[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


彼の日本語レッスン

最近、またちょっと集中して彼に日本語の単語を教えています。覚えるとかなり積極的に使ってくれるので、こっちも教えがいがあるんですね~。

ベランダで夕飯を食べ、ビールを飲みながらおしゃべりしていたときのこと。あまりに暑いので「アイス食べたい!」と私が言うと、「ビールまだ残ってるよ。それ飲んじゃってからね。」と彼。そこですかさず「それ、日本語で言って」と言ってみました。

そんな難しい文章言えるわけがない彼は、「びーる」と言いながらグラスを指差し、続けてその指を私に向けました。まあそれで通じるけどね。「残ってる」は難しすぎるから、それを「ある」に変えて、「ビール、まだあるよ」というフレーズを教えてみることに。「ビール マダ アル ヨ」。何度か練習してこのフレーズはマスター。次の日もまだしっかり覚えていて「ビール マダ アル ヨ」と私に向かって、棒読みしてました(笑)。

そして「飲んで」も教えたのですが、「これは、『飲む』っていう単語ね」と言うと、この単語自体はすでに知っている彼、「何でそんな複雑な変化をするんだ!」と。「飲む、飲みたい、飲んで」・・・。全て違う送り仮名というのが納得できないと言うのです。

まあ確かに、文法を知らなければ納得できないですよねぇ。「見て」という言い方は知っていてよく使っているのですが、「見る」→「見て」は単純に「る」が「て」になってるだけなのに、何で「飲む」のときは「ん」が間に入って、最後が「て」じゃなくて「で」になるの?と。

日本語の文法はよく分からない私は、最後が「む」で終わる単語は、それが「ん」に変化して、その後に「て」じゃなくて「で」が付く、とか何とか説明したのですが、「のむ、のんで・・・」と言いながら、分かったような分かってないような顔をしてる彼。

でも違う単語で応用してみたかったらしく、「じゃあ、『タベル』は・・・」と自分で問題を出し、しば~らく考えた末、「トンデ!」。

「飛んで??」

いきなりそんなこと言われてびっくりしましたね~。ベランダから飛んで!って言われてるのかと思っちゃいましたよ。でもこれは彼なりに、ひねりにひねった使い方だったのです。「のむ」→「のんで」だから、「たべる」→「とんで」。

とりあえず、同じ語尾変化をさせてみたらしいのですが、なぜそこで語幹の「食(た)」を「と」に変化させたのかは謎です。しかも、「食べる」の場合、単純に最後の「る」を「て」に変えればいいだけなのに。

もちろん彼は「飛ぶ」という単語は知りません。「とんで」って「飛んで」って意味だよと言うと、彼も自分でビックリ(笑)。

また別の日に、私たちは陶器のショップをやっているんだし、今度はそれ関係の単語を教えてみようかな、と思って、「注文」とか「お店」とかを教えました。

すると彼は「オミセ?Laden(お店)は『や』じゃないの?」と。彼は「屋」のことを言ってるのです。「肉屋」とか「パン屋」とかいうのを知っているから、「屋」だけでも使えると思っていたらしい。

「屋」はそれだけでは使えなくて、必ず「○○屋」っていうふうに言うんだよ、と教えると、これは理解するのも簡単で、「そうなんだー」とすぐに納得。で、続いて言った言葉は「おさらや」。お皿屋・・・(笑)。私たちのお店のことだよね?まあ確かに私たちはたくさんお皿を売っているけど、「お皿屋」とは言わないよ、夫君。まあ通じるけど。

積極的に応用しようとする試みはスバラシイけど、へんてこな使い方することがやっぱり多いですね。私に笑い飛ばされているにも関わらず、めげずに試み続けるチャレンジ精神はちょっと見習うべきかも(笑)。

最後に、「陶器屋」とは言うけどね、と教えておきました。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆
関連記事


コメント

難しいですよね~!

