[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャベツのサラダ

キャベツサラダ今日はドイツのキャベツサラダをご紹介します♪ ドイツのキャベツ料理といえば「ザワークラウト(キャベツの塩漬け)」が有名ですが、これは酸っぱくて苦手という人も多いと思います。でもこのサラダはちょうど良い酸味。シャキシャキと歯ごたえのあるキャベツ、もりもりいけちゃうと思います。

ただ、ザワークラウトにもキャベツサラダにも、Kümmel(クンメル=キャラウェイシード)が入るので、この味が苦手な人はパスしてください・・。キャラウェイシードは、ドイツではお料理やパンにとてもよく使われるハーブです。

ところでドイツのキャベツと日本のキャベツは、かなり違います。ドイツのはとにかく硬い! ぎゅっっっと詰まっていて、葉の間にすき間が全くありません。当然ものすごく重いし、切るのも一苦労。味も違いますね~。ドイツのキャベツは、ちょっと根菜っぽい風味があると私は思います。硬いので、日本のような炒め物には向きません。煮込むか、ザワークラウトにするか(ザワークラウトは今では市販のものを買う人が多く、自分で作る人はあまりいないようですが・・・)、サラダにするか、そんな使い方をします。

サラダの場合、硬さを少し和らげるためにちょっとお湯に通したりもしますが、私は生のまま作ります。シャキシャキ感がたまらないんですよ~。ほんと、もりもりいけちゃいます。


【材料】
キャベツ一玉

粉砂糖 ディナースプーン1杯
赤ワインビネガー ディナースプーン5杯
野菜ブイヨン 125cc
サラダ油 ディナースプーン2杯
黒こしょう
キャラウェイシード(粉末) 少々
ベーコン 100g

【作り方】
1.キャベツを千切りにしボウルに入れ、塩を軽く振りかけ混ぜる。

2.粉砂糖をフライパンで中火にかける。カラメル状になったら赤ワインビネガーを入れ、半分くらいの量になるまで水分を飛ばす(20~30秒)。ブイヨンを入れ沸騰したら、1のキャベツに回しかける。よく混ぜ合わせ、サラダ油を加え、塩、こしょう、キャラウェイシードをかけて混ぜる。お好みで砂糖を少々加えても。

3.ベーコンをサイコロ状に切り、フライパンに油(分量外)をひいて炒める。カリカリになったらキッチンペーパーに取りあげる。キャベツに混ぜ合わせてできあがり。


※キャベツは日本のサイズで一玉くらいでいいと思いますが、日本のキャベツがどのくらいの大きさだったか忘れてしまったため(汗)、量は様子を見ながらご判断ください・・・。

※赤ワインビネガーは白ワインビネガーでも、野菜ブイヨンは普通のブイヨンでもいいと思います。

※柔らかめが好きな場合は、2のあと、ボウルにラップをして少し置いておくとしんなりします。が、日本のキャベツだったらそれほど硬くないので、必要ないでしょうね。


キャラウェイシードの風味がとてもドイツらしいサラダです。みなさんも、もりもりいってください♪


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆
関連記事


コメント

野菜

国によって違うから調理法も変わりますね~。大きさとか食感も違うので、一度食べてみないとわからないわあ(食べるのが好きなだけ、という疑惑も・笑)しゃきしゃき感のあるキャベツ、今から楽しみです。

やっぱりステキ

今回、お料理を盛り付けているブンツラウアーもステキですねえ。「どれにしようかな」と迷っている状態なので(といっても、楽しい悩みなのですが)、こうやって紹介して頂けると非常に参考になります。キャラウェイシードというハーブ、初めて知りました。酸っぱいのが好きなので、ザワークラウトでも全く問題はないのですが、このサラダもとってもおいしそう! キャラウェイシードを買って、チャレンジしてみようと思います。
実は、どうやら食あたり(お昼に1人で食べたサトイモグラタンの材料のサトイモか辛子明太子が原因と思われる)を起こしたらしく、一昨日の夜から殆ど身動きできない状態でした。いまはパソコンを打てる状態にまで回復したので、Asamiさんの時に比べたら、症状は随分マシなのでしょうが、あれは苦しいですね。寝込むこと自体、数年ぶりだったので、一層応えました。

キャベツが

安くなっていますから、こうしてがつがつ食べちゃうのもいいですね。キャベツのサラダ、おいしそうです。近くに粉末状のキャラウェイシードがあるかどうか…ですが(ホールはありますが)、あったら作ってみたいと思います。

spitzkohl

これってspitzkohlとかの軟らかいキャベツで作ってもおいしそうだね。今度試してみよっと♪
おいしいレシピ情報、ためになりました!

大きさ

>Setteさん
野菜の大きさってほんと、国によって違うんですよね。こっちのきゅうりは巨大だし、玉ねぎは逆にすごく小さいし。味も微妙に違うから、調理法も自然と違ってくるんですね。

お大事に・・・

>haruさん
大丈夫ですか??haruさんも食あたりだなんて・・・。あれ、苦しいですよねぇ。熱が出るのとはまた全然違った苦しみですよね。どうぞお大事になさってくださいね。
キャラウェイシードは、日本ではあまりポピュラーではないですよね。ドイツではかなり頻繁に使うハーブなんですが。ブンツラウアーの模様選びってけっこう難しいですよね。私も自分たち用に使うのをどれにしようか、ほんと延々と悩んでしまいます。とっても楽しいんですけどね♪

キャラウェイシード

>valvaneさん
キャラウェイシードは粉末でなくてもOKだと思います!キャベツのサラダやザワークラウトでは、ホールのものを使うことも(使うことの方が?)多いので。がつがついってくださいね~♪

柔らかいキャベツ

>busuke
Spitzkohlは柔らかいから、サラダには向いてるよね。切るのも楽だし。キャベツサラダ、試してみてね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/232-8a36d817

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。