[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


玄関が欲しい・・・

ミュンヘン

写真はピナコテーク周辺の町並み。黄色い建物は、ミュンヘン工科大学の一部です。実はこれ、去年の2月に撮った写真。でも現在のミュンヘンの町並みも、雪の残り具合はこんな感じです。昨日から今日にかけて、ずいぶん雪が溶けてしまいました・・・。先週は、雪の中をざくざくと歩く感じだったのに。せっかくすごく寒くなったのに、その寒さが続かないみたいです。今年は。

さて、毎年そうですが、雪の中を歩くと靴が雪だらけになって、靴の裏にくっついたまま残っている雪と一緒に家の中に入ることになります。こちらには日本のような玄関はないので、家の中の床が非常に汚くなってしまいます。

日本では、欧米人は家の中でも靴を履いたまま生活をしている、というイメージがあると思いますが、ドイツでは家に入るときだいたいみんな靴を脱ぎます。(他の国でもそうなのかな?)

ちゃんとハウスシューズを持っていて、実は日本とあまり変わらないスタイル。でも日本のような玄関の仕切りがないので、靴は脱ぐものの、その汚れた靴を家の中に置く、という感じで、家の中が非常に汚れやすいのです。雪が付いた靴からはしずくが床にいっぱいたれるので、毎回外から帰ってきて靴を脱ぐ度に、床をふかなければなりません。

普通のフローリングの床なので、いくらドア付近とは言え汚れたままにしておくのは嫌ですしね。

家の中では基本的に靴を脱ぐのに、玄関の仕切りがない。そして、基本的に靴は脱ぐけど、靴のまま家の中に入ることもある。例えば出かけるとき靴を履いてしまってから忘れ物に気づいた時、靴のまま部屋の中に入っていったりします。

ちょっとだけ人の家に上がる時も、靴を脱ぐ習慣はありません。例えば年に一度水道のメーターをチェックしに来るおじさんは、当然靴のまま家の中に入り、各部屋のメーターをチェックして回ります。

でも友達の家などに遊びに行く場合は、だいたい靴を脱ぎます。「靴、脱いだ方がいいよね?」と聞くと、「別にどっちでもいいよ」と言われることもあり、その場合は、靴を履いたままの人と、くつ下の人がごちゃまぜになっていたりします。

でもドラマなどを見ていると、靴を履いたままベッドに横になってるシーンとかもあり、これだけはさすがにマネできない・・・と思います。でも私は、彼の家族とか親戚で靴のままベッドに寝っころがってる人は見たことないのですが、実際どうなんでしょう?そういう人はけっこういるんでしょうかね?

そんなだから、土足のまま家の中に入って室内が汚れることに抵抗がないのかと思ってると、そうばっかりでもないみたいで・・・。

以前ホームステイしていた家のドイツ人のおばさんが、お友達のホームパーティー(新しい家のお披露目パーティー)から帰ってきたとき。「せっかく新しいピカピカの家なのに、ゲストがみんな靴のままだったから、新品の床が一気に汚くなって傷も付いて、ちょっと哀れだったわ」と言っていました。

まあその辺りの感覚は人それぞれなんでしょうが・・・。私のお義母さんは夏の暑い日、はだしで庭を歩いていて、土で汚れた足のまま普通に家の中に入っていましたから(笑)。っていうか、はだしで外を歩いていたことにビックリだったんですが。彼も「ちょっとお母さん、はだしで外歩いてんの?!」と突っ込んでました(笑)。

人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


コメント

雪スキです。

雪、好きですねぇ。
少ないですね。ドイツでないみたい。
私のイメージでは、結構雪がこんもり積もってる感じでした。
そうすると、冬の洋服とか暖房器具とかあまり売れないのでは?
。。。って、何でそんな心配するかな?わたしったら。

靴脱ぐ習慣ならいいですね。
家帰ってきて、窮屈な足のままでいるのは、いやですよね。
ちなみに、わたし、冬でも裸足で部屋にいるので、「見てるだけでも寒いから、靴下履け。」と旦那さんに言われてます。
たしかに、冷たくなってるけど、裸足は気持ちがいいもんです。

残念ですね~

もう雪とけちゃったのか・・・・・・。
靴、スウェーデンの友人宅、ご両親宅では脱いでました。イギリスでも友人宅では脱いでました。皆はいてるもんだと思ってたのでこちらがびっくりしました。
履くか脱ぐか決まってる方が好きです。出来れば家では脱ぎたいな~。(でも忘れ物ははいたまま行っちゃいました・汗)
私も、ベッドの上に靴では横になれません~。外にはいていったジーンズとかでベッドに腰掛けるのも避けたいタイプ(そういうところは神経質・笑)

はじめまして。
ふらっと立ち寄りました。

来週はフランクフルトに行く予定ですが、
雪が降ってるみたいですね。
個人的には解けてしまってることを
期待してます。

日本でも、ホテルでは靴を履いて部屋に入りますよね。
とりあえず、靴を履いたまま、ベットに横になると
なんともいえない感覚。
罪悪感?少し悪いことしてる気も、汚いような感じも。
映画のワンシーンを演じてる気も??

