[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ドレスデン、運命の日」4月21日から日本でまたドイツ映画が公開されます! 最近、ドイツ映画も注目されてきているみたいですね。

現在「善き人のためのソナタ」が上映中ですが、まもなく公開されるのは「ドレスデン、運命の日」という映画。第二次世界大戦末期に起こった「ドレスデン大空襲」というドイツの悲劇を、初めて作品化したものです。

ドイツでは、去年の3月に2夜連続のテレビドラマとして放送されました。大々的に宣伝されていて、かなりの注目を集めていたため、私たちもしっかりチェックしていました。見終わって、「これ、テレビドラマにしては随分高いクオリティだね。映画にしてもよかったのにね」と言っていたんです。だからその後、多くの国で映画として上映されると聞いて、納得!という感じでした。

戦争映画なのでかなり重いですが、とてもいい作品です。ちょっとミーハーな話になって申し訳ないのですが、主演のフェリツィタス・ヴォルという女優(上の写真)が私は大好きで、それもあって絶対見たい!と思っていたのでした。

彼女は以前放送された「Berlin, Berlin(ベルリン、ベルリン)」というドラマで主役を演じていて、それで一気に人気が爆発した若い女優さんです。私もそのドラマにはまっていて、しっかり彼女のファンになってしまいました。「Berlin, Berlin」は完全にコメディで、とにかく笑えるドタバタしたドラマ(でもそれでいて、ちょっと切ない。←ドイツのドラマはこういうのが多い。私の好み・笑)。フェリツィタス・ヴォルはすごいパワフルに、元気でストレートな女の子を演じていました。

でも”「Berlin, Berlin」のあの彼女が主演”というのが、若い世代も「ドレスデン、運命の日」を見るきっかけになって、戦争のことを知る機会になってくれたら・・・という意図は、もともと監督にもあったそうです。もちろんそれ以前に、彼女の抜群の演技力を買っていたのは言うまでもありませんが。

みなさんも、ぜひ映画館に足を運んでみてください!

◆All About記事
ドイツの戦争叙事詩「ドレスデン、運命の日」
心に響く映画「善き人のためのソナタ」


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


コメント

この女優さん本当にきれいだね。スイスでも時々この映画の紹介を新聞で見かけたけれど、気になっていたんだ。戦争映画は冷酷なシーンが多いものは苦手なんだけど、この映画はどう?

はじめましてこんにちは!

突然のコメント失礼いたします。

私のブログ
「最新海外・国内テレビドラマ ニュース速報」で
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させていただきました。

該当記事はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/lovetvdrama/archives/50122918.html

観ようと思います

こんにちは、ご無沙汰です(笑)

この女優さん、とっても雰囲気いいですね。
私もこの映画を観たいと思いました。

ご紹介、ありがとう

ステキな映画の紹介をありがとうございます。京都でも公開されるみたいなので、観に行ってきます。大画面で戦争映画を観るのはちょっとツライところもありますが、とてもいいストーリーのようですものね。見逃すには惜しい。現在、ラルフ・イーザウの『盗まれた記憶の博物館』を夢中になって読んでいるところなので、一層心を惹かれるのかもしれません。

こんにちは

ご無沙汰しています。
オランダに引っ越してから、先週東京にて結婚式を終えるまで
ずっと映画を見ていないので、Asamiさんのブログを見て
と~っても見に行きたくなりました!
DVDではなく映画館で☆
間もなくオランダに戻る予定なので、その前に観だめ?
しておかなければ!

>shima

この女優さん、この写真はしっとりとしてるけど、「ベルリン、ベルリン」のドラマでは圧倒されるほどパワフルな強い女の子でした。個性的でいい感じよ♪
戦争映画だから恐ろしいシーンとかもあるけど、でも超怖がりで残酷なものは一切見られない私でも大丈夫だったから、それほど冷酷ではないかな・・・と思う。恋愛映画でもあるしね。

>lovetvdramaさん

はじめまして。
ご紹介いただきどうもありがとうございました!

>ひろこさん

こんにちは!
本当に個性的な女優さんで、いい演技をする(と私は思う)ので、ぜひ見てみてください!

>haruさん

盗まれた記憶の博物館、私はちょっと知らないのですが、この映画、とても見応えがあり、いろいろと考えさせられました。確かに空爆のシーンとか、大画面で見ると恐怖感が増して、辛いものはあるかもしれませんね・・・。でも私も映画館でも見てみたいな~と思います。

>Magnoriaさん

お久しぶりです!
先週、ご結婚式だったのですか?!おめでとうございます☆ Magnoriaさんのブログで、しばらく日本に帰っていらっしゃることはチェック済みだったのですが、結婚式を挙げられていたとはビックリでした。ブログにお邪魔してみたら、素敵なお写真がいっぱい!本当におめでとうございます。
この映画は、結婚式の華やかさとは程遠いので、オススメするのもちょっと気が引けてしまいますが(苦笑)、もしよかったら見てみてください~。

フェリツィタス・ヴォルさん。ほんとに、きれいで、品のいい美しさ。エンディングのフラウエンキルヒェンから、現在のドレスデンを眺めるシーン。映画の中の60数年前の時代背景の彼女と、今の若い彼女。どちらもきれいですが、特に最後のシーンは
ジーンときました。

berlin berlin ってどんなお話ですか?また見たい

>grindelさん

コメントありがとうございます。一時帰国をしていたため、お返事が遅くなりごめんなさい!
先日テレビでこの映画が再放送されていたものを見たのですが、改めて良い作品だと思いました。最後のシーンは本当にジーンときますよね。フェリツィタス・ヴォルは美しさの中に強さを秘める女性という感じがして、とても好きです。

Berlin, Berlinは、彼女が演じる女の子が従兄に恋をしていまい、どうにかその思いを断ち切ろうと他の人と付き合ったりしながら自分の気持ちと格闘していくラブコメディです。ドレスデンの彼女とはあまりにも違うので、びっくりしてしまうかも?!とにかく元気でパワフルな女の子を演じています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/292-5c43ef8e

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。