[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


騒音

ドイツは騒音に関してけっこう厳しい国。アパートでは音を立てていい時間帯が決まっていて、日曜日の騒音はかなりタブーです。だから日曜日は必然的に家事をしない日になります。洗濯機や掃除機はうるさいですからね。こういったルールも、そこに住んでいる住人や大家さんによって厳しかったり緩かったりしますが、私は日曜日と、平日もお昼時は洗濯機や掃除機をかけないようにしています。

このようなルールや、ドイツの住宅の壁が日本と比べるとだいぶ厚いことなどから、私は今まで騒音で悩んだことはほとんどありませんでした。

・・・が、私たちはここ数週間、ウチの上に新しく引っ越してきたと思われる住人たちの騒音に頭を悩ませていました。まず、フローリングを張り替えてるのか何なのか分かりませんが、ドリルやトンカチの音が数日間続きました。まあ、こういう作業は避けられないので仕方ありません。でもさすがに夜中の12時半ごろトンカチが聞こえてきた時は、ムカッとしましたね。

その後、ある日の夜中、突然大音量のロックが聞こえてきたそうなのです。私は珍しくものすごい爆睡状態だったらしく(笑)全然知らないのですが、普通はちょっとやそっとの物音では起きない彼が、この音楽で目が覚めてその後全然眠れなかった、と次の日の朝、かなり不機嫌になっていました。

その日以来、毎日午後になると大音量のロックが聞こえてくるようになりました(涙)。私もロックは好きだけど、上の家から聞こえてくるロックはただの騒音でしかありません。大音量で聞きたい気持ちは分かるけど(←この辺り、妙に理解を示したりする。笑)、アパートに住むんだったら周りの人のことも考えてくれーーという気持ちで過ごす毎日。そのうちやめてくれることを祈りながら・・・。

そして先週の金曜日。私たちは夜中の3時ごろ、目が覚めました。今までで一番すごい大音量のロックで!! 何の曲を聴いてるのかはっきり聞き取れるほどの音量なのです。ドイツのアパートの厚い壁を隔ててるというのに! 何やら人が大勢いるようで、笑い声や大声で話してる声が聞こえてきます。そんなに大音量でロックを聞いてたら、話し声も大きくなるわけです。

ドイツでは新しい家に引っ越すと、友達を呼んでお披露目パーティーをする習慣があるのですが、これはそのパーティーに違いない。延々と続く大音量の音楽で、私たちは全然眠れなくなってしまいました。彼は土曜日も仕事なので、次の日私たちは普通に早起きしなければならず、超寝不足(怒)。でも引越しパーティーだったみたいだし、これは例外として大目に見ることにしました。

週末は静かだったのでほっとしていると、昨日の昼間、また始まりました。今度はロックだけではありません。一つの部屋ではロックが、もう一つの部屋ではテクノが、共に大音量で流れているのです(激怒)! これ、かなりキツイですよ。ロックとテクノが同時に大音量って・・・。

たまりかねた私たち。夜になって、彼がついに苦情を言いに行きました。私は「たぶん若い学生だと思うから、別に悪気はなくて、迷惑がかかるとかそういうことに気づいてないだけかもしれないし、あんまりきつく文句を言わないようにね」と彼に注意をし(彼、珍しく怒っていたので。笑)、彼が戻ってくるのを待ちました。

チャイムを鳴らすと出てきたのは、やっぱり若い学生風の男の子だったそう。やんわりと「もうちょっと音を小さくしてもらいたい」と言うと、「すいません!迷惑かけて!」と意外なことに、ずいぶん腰が低かったようです(笑)。

彼が戻ってくると、ロックはパタリと聞こえてこなくなりました。ロックは。でもテクノは相変わらず大音量で、「ブォンブォンブォンブォン」という低音が響いてきます。あの男の子、何で同居人に事情を伝えないかな~~。

数時間後もまだ続くので、彼が再度言いに行きました。今度はテクノの男の子が出てきたそうですが、その彼は自分には責任がない、といった態度だったみたいです。「あいつ(ロックの同居人)、いつも大音量で聞いてるから苦情が来ないように気をつけろって言ってるのに。」とか、「音の大きさの感じ方は人によって違うわけで。うるさいかそうでないかの判断は、人それぞれだしー。」(=自分は決して大きすぎる音で聞いていない)とか言ってたそう・・・。

あのロックの子はずいぶん素直だったのに、こっちのテクノは手ごわそう??

その後少しは音が小さくなりましたが、相変わらず低音が響いてきます。でも30分くらいすると音楽がピタッと止まり、その後は全く聞こえてこなくなりました。夜中も静かだったし、今日も今のところ何も聞こえてきません。やれやれ。少しぐらい聞こえてくるのはいいのですが、長時間大きな音が鳴り響いてるとイライラがたまってきてしまうので、こちらの事情を分かってくれたみたいでよかったです。

でもあの素直なロック君、反省しすぎて音量を小さくしすぎてるんじゃないかと、彼と二人で心配しています(笑)。「極端に小さくする必要はないよ。もうちょっと大きくしても大丈夫だよ」って言いにいこうか?なんて言ってみたり(笑)。



