[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は昨日までの暑さとは打って変わって涼しいミュンヘン。しかも雨。半袖じゃちょっと肌寒いくらいかも? さすが、天気の移り変わりの激しいドイツです。でもこの涼しさ、雨、うれしい!生き返るような心地よさです♪

             *  *  *

さて、ドイツに来たばかりの頃は、いろいろな「ビックリ」や「感激」が盛りだくさんでしたが、時々ここでそんなエピソードを少しずつご紹介していこうかなと思い、「ドイツ滞在・ドイツ移住」というカテゴリを作ってみました。今日は、ドイツ初日の思い出です。

私が初めてドイツに来たのは10年以上前。ミュンヘンの語学学校に1ヶ月間通う、という短期語学留学でした。

日本から、ミュンヘンのある小さな語学学校にコースとステイ先の申し込みをして、ちゃんと確認書も送ってもらって、準備万端でミュンヘンに向かいました。まだドイツ語を始めてたった1年だったので、辞書と旅行会話集が頼りの大冒険。

ミュンヘン空港に着き、そこから電車Sバーンで中央駅へ向かいます。あらかじめ語学学校の人と、中央駅で待ち合わせをしていたのですが、中央駅がどのくらい広いのかも分からないし、その語学学校の先生がどんな顔をしてるのかも分からないし、けっこう不安でした。当時はインターネットで事前に情報収集、なんて便利なことできませんでしたからね~。

Sバーンの中で一人で座っていると、向かいに座っていた女の人が突然ハッとして、「ここ、カールスプラッツ?!」とか私に聞いてくるのです。もちろんドイツ語で。私は「まだですよ。ここはマリエンプラッツ。」と教えてあげたのですが、大きなスーツケースを持っている若い日本人の女の子に、普通にドイツ語で尋ねるドイツ人にとってもビックリしました。「初めてのドイツで何で私、ドイツ人に駅を教えてるんだろ・・・」と(笑)。外国に住んでる人は、こういう経験をしたことがけっこうあると思います。こっちの人ってふつ~に外国人に道とか聞くんですよね。

中央駅で当然のごとく迷って、インフォメーションでいろいろ聞いて、ウロウロしているうちに、何とか語学学校の先生に会えました。「Asami?」とドイツ人の男の人が近づいてきて、それが先生だったのですが、いくらスーツケースを持った日本人がごく限られているとはいえ、大都市のミュンヘンの中央駅で、こういうテキトーな待ち合わせ方をするってすごいなーと思いました。会った場所は結局待ち合わせ場所じゃなかったし(笑)。←私がウロウロしてたからなんだけど。

無事会えると、早速ステイ先へ案内してもらうことに。二人で地下鉄に乗ってステイ先のアパートに行くと、赤ちゃんを連れた女の人がいました。この人のところにお世話になるのか~。若いファミリーだな~と思いながら、部屋を案内してもらったのですが、何だか様子がヘン?ドイツ語なんてほとんど聞き取れない状態だから、よく事情が分からないままことが進んでいったのですが、どうやらこの女性はここに住んでいるわけではなく、単なるこの部屋の持ち主らしいということを把握。そして、2部屋+キッチンのこのアパートには、別の女性が数ヶ月前から住んでいて、私はその人と二人でここに暮らすことになる・・・らしい・・・。そして、その女性はどうやらイタリア人・・・。

これって全然ホームステイじゃないじゃん!

ドイツにはWG(ヴェー・ゲー:Wohngemeinschaftの略=シェアアパート)というのがごく一般的で、若い人はよく2~3人で1つのアパートを借りて共同生活をしているのですが、これはまさにそのWG。でも当時の私はWGという概念すら知らなかったから、全然意味が分からなかった・・・。

何で私はイタリア人の女の人とここで二人暮しをするんだろう?という謎は解けないまま、語学学校の先生と家の持ち主の女性は帰ってしまい、一人アパートにぽつんと残されました。「あとでイタリア人の彼女が帰ってくるからね~」と言われて。

これはフツーの状況なんだろうか??「ホームステイをしながら語学学校に通う」っていうプログラムじゃなかったのか??・・・・・・・
本当に全く状況を理解できないまま、とりあえず荷物の整理をしたりしていると、そのうちそのイタリア人女性が帰ってきました。

私より10歳くらい年上の彼女は、ドイツ語ペラペラ。とっても感じのいい優しい人で、私のカタコトドイツ語を一生懸命聞いてくれ、ゆっくり簡単なドイツ語でいろいろ教えてくれて、とりあえずほっと一安心。

ようやく分かったのは、彼女は仕事で数ヶ月ミュンヘンに来ていて、その間、このアパートの一部屋を借りているということ。でも2週間後にはもうイタリアに帰ることになっているということ。

やっぱり全然ホームステイじゃない(苦笑)。ただの共同生活。ドイツ人家庭に滞在しながらドイツ語を学ぶつもりだったのに、事前に何の説明もなくて全然納得できなかったけど、このイタリア人の彼女がとってもいい人だったので、その日はとりあえずぐっすり眠ることができました。彼女の名前はマリカ。それからマリカとの楽しいミュンヘン生活が始まったので結果的には良かったのですが、このあり得ない状況、本当にビックリでしたね~。―つづく―


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆
関連記事


コメント

大変でしたね~

って、全然ホームステイじゃないぞ!気が楽、といえば楽ですけど・・・聞いた話と違うと、困りますよね~。でもいい人と出会えて、結果オーライ!でしょうか。
そうそう、道とか駅とか、よく聞かれますよね。オランダで時刻表の読み方聞かれたときはびっくりでした。わかりづれ~!(笑)
涼しかったんですね~!よかったあ。少し体を休ませてあげないと、疲れちゃいますね!かと言って、あまり気温差があるのも大変かな~。風邪とかひかないでくださいね!

