咲いているお庭が多くて、目を楽しませてくれました。

さ、今週もまた1週間がんばりましょう~☆ 今度の週末もお天気になりますように!



人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


春のピクニック

昨日に引き続き、とってもいいお天気だった今日の日曜日。フライブルクの町外れに位置するGünterstal(ギュンタースタール)という地域を散策してきました。ギュンタースタールは、フライブルクの町の中心から南方面へ走っている路面電車の終点。距離的には町中からそれほど離れていないのですが、村のようなのどかな雰囲気のするところです。ギュンタースタールからさらに南へ行くと、黒い森の「Schauinsland(シャウインスラント)」という山(標高1284m)があり頂上へはケーブルカーで登れるのですが、そこへは以前行ったことがあり、その時通りがかったギュンタースタールがなかなかいい雰囲気だなぁと気になっていたのでした。

Günterstal(フライブルク)

↑トラムの終点の少し前。のどかですね~。この辺りにパン屋さんを発見したので、車を止めて(トラムで行けるところですが、私たちは車で行きました)、あとで休憩するときに食べる用のパンをいろいろ買いました。


Günterstal(フライブルク)

こちらはもともと修道院だった建物で、現在は教会や幼稚園、学校などが入っているようでした。


Günterstal(フライブルク)

南方面には山が見えます。自転車やバイクでこっち方面に走っていくグループをたくさん見かけました。


Günterstal(フライブルク)

こちらは学校。素敵な建物ですね~。


Günterstal(フライブルク)

修道院(上の写真とは別の施設です)の敷地内にチューリップが咲いていました。とってもきれい! 娘もおおはしゃぎでお花の観賞をしていました。写真の奥の方にちっちゃく写ってます(笑)。


Günterstal(フライブルク)

このチューリップ、こんな風に並んで咲いていました。かわいい~☆


Günterstal(フライブルク)

修道院の敷地内には、お花を自分で切って持ち帰れる(有料、1本45セント)チューリップ畑がありました。


Günterstal(フライブルク)

こちらがその修道院の建物。何だかとってもトスカーナっぽい雰囲気です。トスカーナと関係があるのかな?


Günterstal(フライブルク)

修道院の脇を通り、森の中の遊歩道を歩いていきました。ピクニック(と言っても、買ったパンを食べるだけですが)ができそうなところを探したのですが、ちょうどいいところがすぐには見つからず、お腹がすいてしまった娘がぐずり始めたので、この写真を撮ったところにあったベンチに座ってお昼となりました。いいお天気の中、外で食べるご飯(娘の分は持ってきていました)はとても美味しかったようで、娘は始終ご機嫌。ベンチに座ってご飯を食べるというのも気に入ったようでした。お腹が満たされると、ちょうちょを追いかけながら走り回り、ケタケタ笑い、歌を歌い、本当に楽しそうにしていました。


Günterstal(フライブルク)

ご飯を食べたところからは、路面電車が見えました。小さくてわかりにくいですが、こんなのどかな所を路面電車が走っています。ここがまだフライブルク市内だなんて、うそみたいです。左下に写っているのは、電車を眺める娘(笑)。この原っぱも気に入ったようで、しばらく一人で自然を堪能していました。

自然の中で楽しい一日を過ごし、思い切り充電できた気がします♪ 春、最高!


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


Gerberauでショッピング♪

ここしばらく10℃代前半の肌寒い日が続いていましたが、この週末は久しぶりにお天気がよく、今日は20℃近くまで上がりました♪ また街中に行ってきたので、写真をご紹介しますね。

ドイツ・フライブルク

土曜日は午後まで仕事の夫と4時に、ここ↑で待ち合わせ。おなじみのマーティン門です。この写真を撮った位置から右に伸びているのが、Gerberau(ゲアバーアウ)という通り。雰囲気がよく、お店がたくさんあるので、観光には必須!です。


ドイツ・フライブルク

Gerberau通りの脇にあるスペースには、いつも自転車がたくさん! さすが、自転車の町フライブルクです。


ドイツ・フライブルク

こちらがそのGerberau。アンティークショップ、雑貨屋さん、リキュールのお店、ケーキが美味しいオーガニックカフェ、とってもドイツらしいおもちゃ屋さんなどがあり、楽しい通りです。今日私たちは、アンティークと雑貨のお店で、安くて可愛いコップをゲット。そしておもちゃ屋さんで、もうすぐ誕生日の娘のプレゼントを買いました。それらのお店については、また今度改めてご紹介しますね~。