人気blogランキングへ
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


コメント

ドイツは音に対して厳しい国と私も聞いています。平日のトンカチは12時~2時のお昼休みの時間帯は駄目だそうで、私達が引越したばかりの頃迷惑かけないように静かにやってたのですが、それでも苦情が来ました。場合によっては警察に通報することもあるそうです。街には音楽が流れてないし日曜日のアウトバーンを走るトラックも許可をもらってる食料品を輸送するトラックのみと聞いてその徹底ぶりには驚きました。

>Sonaさん

そうですね~。こちらの人は音に敏感ですよね。お昼の時間帯は音を立ててはいけない、としているアパートが多いですが、ウチのアパートの住人はけっこうアバウトのようで(笑)、そんなに徹底してません。でも私たちもトンカチはお昼の時間帯は自主的に避けるようにしています。そうそう、それからアウトバーンの決まりはすごいですよね!でもいいことだと思います。日曜日のドライブはトラックがいなくて気分がいいですし♪

一度気づいちゃうと・・・・・・

だめですね、気になっちゃって。昼間ならまだしも、やっぱ夜中はやめてもらいたいな~。
私も、裏にアパートに住んでるブラジル人に静かにしてくれって言ったことあります。そしたら、旦那様が「いいよ~」って。「わかったよ~」でしょ、どちらかというと(笑)
そのまま静かにしてくれるといいですね。

騒音

私も音楽騒音・・・駄目です・・・

幸い一軒家に住んでいますが それでも夏場は 他所のお家から 大音響が・・・って時があります。

フランスも日曜日の午後と お昼ご飯時、夜中は静かにする事になっていますが あまり守られて無いよ~な・・・

前に住んでたスイスは 騒音が酷いと 警察も呼べて それが本当にちゃんと来てくれるので びっくりした経験があります・・・でも知人の話しでは 最近は ちょっと変わった様です・・・

時には

助かっていることもあります。というのは、うちの上に住んでいる人たちは、(複数のアパートが、あるんです。)そこそこ、音を出すのですが、行き過ぎることがほとんどない、という程度。男の子が2人いる我が家では、多少のドタンバタンは気にしないでいられます。

お互い様、というわけ。でも、下に住人がいるとまた事情は違ってくるよね。

私もダメ

騒音・・・、気になるととまらないですよね(笑)
以前住んでいた所は賃貸で、下の家がうるさくてたまらなかったんです。
昨年マンションに引越したら、アラ、何も聞こえない・・・。
分譲と賃貸の差があるかもしれませんが、よ~やく平気に。。。
どこの国でも大音量お兄ちゃんっているんですね(笑)

ドイツ人は「音・ニオイ・汚れ」に厳しい・・・といろんなところに書かれているのを読んで、気を引き締めております。何しろ我が家には朝から晩まで家の中を走り回る元気な騒音娘がおりますので^^;
でも、そんなドイツ人の中にも騒音を出す人がいるんですね~。ビックリ!若者はどこの国も同じなのかしら?

無煙ロースターを買ってニオイには備えたし、掃除道具一式はきっちり送って汚れ対策は万全(のはず)だし、あとはわれわれ家族の心構えのみ。ドイツでご近所迷惑にならないよう、気をつけたいと思いまーす。

>Setteさん

そのブラジル人、いいですね~(笑)。でも「いいよ」の使い方って間違いやすいのかも・・・。ウチの彼も「いいよ」って言葉はよく耳にするので自然に覚えたみたいですが、ヘンなところで使うからちょっと困るときがあります。何かモノをあげるとき「はい、どうぞ」というと、「いいよ」という返事が返ってきたり(笑)。

>加代子さん

こういうとき、私たちも一軒家に住みたくなります!特に彼は田舎育ちで、集合住宅に慣れていないので、よく「一軒家に住みたい~!」と言っています。
フランスは、日曜日に静かにしなきゃいけないのは午後からなんですね。そういえば、パリで日曜日も普通にお店がやっていて、びっくりした思い出があります。
ドイツでもあまりにひどい騒音だと警察を呼ぶこと、けっこう?あるみたいですね~。

>shima

そうそう、それもよく分かる!私たちも時々楽器を弾くから、多少の物音は隣でもしてくれた方がやりやすいのよね。でも常識の範囲を超えられると、精神的に参ってしまいます。5時間テクノはちょっとキツイ・・・(涙)

>ひろこさん

日本の賃貸アパートは、ちょっと筒抜け・・って感じがありますよね。私が日本で住んでいた一人暮らし用のアパートでは、毎朝お隣の目覚ましが聞こえてきました(笑)。
でも今のお家では騒音から開放されてよかったですね~。最近、静かに暮らせると言うのは、なんて平和なことなんだ!と思うようになりました(笑)。

>みみさん

万全な準備ですね。素晴らしい!ドイツ人は本当にきれい好き、音に敏感、ニオイにも敏感・・・ですね~。みんな、すごいよく換気をするんですよ!でも不思議なのが、日本では標準装備の換気扇が、賃貸アパートではあまり付いていないこと・・・。ウチは料理の後ニオイがこもっちゃって大変です。

ドイツにもうるさい音を立てる人は、けっこうたくさんいます・・・。やっぱり若者はどこも同じなんでしょうね~。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/279-bd4eeb1a

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。