[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年は豚年?!

リューネブルク

これはリューネブルクの中心「Am Sande(アム・ザンデ)」。バスとタクシーのターミナルです。以前書いていた旅行記で紹介したことがありますが、このブログではまだあまりリューネブルクの写真を載せていなかったような気がします。立派なレンガの建物がずらっと並ぶ様子は、本当に美しい! リューネブルクは町全体がこんなレンガの建物でできているんですよ。

リューネブルク

ターミナルの反対側はこんな感じ。同じように立派な建物が立ち並んでいます。

彼と知り合う前は行ったことがなかった町でしたが、初めて行った時は本当に感激しました。それ以来年に2回訪れていますが、今でもその感激は薄れませんね。

で、タイトルの「豚年」というのは・・・。
元日、おばあさんに突然「日本では、今年は豚年なんだって?」と聞かれ、何のことかと思っていると、おばあさんが取っているリューネブルクの地元新聞の新年版を見せてくれました。一面に、「今年は豚年」と大きく書かれていて、豚の写真が載っているのです。よく読んでみると、「日本では今年は豚年にあたる」と書かれていて、日本での新年の迎え方などが紹介されていました。

「豚・・・?干支に豚なんてあったっけ??」と私は何が何だかわけが分からず困ってしまいました。ドイツ生活が長くなるにつれて、今年の干支は何かというのと、平成○年というのが全く分からなくなってきているので、私はついに干支の種類までもすっかり忘れてしまったのかと思いました。

少し考えてやっと分かりました。豚じゃなくて、イノシシのことなんだ!と。ドイツ語では豚は「Schwein(シュヴァイン)」、イノシシは「Wildschwein(ヴィルトシュヴァイン)」。野生の(=Wild)豚(=Schwein)という意味なんですね。そこから「日本では豚年」ということになってしまったようなのですが、日本人にとって豚とイノシシは別物なので、何だか「豚年」なんて言われるとちょっとやだなーと思ってしまいました(笑)。

人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったらクリックしてくださいね☆
関連記事


コメント

豚年か!?

似てると言えば似てますけどね・・・・・・・。私、英語でイノシシ、Wild boarで覚えてたので、意味見たらA large wild pig with long hair。boarは何と思ったら1.A wild pig 2.A male pig って豚じゃんか!イノシシって豚なのか~。一応違うものかと思ってたのに・・・・・。(笑)そういえばインドでは豚さんに3歳の子が食べられちゃったらしいです。豚さんには激しいイメージなかったけど、イノシシみたいに勇ましい部分もあるんだ・・・・(怖)
リューネブルクきれいですね~!建物の色も形もきれい♪実物が見たいよ~!

>Setteさん

英語でもやっぱり「豚」ですか(笑)。日本人にとっては、豚とイノシシって同類って意識ないですよねぇ??でも言われてみると、顔とか何気にすごく似てる・・とか思います。
インドでそんなことがあったんですか?!恐ろしいですね・・・。

リューネブルクの町並みって、ミュンヘンとは全く違いますよね。同じドイツとは思えないくらい・・・。どちらもそれぞれの魅力がありますけどね♪

わかる (*'o'*)

海外で、豚年と言われてるの、何となくわかります。
正直、今まで”猪”って[野生の豚]だと思ってました、私。

ちなみに、彼がネットで毎日現地新聞をチェックしているのですが、やはりそこでも”豚”で紹介されていました。

他には、何故か5日のマヨルカ新聞の記事に、横綱・朝青龍が明治神宮で奉納土俵入りをしたことも。

ミュンヘンでは、どうですか?
ドイツ人が報道するニッポンの面白いニュースってありますか?

