[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日も、初ドイツエピソードいきます。

10年前のミュンヘン語学留学中、何を思ったか、私は美容院に行きました。見るもの食べるもの、全てが新鮮で興味深く、とにかく何でも体験したかった。好奇心が爆発していたような感じです。

だから、1ヶ月の間に髪がそんなに伸びるわけはないのに、どうしてもドイツの美容院ってものを体験してみたくて、ミュンヘンのある小さな美容院に入ってみました。でも何で「美容院」なんだろう??今考えてみると、不思議です。別にドイツの美容院が有名とかそういうわけじゃないのに。

つたないドイツ語で美容師さんにお願いしたのは、カットとカラー。
髪を赤くしてください」ってお願いしました。そう、これも今思うと不思議なのだけど、ドイツで赤毛にしてみたかったんです。何でだろ?(笑)

40代くらいの女性の美容師さんは、「OK!」と言って、いきなり赤のカラーリング剤を私の髪に塗り始めました。事前のシャンプーも何もなしで・・・。私は髪にワックスとか付けてたのに、それを洗い流すこともせず、本当にいきなりベタベタと塗られたのです。

で、髪が赤く染まると、「ん~~♪いい色ね~♪」と言いながら、すごい勢いで髪をカットしていきます。そのスピードは、異常なほどに早かった。だ、だいじょうぶかな・・・とかなり心配になっていた私ですが、終わってみると、ほんと、「ん~~♪いい感じ♪」(笑)と言いたくなる仕上がり。

シャギーを入れてなんて一言も言っていないのに(そんな難しいことは当時のドイツ語力では当然言えませんでした)、すごいかっこいいシャギーが思いっきり入っていて、頭全体が真っ赤(というか、オレンジ。私の髪はオレンジになりやすいらしい)。「schneiden(カット)」と「rot(赤)」、この二言でこんなにかっこいい髪型にしてくれるなんて!もうそれはそれは大満足でした。

美容院を出ると、その足で語学学校の生徒と先生たちの飲み会へ。突然の変貌ぶりにみんな一瞬驚いていましたが、「似合ってるよ!」とほめてくれました。

あの美容師さん、雑だったけど、かなり腕が良かったんだと思います。でも、私はたまたまあの髪型が気に入ったから良かったけど、「カット」って言われただけであんなに大胆に切っちゃって、失敗することとかないんでしょうか?それともあの人は、お客の潜在的な好みを見抜く力があるのか・・・?

そうそう、「雑」と言えば、首回りがすごいことになっていました。セーターの首のところには細かい髪の毛がいっぱい付いていて、襟ぐりは赤く染まっていました。。日本じゃ絶対ありえないですよね。。

でもドイツの美容院で満足のいく髪型にしてもらえたって言うのは、すっごいラッキーだったんだと思います。ドイツに限らず、ヨーロッパの美容院ですごい髪型にされた日本人の話はよく聞くので・・・。
いや~本当にラッキーだったんだなぁと、後になってつくづく思う出来事でした。セーターは染まっちゃったけど(苦笑)。


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆
関連記事


コメント

見てみたかった!

すごーい!
私も海外で美容院いってみたいなぁとはおもったけど・・・カットまではわかるような気がするけど、染めるなんて!すごいですね。勇気あるなぁ。
カットしてくれた人は腕よかったんですね。色は真っ赤ではないのですか?私は昔の恥ずかしい過去・・・の時真っ赤にしてました。若気の至り?
asamiさんの赤毛の姿見てみたかったです!似合いそうですね。

早速のコメント有難うございました。
渡航準備、まずは航空券探しから始めています。ミュンヘンでの住居探しも一苦労です。

あ、私もAsamiさん同じくドイツの美容院を試して見たく、トルコ系美容室へ行って、ドイツ語全く理解できないのに(逆にトルコ人全員英語通じず)こともあろうにパーマをお願いしたら・・・アフロになって本当にあの時は呆然とした記憶が(笑。ストパー剤を日本の友達から持ってきてもらう半年後まで、そのまんま放置していたんですけどあれはすごかったです~。Asamiさんは赤毛にチャレンジされたんですか!アフロよりもすごいかも??でもドイツのパーマは髪がすごく傷みやすいし、次はチャレンジしたくないな~(苦笑。
あと、もしよろしかったらリンクさせてもらってもよろしいでしょうか。

赤毛

>makiさん
一度脱色してから色を入れればちゃんと赤になったんでしょうけど、髪の傷みが激しそうで、脱色はいつも避けていたので、なかなか真っ赤になりませんでした。日本でも「できるだけ赤くしてくださいっ!」ってお願いしていましたが、いつもオレンジ系になりましたねぇ。そのオレンジも月日が経つにつれて、金髪みたいになってくるし(笑)。まぁ、若い頃はいろいろありますよね(笑)。
それにしてもmakiさん、真っ赤にしてたなんて・・・!最近makiさんの意外さにびっくりさせられっぱなしです(笑)。

すごい!

ワックスつけたままカラーリングなんて!成功でよかったですね!
染めたくなる気持ち、わかります!私も旅行中染めたかったです。赤に。なぜか、ヨーロッパで染毛=赤って言うのがあって。ニュルンベルクのモッズ、試すべきだったか・・・・・(悔)
海外でも、日本でも、皆1度くらい失敗しますよね~。特にパーマはギャンブルです♪昔友達が、パーマをかけたらローヤルゼリー(当時、ちょっと前のCMで、絵の女の子がスフィンクスより更なる広がりヘアで描かれていた)になった!と騒いでました。懐かしいわあ。(笑)

美容院

>Magguiさん
渡航準備は大変ですよね。がんばってくださいね!
Magguiさん、トルコ系の美容院行っちゃったんですか??勇気ありますね~(笑)。トルコ系のところでアフロ、すっごいありそうで笑えます。こっちってちょっと変ですよねぇ。髪の毛とか自分でドライヤーするところ多いし。
リンクはご自由にどうぞ☆ どうもありがとうございます!

失敗

>Setteさん
旅行中って染めたくなるものなんでしょうかねぇ?
>ヨーロッパで染毛=赤
確かに!そう言われて思い出しました。今もけっこういるけど、当時のドイツは赤毛の人がすごくたくさんいて、「自分も染めたい」という気持ちがさらに強くなって美容院に行ったんだと思います。

美容院での失敗・・・けっこう多いですよね。パーマは確かにキケン。でも私の髪はパーマがかかりにくいらしく、爆発した経験とかは幸いありません(笑)。髪を青がかかった黒にしてくださいと言って、深緑になったことはありますが(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/189-298a4da1

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。