ドイツ・フライブルク

Gerberauの先にある広場へ向かって歩いていきます。


ドイツ・フライブルク

この広場には、お天気のいい日はいつもたくさんの人(学生や観光客)が地べたに座っています。右側にある黄色い建物は、ずっと改築工事が行われていて、先月リニューアルオープンした「アウグスティーナー美術館」。私はまだ行ったことがないのですが、中世と19世紀の絵画が展示されています。フライブルクで一番大きい美術館だそうです。

久しぶりに暖かくなって、町を散策するのがとっても楽しかったです☆ 明日の日曜日もいいお天気が続くとのこと。
どこに出かけようかなぁ?ワクワク。


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


ドイツ・フライブルク

今日は朝からまた街に行ってきたのですが、うろちょろ歩き回って大変な娘を追い掛け回しながら何とか買い物を済ませ(毎度のことなのですが・・苦笑)、あと一息で家路につくというところで、右目のコンタクトレンズを落としてしまいました・・・(泣)。↑の写真を撮った位置で・・・。あ、別に写真を撮ってたから落としたわけじゃないですよ。ちなみにこれは、ドイツ銀行(Deutsche Bank ドイチェ・バンク)が入っている建物。なかなか素敵な建物です。・・・って、建物の話をしている場合ではないんですよ~~!

コンタクト歴は高校の時からなのでかなり長く、今まで道端で落とした記憶はほとんどないのですが(一度、家の中で落として、見事に自分で踏んづけて粉々になった経験はありますが。。苦笑)、今日は何かの拍子に手が目にちょこっと当たり、その時にレンズが外れて落ちちゃったみたいなんです・・・。はずれたことには全く気づかず、最初、レンズがずれたのかと思ったのですが、目を触っても何の異物感もない・・・これはひょっとして落ちちゃったってこと~~?!と一気に顔が青ざめました。

これは、信号のない小さな横断歩道を渡り始めたときに起こったのですが、そこはひっきりなしに車が通っていて、歩行者も次から次へと道を渡っていき・・・・・・。レンズが道に落ちていたとしても、すでに誰かに踏まれている可能性大・・・。それでもしばらくしゃがんで探していましたが、当然見つかるはずはなく・・・・。あきらめました(涙)。

近々コンタクトを買い換える予定だったので、そこまで痛手ではありませんが、でもでもやっぱりショックです~・・・。買い換えるまではメガネで過ごさなければならないし・・・。

そんな騒動があったので、帰る時間が予定より遅くなってしまい、娘は疲れて眠くて最後の方はぎゃーぎゃー泣き叫ぶし、今日のお出かけはヒジョ~に疲れました・・・。

コンタクトってほんと、やっかいです。目のいい人がうらやましい~です。


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


マグノリア

イースターが終わったとたん暖かくなり、今週は20度を超える日もありました。今日は15度くらいでしたが、お天気も上々で、気持ちのよい一日でした。

今朝ふと、「今日は娘を連れて街に買い物に行こう!」と思い立ち、家事を済ませた後、お昼前にトラムに乗って出かけてきました♪ でも・・・せっかくいいお天気だったのに、必ず持ち歩いているカメラを忘れてしまって残念・・・。春のお花がたくさん咲いていて、カメラに収めたい風景がたくさんあったのに~!

ということで、また過去の写真を見てみたら、これまた3年前の春に撮ったお花の写真があったので、載せてみます♪

マグノリア

この時期よく見かける、マグノリアです。ドレスデンのレジデンツ城にある「緑の丸天井(宝物館)」の入り口前にマグノリアの木があって、ここを訪れた時ちょうど満開でした。


マグノリア

大きな花びらと淡いピンクの色が、いい具合に華やかでしっとりしていて、とっても好きな花です。今住んでいる家の近所にも咲いているし、今日トラムからも、ちらほら見かけました。あと、今桜も満開です。フライブルクには、ミュンヘンよりたくさんの桜の木があるように思います。


ドレスデン・レジデンツ城(緑の丸天井)

こちらが、レジデンツ城の「緑の丸天井」の入り口付近。3年前の楽しかったドレスデン旅行のことがいろいろ蘇ってきました。当時オールアバウトのドイツガイドをしていたので、そちらではドレスデンの記事を書きましたが、ブログではあまりご紹介していなかったので、そのうち写真を載せたいと思っています。

お花の時期が終わってしまう前に、いろいろ写真を撮ってきたいと思っていますが、これからまた気温が少し下がってしまうようなので、お出かけ日和になるか微妙なところ。あまり寒くなりすぎませんように・・・!

