[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美術館でステキなひと時

アルテ・ピナコテーク

ミュンヘンには3つの「ピナコテーク」という、時代ごとに分けられた美術館があります。写真は、中世~18世紀ごろまでのヨーロッパ絵画が展示されているアルテ・ピナコテークの中央の階段です。窓から優しい光が降り注ぎ、とってもいい感じ。ここを上っていくと、ヨーロッパ各国の素晴らしい絵画が見られる芸術空間が始まります。19世紀に建てられたこの建物自体も雰囲気があり、何ともいい気分で絵を見て周ることができます。

アルテ・ピナコテーク

こちらは、館内にあるカフェ。私は特にこのカフェがお気に入り♪ 他の二つのピナコテークにあるカフェはごく普通で、別に特に入りたいとも思いませんが(ノイエ・ピナコテークのカフェは個人的に、どちらかというと好きではありません・・・)、このアルテ・ピナコテークのカフェはとってもエレガントでいいんですよね~。

2007-0126pinakothek3.jpgカプチーノもおいしいし、ケーキも今まで食べたものは全てグッドでした☆ これはその中の一つ、チョコレート&生クリームのケーキ。カットがあまりきれいではありませんが、これでもかというくらい濃厚な味で美味しかったです♪ 下の黒い部分はケーキというよりチョコレートという感じで、ねっとり重く、そしてかなり甘く、上の生クリームもドイツにしては甘くて、しかもこの量。カロリー爆弾みたいなケーキでした。

とっても美味しかったけど、ちょっと大きすぎ(笑)。フランス菓子のような味・甘さだったので、それをドイツのケーキのサイズで出されると、かなりキツイものがあります(笑)。ということで、珍しく完食はできませんでした。それがちょっともったいなかったですね。適量なら美味しいものも、多すぎると最後の方はその美味しさも半減してしまいますからね。こういう系のケーキは、フランス菓子みたいなサイズにすればいいのに、と思いました。

でも後で知ったのですが、このカフェはイギリスカフェだそうです。ハンドメイドのケーキもイギリス菓子なんですって。イギリスのケーキってあんまりイメージがわかないのですが、こういう感じなのかなぁ??

彼が「この生クリームは甘い」と言っていました。生クリームは普通甘いものだと思うのですが(笑)、ドイツのケーキの生クリームはかなり甘さ控えめなので、日本人にとっては普通の甘さでも、彼にとっては普通以上に甘かったみたいです。

・・・と、美術館の話のはずだったのに、いつのまにか、いつものようにケーキの話になってしまいましたね(笑)。

アルテ・ピナコテークはカフェもグッドなので、美術館で過ごす時間がさらにステキなものになるような気がします。古い絵画の美術館なので、宗教画が苦手な人にとっては、19世紀以降の「ノイエ・ピナコテーク」の方がいいと思いますが・・・。

オールアバウトでアルテ・ピナコテークに関する記事をアップしています。展示内容についてはそちらをご覧ください。

→「ヨーロッパ絵画の宝庫アルテ・ピナコテーク」


人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


コメント

すごいね・・・

すごいね、このボリューム・・・
美味しそうだけど、この量は無理だなぁ。
でも私の大好きなチョコレート。
食べてみたいです。
カフェの雰囲気も素敵☆
ついつい食い気に走ってしまうよ。(笑)

おいしそう

大きなケーキだけど、おいしそ~!
ドイツのクリームは甘くないんだね。
このケーキ、食べてみたいなぁ。
美術館も素敵だね。
美術館は絵画だけじゃなくて、建物自体も
趣が有ったりするから好きだな。

ミュンヘンに行った時は是非!

ミュンヘンに行った時は是非訪れたい場所ですねぇ。

美術館巡りはとても好きなので、これは必ず覚えておきますね。
宗教画も好きです。
展示内容もしっかり拝見しました。
これは!って思う内容で益々興味が湧きます!