こんにちは♪
言葉って、本当に難しいですよね。私にとって、ドイツ語ってすごく難しいけど、日本語勉強しているドイツ人の友達も「日本語は難しい!」ってよく言いますね。「ある」と「いる」の違いは何か?とか・・・
日本語を勉強している人を見るとほうっておけないので一生懸命教えてあげようと思うのですが、なかなかうまく出来ませんね。母国語でもうまく説明できないのに、外国語で説明するなんて~!しかも、言葉ってあいまいなものだし、日本語には敬語もあるし(汗)
それにしても、asamiさんの旦那様は教えてあげた日本語を積極的に使ってくれるなんて、嬉しいじゃないですかー!!!私も、間違いを恐れずに、ガンガン喋るクセをつけなければ・・・

なかなか・・・・

自分の国の言葉でも、教えるのは難しいですね~。教え方を習ったのなら別ですけど・・・・・・。だって、なぜそんなことで悩む?って事を聞かれる時ありませんか?
会話する時、そんなこと考えながら話してませんし・・・。逆に、外国語も、その国の人に教わるのが1番好きなんですけど、つまづく箇所を分かってくれるのは、その言葉を勉強した人。なので、日本人とかの先生に他の言語を習うのも好きです。
とんで!は好きでした。なぜ’と’になっちゃったんでしょうね。(笑)
・・・・はっ!笑ってられないんだ、私もそのうち、ドイツ語でこんがらがって不思議な変化をさせて新単語、作っちゃうかも!?

こんばんは。
陶器のショップ、お二人でやってらっしゃるんですね♪
夫婦共同作業はいいですね~。
日本語大変そうだけど、覚えようという気があるだけでも素敵☆
友人(日本人)の旦那様(フランス人)は、覚えようともしないそうです・・かなし~。。

微妙な違い

>maruさん
こんにちは。言葉って本当に難しいですよね。微妙な違いなんて、説明できない!「ある」と「いる」の違い、外国人にとっては難しいんでしょうね~。私が彼によく聞かれるのは、「は」と「が」の違い。それと、敬語も難しいですね。彼がこないだのバイオリンの発表会で、小さな日本人の子供にぶつかったとき、「すいません」って謝ってました(笑)。5歳くらいの子に・・・。
でも、間違えてもいいからどんどん使ってくれるのは、うれしいですね☆

そうですね

>Setteさん
文法って自分の国の言葉だと、ほとんど分からないですよね。考えながらしゃべったりしないし。彼もドイツ語の文法は全然分かってません。よく私がドイツ語の文法を解説したりするのですが、「へぇ~」と感心しながら聞いてます(笑)。
ネイティブに教わるのはもちろん最高だけど、日本人に教えてもらうと、理解できるのが早かったりするので、それはそれでいいですよね。私もドイツ語文法は全て日本語で習いましたし。
「とんだ」に変化させたのは、ほんとに何で??って感じですね(笑)。でも私もたまに妙なドイツ単語勝手に作ったりすること、いまだにありますからね~。ま、それもご愛嬌ということで♪

語学

>Mon plaisir ☆さん
そうなんですよ~。陶器ショップは二人でやっています。主な仕事は私がやっているのですが・・・。
語学って、向いている人とそうでない人がいるんですよね。うちの彼は向いているのかどうかは分かりませんが、とりあえず嫌いじゃないみたいなので、よかったな~と思います。少しずつでも覚えていってくれれば・・・!

おもしろい!

なんか、asamiさんと彼との日本語のやり取り?というか、話おもしろいですね~。私の友達にも外国の人がいて日本語が上手なのでついつい普通にしゃべっていると、それ何?って聞かれるれるんですが教えるのに難しいです。
「お皿屋」・・・かわいい響きですね。いいかも「お皿屋さん」。

お皿屋さん

>maki さん
maki さん、日本語の上手な外国人のお友達がいるんですね~。普段ペラペラしゃべってると、何でも分かるのかと思いきや、やっぱりそうでもないんですよね。私もそうですし。突然彼に「それ、どういう意味?」とか聞いて、彼も説明に苦労していることがあります。
「お皿屋」、かわいいですか?(笑) お店の名前、「ブリュームヒェンのお皿屋さん」にしようかな?(笑)

初めまして、ハジと申します。ドイツの美容院を探していたところこちらのブログに足を踏み入れてしまいました。

だんな様がドイツ人で、「食べる」が「飛んで」になってしまったという謎はもう解けましたでしょうか?
私の一推測ですが、「飲む Nomu」、「飲んで Nonde」
            「食べる Taberu」,「飛んで Tonde」 と言う風に最初のアルファベットはそのままで、最後にondeをつければよいと思われたのではないかと思います。
それでは、お邪魔しました。

>Hajiさん

はじめまして。
ご解説ありがとうございます(笑)。
彼の思考回路はそんな風になっていたんでしょうかね~。
あれから「飲んで」とか「食べて」とかいう言い回しは、いまだにマスターしてません・・(苦笑)。「見て」はよく使うんですけどね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/185-1af8374e

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。