それではみなさん、良い週末をお過ごしください♪



人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


以前撮った写真を整理していたら、こんなものを見つけました。↓

ライプツィヒ中央駅

ライプツィヒ中央駅のイースター・ディスプレイです。ちょうど3年前の春にミュンヘンからドレスデンへ旅行した時、ライプツィヒで乗り換えたのです。ライプツィヒの町は訪れたことがなく、このときも駅構内しか見てないのですが、面積がヨーロッパ最大というこの中央駅、広々としてとてもきれいでした。その広い空間に、巨大なイースターエッグがつる下がっていて、インパクトありました~。


ライプツィヒ中央駅

その巨大な卵のもとに作られていたディスプレイ。なんとも妙~な顔をしたウサギさんたちがいました(笑)。この辺りのセンス、日本とはかなり違いますよね~。


ライプツィヒ中央駅

私たちには「かわいい」なんてお世辞にも言えないウサギさんたち。でも、ドイツ人はそもそも、ここに「かわいい」を求めていないのかなー?とも思います。こういう系の顔、よく見る気がするし(笑)。センスとは本当に不思議なものです。逆にドイツ人から見ると、日本人が「かわいい~!」って騒ぐモノのセンスが分からないってことがあるんでしょうね。


ライプツィヒ中央駅

ライプツィヒの駅はこんなに素敵な建物なんですよ~。趣があっていいですよね。

余談ですが、これらの写真に交じって、電車の中で撮った私と夫の写真もありました。それを見た夫、「うわぁ~、アサミ、若いね~!!」と大騒ぎ(笑)。ハイ、自分でもそう思います。3年前は若かった(=この3年でずいぶん年をとった。。苦笑)。対する夫の方は、全然変わってない!(悔)

私はこの3年のうちに、妊娠して子供産んでますからね~。年取ってもしょうがないか・・・と自分を慰めつつ、ちょっぴりあの頃の自分に(容姿)戻りたくなってしまった私でした(笑)。


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


昨日の夜、5日間のイースター休暇から帰ってきました~。今日早速、たくさん撮ってきた写真をコンピュータに取り込もうとしたのですが、何と、あんなにたくさん撮ったはずの写真がほとんど消えていて(号泣)、ガーーーーーーン・・・・。かなり落ち込んでいます(涙)。娘や親戚たち、おばあさんのお庭のきれいなお花たち、イースターの日のコーヒータイムのテーブルセッティングなど、本当にたくさん撮ったのに、カメラに残っていたのはたった12枚・・・。こういうことって、たまに起こることなんですか?? 私のカメラはパナソニックのLUMIX・G1(デジタル一眼レフ)で、半年ほど前に日本で購入したものなんですが・・・。前に使っていたFUJIのFinePixではそんなことは一度も起こりませんでした。旅先や、大事な家族と一緒に撮った写真が消えてしまうことほどショックなことってありませんよね・・・。

↓こちらが、唯一ブログに載せられる2枚の写真です。

イースターのお菓子

私たちが手土産に持っていったイースターエッグのチョコレート。フライブルクのコロンビ・ホテルで買ったものです。私、これ、チョコレートの包み紙の模様だと思っていたのですが、チョコレートそのものに可愛い模様が描かれていました。中はヌガーチョコレートで、とっても美味しかったです!