ちゃんと玄関で靴を脱ぐ文化は、体に染み付いてます。
また、覗きにきます。
では。

それはちょっと・・・

靴といえば、スペインの田舎出身の私の義理の母は、なんと靴を、台所の流しで洗っていました。もう絶句。家の中はいつもぴっかぴかで、ほこり一つない清潔な家なのに、実はこんな面があったのね。

靴や、床、足に関する感覚は、やっぱりぜんぜん違っているよね。私は、家の中に入るときは、自分のうちでも他人のうちでも必ず脱ぐようにしています。どうしても、失礼だと思ってしまうのよね。

>salahさん

そうなんですよ。冬用品は売れなくて、大変みたいですよー。本来のミュンヘンは、まさに雪てんこ盛りって感じなので、今年は変な感じです。
冬でもはだし・・・ですか。旦那様のお気持ちが分かります(笑)。私は冷え性なので、冬じゃなくても裸足なんて無理です!お風呂上りにも即、くつした履きますから(笑)。

>Setteさん

ヨーロッパ各国、やっぱり靴脱ぐところは多いんですね~。私も脱ぐ人と脱がない人がごちゃまぜになってるのは、ちょっと・・・と思います。くつしたが汚れちゃう。
それから、外にはいていったジーンズでベッドの上に座るのがやだっていうの、全く同じです(笑)!ベッドが汚れるーって思っちゃいますね。

>キジさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
フランクフルトにいらっしゃるのですね。雪はもうあんまり残っていないんじゃないかな~と思います。
確かにホテルの部屋に靴を履いたまま入って、ベッドに横になった時って、妙な感じがしますね。あれは靴のせいなんですね~。日本の普通の家では絶対にしないことですもんね。
またぜひ遊びにいらしてくださいね!

>shima

お義母さん、すごい!台所で靴は洗えないよね・・・。そういうびっくりするような感覚の違いってたまにあるよね。知り合いが、お皿洗ってるスポンジで床の汚れをさっと拭いたときは、それこそ絶句しました(苦笑)。ほんの一瞬さっと拭いただけだったけど・・・。

靴は脱いだ方が絶対いいよね。履いたままだと本当に家の中がすぐに汚れるからね~。

確かに。

タイトルどおりのお話ですね~。
なぜに、敷居がないんですかね?靴は脱ぐのが当たり前だし、脱いだ方が絶対楽、と日本人としては思っちゃいますが、
ドイツやヨーロッパは…土足文化と素足文化が、混合?
元々は靴は脱がなかったけど、アジア(日本?)から「脱ぐ」習慣が入ってきて、今は過渡期にある…とか?
いってる自分も、よくわからなくなってきました^_^;

>ポンゴメリーさん

本当に、靴脱ぐ習慣があるなら、敷居を作ればいいのに!と思います。
「土足文化と素足文化が混合して、今は過渡期にある」
この説いいですね~(笑)。ヨーロッパの人が、いつ頃から靴を脱ぐようになったのか、知りたくなってきました!ポンゴメリーさんの説のとおりだったら、過渡期が過ぎた頃にはドイツにも敷居ができてるのかしら(笑)?

本当にそうですよね。不思議に思います。私は愛犬のミニシュナのシュリも連れてエッセンに引っ越してきたのですが、日本では当たり前のことだと思うのですが、シュリのお散歩のあとは必ず足をタオルで拭いてたのですが、それを彼に言うと、ここではどしゃぶりの雨の日以外はそんなことしなくていいよ。と言われました。でも、私はウェットティッシュでお散歩帰りのシュリの足を拭いてます。

>Sonaさん

そういえば、こっちでは犬やネコ、普通にそのまま家に入ってますね~!こちらではあまりに当たり前の光景だったので気にしたことがありませんでしたが、確かに日本ではそのまま家に入れたりしませんよね。やっぱり玄関があるかないかの違いなんでしょうね~。仕切られてないと、そこまで気にならないのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/266-4e3cd305

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。