人を選ぶ?

懐かしいね!
初日に道を聞かれてちゃんと答えられるって
それはasamiさんだからできたことだと思うよ・・・
私には絶対無理。ていうか、道聞かれたことないし。(笑)
きっとこの子ならいける!と、人を選んでるに違いない。
ちなみに私はあまりにもドイツ語が通じなかったため、
ホストファーザーからはほとんど英語で話しかけられた・・・
英語も微妙なのに。(涙)
「Oh,tan・・・」とパパはいつも嘆いてたよ。(涙、涙、涙)

初々し~い!

あさみさん、こんばんわ!
涼しくなったとのこと、よかったですね~。暑いと消耗しますよね。
九州は、一昨日から灼熱の太陽がギラギラジリジリです。
ドイツ涼しいと嬉しいな♪でも、あんまり涼しくなりすぎても寂しいですねぇ。(すごい自己チュー)

それにしても、今ではドイツでバリバリのあさみさんにも、そんな時代があったんですねぇ。(って、なんか失礼!?)映画みたいな、なんか甘酸っぱい風景が浮かんできました。
しかし、勇気あるなぁ。。。一人でいきなり1ヶ月ホームステイなんて、すごい!そういう積極性があるから、ここまでこられたんでしょうねぇ。
10年前は、私もかなりマジメにドイツ語勉強してたなぁ。。。なのに、なんだ、今の状態は???
なんか、人生っておなじ時間でもそれぞれいろんな道を歩くのね・・・なんて、ちょっと感傷にひたってしまいました。(夫に出会ってなかったら、私も語学留学してたかも。。。ううう。。。どっちがよかったのやら)
また、いろいろなエピソード楽しみにしてます!
是非、おちゃめなダンナさまとの馴れ初めなども。。。(日本語、がんばってくださいね☆なんか、すごくいい感じですね~♪)

外国人って・・・

>Setteさん
ほんと、あの時は大変でしたね~。何しろ初めてのドイツ、しかも初めての海外でしたから・・・。
Setteさん、オランダで時刻表の読み方聞かれちゃいましたか(笑)。説明するの難しそう。。外国人ってフシギですよね。
>風邪とかひかないでくださいね!
ありがとうございます!ほんと、涼しくなったのはうれしいけど、気温の差が激しいのは大変です。気をつけなくちゃ!

英語?

>tan
ホストファザーに英語で話しかけられてたの?(笑)
ドイツ人家庭にホームステイできても、いろいろあるのね(笑)。
私は今でもしょっちゅう道とか聞かれるんだけど、それは私がぼ~っとしてるからだと思ってた。
でもtanが道聞かれたことないってことは、それが理由ではないってこと?だってtanだってけっこうぼ~っと・・・(笑)あ、失礼!

あの頃は・・・

>uraraさん
こんにちは!「初々しい」ですか?(笑)そうですね~。考えてみると、私もずいぶんドイツ人化しちゃって、かわいげなくなっちゃいましたね(笑)。あの頃はいちいちオロオロしてたけど、今ではいちいち動じなくなりました。このアバウトな国で相当鍛えられたような・・(笑)。
uraraさん、ドイツ語歴長いんですね~!でも一度しっかり勉強したことがあると(しかも若いときに)、けっこう残ってません?ドイツ旅行で、バリバリドイツ語使ってきてください!私が当時よくやってたのは、ドイツ語旅行会話集のフレーズを丸暗記して使う、というもの。これがかなり通じるんで、けっこうオドロキでしたね~。
人生っていろいろですよね。私もドイツに来たことでとても充実した生活をすることができているけど、その分日本の家族とか友達とか、自分の育った環境から遠く離れた暮らしをしなければいけなくて、自分で選んだこととは言え、寂しくなることもありますしね~。

ドイツは今日はまた暑くなるそうです。本当にせわしない。でも30度以下でとどまってくれるようなので、辛くはなさそうです。暑すぎるのもイヤだけど、夏なのに涼しすぎるのもイヤですよね。それではまた~。

はじめまして

こんにちは~同じカテゴリーから飛んで来ました。
最近FC2ブログを始めたばかりのMagguiと申します。
ミュンヘンにお住まいなんですね!一昨年ワーホリでミュンヘン近郊に滞在しミュンヘンVHSに通っていました。日本食材店やレストランも多く、都会なのに治安もいいミュンヘン、とても住みやすい街ですよね~。年内にまた移住する予定なので興味深く読ませてもらいました。また遊びに寄らせていただきます。それでは、また。

はじめまして!

>Magguiさん
コメントありがとうございます☆
Magguiさん、ミュンヘンにいらっしゃったんですね~!そして、年内にまた移住!ですか?今は準備で忙しいのでしょうね。
ミュンヘンは本当に住みやすいところですよね。年数が長くなるにつれ、そんな気持ちが強くなります。以前はドイツの他の街にも住んでみたいなーなんて思っていましたが、今では「ミュンヘンを離れたくない!」って気持ちの方が強いですね♪
また遊びにいらしてくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/186-e95408f2

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。