ところでミュンヘンはドイツで一番気になる場所で、いつかマヨルカから週末旅行に出掛けたいと思ってますが、リューネブルクもホント良いですねぇ。
この街のどこかのカフェでコーヒーとパンを目の前にしている自分を想像してみました。

ぶ…豚ですか。

いや、好きなんですけどね、ぶたさんも^_^;
イノシシ=野生の豚なんて、まったく思いつかなかった発想でした。
またドイツの新たな魅力を発見(笑)
イノシシも、よく見ると結構可愛いんですけどね~。ウリ坊。

>salahさん

マヨルカでもやっぱり「豚」でしたか~。面白いですね。お相撲さんのことまで載っているとは、ずいぶんマニアックですね~(笑)。こちらでもケーブルテレビで相撲の録画とかやってたりしますが・・・。
今はぱっと思いつかないのですが、日本の面白記事、ありますよ~。あと、日本人が出てるCMとかもけっこうウケます。

ミュンヘンもリューネブルクもオススメです!リューネブルクは小さな町で、特に有名な美術館などがあるわけではありませんが、町並みを見てるだけで楽しいな~と思います。

>ポンゴメリーさん

やっぱりこの発想、日本人にはちょっとびっくりですよね。ドイツの魅力、ですか(笑)?
豚さん、私はちょっと怖いんですよね~。あの勢いが・・・。イノシシはさらに怖いです~。

中国・韓国では豚年

夕べ、ラジオを聴いていたら韓国では2007年は黄金の豚年だとか。在韓の方のコメントでしたが、「中国から伝わったので詳しくはわからない」と言っていました。
日本はイノシシ年、お隣では豚。
似てるといえば似てるけど・・なんか違う。
韓国では「豚年」ってそれも「黄金の豚年」は金運がいいそうです。
だから、豚の貯金箱か・・って思いました。

ひよこ年って言っている私です。

アメリカでも「豚年」・・・

はじめまして。少し前のページにコメントしてしまいました。
私は2005年から米国のコネチカット州に住んでいます。

「豚年」のことですが、私の義父(スエーデン出身)が今年年男なので、去年日本に一時帰国した折に「亥」の置物を買ってきてプレゼントしたところ、その後何度も「PIGをありがとう!」と言っていました。私の両親にも礼状を出してくれて、そこにも「PIGの置物をありがとう」と書かれてあったそうです。母が「PIGって何のこと?」と言っていました。(笑)
干支に馴染みの無い国民ならではの反応かもしれませんね。

ドイツ暮らし、良いですねえ。私はドイツには何度か行きましたが、大好きです。食べ物も国民性も空気もそして音楽も・・・ドイツは、日本人の感覚と相通じるものがあるような気がします。あああ、シュパーゲルが恋しいです。

アメリカ生活はドイツ生活とは正反対だと思います。無味乾燥で食事も不味くて・・・ヨーロッパが恋しいです。
またうかがわせていただきます!

>kuri-mさん

中国、韓国では豚年なのですか??干支って同じだと思ってました(きっと大体は同じですよね?今まで中国の友達と干支の話をしても大きく食い違ったことはなかったので・・・)。ドイツの新聞に載っていたことは、中国や日本の情報がごちゃ混ぜになってしまったということなんでしょうかね~?お隣の国でもちょっとずつ違って、面白いですね。

>Hannaさん

はじめまして!コメントありがとうございます☆
アメリカにお住まいなのですね。ブログ拝見しました!写真がとってもきれいですね~。また遊びにいかせていただきます。(パンを食べてしまったネコちゃんのお話、かなりウケました。笑)
アメリカも豚ですか・・・。何だか世界の多くの国で、「イノシシ」は「豚」扱いのようですね。もしかしてイノシシを豚とは全く別の動物扱いしてる日本が特殊なの??と思い始めています。
ドイツにもいらしたことがあるのですね!ドイツの空気っていいですよね~。落ち着いていて、ゆったりとして、温かみがあって。私はアメリカへは行ったことがないのですが、お食事の話は・・・よく聞きますね(汗)。
また遊びにきてくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメさん

コメントありがとうございます!
そのようなホテルがあるんですね~。残念ながら知らないのですが・・・。お役に立てずごめんなさい~!
ALNATURAという全国でチェーン展開しているBio専門のスーパーマーケットはいいですよ♪ 品揃えが豊富で店舗もきれいで。あとフライブルクにあるAltstadt Cafeというところは、Bioのケーキやコーヒーを出しているカフェで美味しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/250-31979d72

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。