カフェのひと時も、大切なポイントですよね。
今回のケーキ、なかなかの手ごわいヤツですね。

でも、「食べられなーい!!!苦しい!!」と言いながらも、わたし食べてしまうかも!(*'-'*)



行きたいなあ

子育てに追われている私は、こういう優雅な雰囲気とは無縁です。子供を連れて行ったところを想像してしまいました。きっとこの広ーい美術館の中を、幸せ気分いっぱいで走り回るんだろうなあ、うちの息子たちは。

やっぱりドイツのケーキはすごいね。長男がこの写真を見て、行きたい!!といっていますが・・・・・、またこんどね。

>tanちゃん

やっぱ食い気は大事よね(笑)。
実はこのカフェに行くのが、半分お目当てだったりする。
もちろん展示そのものも素晴らしくて、何時間もじっくり見ちゃうけどね~。

>ぷ

そうなの。ドイツのクリームって意外なほどに甘さ控えめなの。でなきゃ、そんな大量に食べられないからね(笑)。
美術館は雰囲気そのものも楽しめていいよね。優雅な気分になれる♪

>salahさん

記事の方も見ていただいたようで、ありがとうございます♪
宗教画もお好きなら、アルテ・ピナコテークはきっと楽しめるでしょうね!カフェにもぜひ行って、こんな手ごわいケーキに挑戦してみてください(笑)。私もがんばったんですが、最後の最後で断念しました・・・。ケーキ好きとしては無念でしたね~(笑)。

>shima

子育て中は、なかなか優雅なことできないよね。でもこの美術館、小さい子供連れの人けっこういるよ~。ベビーカー押してる人とかも。でも上の子が「いきたい」って言ってるなんて!かわいい~♪ぜひいつか来てくださいな。

はじめまして

まじめまして!ドイツのブログを探していて、見つけました。
ミュンヘンつながりで、ちょっとうれしくなり、コメント書きました。

こういう美術館等の建築物って日本にはないですよね。
普通に図書館行っても圧倒されます。
それにこのケーキの大きさ!
自分は男性ですが、かなり甘いもの好きです。
なので最初ドイツのケーキは嫌いでした。。。
でも慣れると、最近では
このぐらい大きな、甘くないのを求めてる自分がいます。
これからちょくちょくとこちらのブログに立ち寄りますので、
よろしくおねがいします。

またまたお邪魔します。まめちです。
美術館巡りをライフワークとする私は、暇を見つけてはアルテ、ノイエ、モデルネに行ってきました(←ほんとに仕事してたのか!?私)
中でもアルテは素晴らしかったです。
ルーベンスの大作に酔いしれ、「フランダースの犬」の最終回を思い出して涙しました。
ミュンヘンではケーキ、全く食べなかったんです。写真を見て、「食べておくんだったぁ」と後悔・・・

やっぱり、もう一度行かなきゃ。ドイツ。

>supermacさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
ミュンヘンにお住まいなのですね!こちらの建物って本当に趣きがあっていいですよね~。そうそう、普通に図書館とか行ってもすごい歴史的な建物だったりして、何と贅沢な!と私もよく思います。
確かにドイツのケーキは、甘い物好きな人にとっては最初、ちょっと拍子抜けするかもしれませんね。でも日々食べていると、すごく自然で優しい味のするドイツのケーキの良さにはまっていくのかもしれません。
ブログ、拝見しました。奥さまの刺繍サイトがとっても素敵で感激してしまいました!また遊びに行かせていただきますね♪ こちらこそどうぞよろしくお願いします。

>まめちさん

こんにちは!ピナコテーク、全て周られたのですね~。どれも、それぞれにいいですよね。アルテのルーベンスの部屋は、ほんと見ごたえありますよね。私も時間さえあれば、もっと頻繁にピナコテーク通いしたいです。次回いらした時は、ぜひぜひケーキもお試しください!

うわ。

スミマセン。食いしん坊万歳な私、ついついケーキの方にクギヅケです^_^;
デッカイ!チョコたっぷり!生クリームもてんこもり♪好きです~こういうの。
見るからに激甘そうで胃がもたれそうですが…食べたいです。
ドイツの生クリームって甘さ控えめなんですね!
日本の方が甘いとは、ただただ意外でした。
ますます気になります~(笑)

>ポンゴメリーさん

胃がもたれそう・・・強烈に甘そう・・・と思っても、「食べてみたい!」って気持ちのほうが大きいですよね~(笑)。私もまさにそんな心境でこれを頼みました。そしてやはり予想通り、ギブアップしました(笑)。
そうなんですよ。ドイツの生クリームは甘さ控えめのものが多いんです。時々「甘っ」ていうのもありますが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/263-156c5529

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。