イースターのお菓子

こちらもヌガーなのですが、ニワトリの形をしていて、とっても可愛いですよね☆ 食べるのがもったいなくて、何となく誰も手をつけていなかったのですが、夫が豪快にナイフで小さく切り分けていました(笑)。こちらはクロカント(細かく刻んだナッツにお砂糖をからめたもの)入りで、美味しかったです~。

5日間(と言っても、行きと帰りは移動でほぼ1日つぶれてしまうので、実際には3日間ですが)、いつものように、食べてのんびり→また食べてのんびり、を延々と繰り返し(笑)、ひたすらリラックスしてきました。私たち大人の食べっぷりに影響されてか、娘もガツガツ食べていました(笑)。あんなにたくさん食べる娘を見たのは初めてです。たくさん人がいるのが相当楽しかったようで、機嫌もずっとよく、親の私たちは超~楽チンでした♪ もうすぐ2歳になるのですが、かなりいろんなことが分かるようになってきたようで、たくさんの人たちとコミュニケーションを取りながら、この5日間でさらにグンと成長しました。行く前と帰ってきてからでは、何だか別人のようです。

電車で片道6時間半の移動も、多少ぐずったりしたものの、大半はいい子にしていてくれて助かりました。もちろん絵本やお絵かきグッズなど、退屈しないようにたくさんのおもちゃと、食べ物もいっぱい持っていき、雲行きが怪しくなってきたらすかさず何かで気を紛らわす、ということをひたすらやっていたのですが。

昨日は夜9時ごろ家に着き、今日は疲れがまだかなり残っているのですが、朝からまたいつもの生活です。夫を送り出して、洗濯、掃除、キッチンの片付けをし、娘を連れてスーパーへ買い物に行き、お昼ご飯を食べさせ、寝かしつけ(お昼寝)、そして今、このブログを書いています。昨日まで大人数で楽しい数日間を過ごしていただけに、急に娘と二人だけになり、家事・育児に追われる生活に戻ると、何だかちょっと寂しいですね。リューネブルクから帰ってくるときはいつもそうなのですが、今回は、今月89歳になる夫のおばあさんと別れる時が悲しくて仕方なくて、涙を必死にこらえていました。おばあさんは私の何倍も寂しいはずだし、ここで私が泣いてはいけない!と思い、何とか涙を流さずにすみましたが、とっても辛かったです。次回の帰省時も、次の次の帰省時も、とにかくできるだけ長く元気でいてくれることを願うばかりです。

・・・と、別れの後はいつもセンチメンタルになってしまう私ですが、だからかえって娘の世話に追われたりしながらバタバタやってる方が、いつもの生活にすんなり戻れて(戻らざるを得なくて)いいのかもしれません。さ、今日からまた毎日がんばるぞ~☆



人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


明日(日本はもう今日ですね)の金曜日から、イースターの4連休が始まります。金曜日と来週の月曜日が祝日で、イースターの本番は日・月曜日(イースターサンデー、イースターマンデー)。間の土曜日は祝日ではないので、お店などはやっています。

この前にも書きましたが、この連休は夫の実家があるリューネブルクに行って来ます♪ クリスマスに私が熱を出して行けなくなってしまったので、そのリベンジ!です。

イースター前に、いい加減ボサボサ過ぎてみっともなくなっている髪の毛を切りに行かなきゃ!と思っていたのですが、毎日ばたばたと過ぎていき、美容院の予約をずっとしそびれてしまっていました。それで今日の朝、「もう今日しかない!!」と焦って近所の美容院に電話すると、案の定「今日は全く空きがありません」とのこと(泣)。家族や親戚が集まるイースター前に、きれいにしておこうと思うのはみんな同じなんですね~。

・・・ということで、さっき、自分で前髪を切りました。前髪だけでも切っておけば、少しはマシになるかなぁ~?と思って・・・。マシに・・・ならないですかね??

イースター(復活祭)

↑こちらは、明日リューネブルクに持っていく手土産の一部。フライブルク最高級のホテル「COLOMBI(コロンビ)」のイースタースイーツです♪

フライブルクからリューネブルクまでは、電車で約6時間半。ミュンヘンからと同じくらいです。娘と大荷物を持っての長旅、どうなるでしょうか? 前回行ったのは10ヶ月前、娘が1歳2ヶ月の時でしたが、まだ一人では歩けない頃だったし、お昼寝もまだたくさんする時期だったので、そこまで大変だった記憶はないのですが、今はいろいろ要求するし、反抗もするし(苦笑)、手こずる可能性も大・・・。でも言い聞かせることも少しずつできるようになってきたし、離乳食とかも持っていかなくていい分楽だし、まぁ、そんなに大変なことになるとは思いませんが・・・。

とにかく久しぶりのリューネブルク、とっても楽しみです。数日間、いつものようにたらふく食べて、ひたすらのんびりしてきま~す♪


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、応援クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。