[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リスくん発見!

少し前、とある住宅街を歩いていた時、一匹のリスに出会いました。

リス

あ!リスくん発見!!かわいい~~☆
もうちょっと近づいて写真を撮ってみよう!




リス

あ~~リスくん、待って~~
足、速すぎだよーー
そんなにすごい勢いで逃げなくても・・・・・・




リス

あ、止まった!
近づくチャーンス!




リス

・・・と思ったら、消えた・・・・・・
リスくん、足早すぎだってば
今、ここ曲がっていったよね??




リス

あ!いた!!
こっち向いてる~~
目が合っちゃったよ。もう、かわいすぎ!!

今まであんなにすごい勢いで逃げてたのに、いきなりストップしたよ。写真撮影サービスしてくれてるみたい??




リス

「ハイ、今度は横から~」
大きなしっぽをフリフリして、ほんとサービスいいな~(笑)




リス

「じゃ、そろそろボクは木に登るよ」
リスのしっぽって本当に大きい☆




リス

写真サービスをたっぷりしてくれた後、リスくんはトコトコトコトコーっと木の上に登っていってしまいました。そして、木から木へとつたって遠くへ行ってしまったので、写真撮影は終了。

リスって木と木の間がけっこう離れていても、平気でジャンプして飛び移っちゃうんですね。一回、けっこう高い位置で、「え?こんなに離れてるのに飛び移っちゃうの?!」と思って見ていたら、ピョーンと飛んで、かろうじて細い枝の先っぽにしがみつき、その細い枝がビョーンビョーンって揺さぶられていました。危機一髪?って感じでしたよ。

ドイツでは日常の生活の中で、リスをけっこう見かけます。ウチの窓からも時々リスを見かけることはありますが、すぐにどこかへ行っちゃうし、ベランダに出て少し近づいてみようとすると、物音や物陰にすぐに気づいて、あっという間に逃げていってしまうので、なかなかじっくり見られる機会はありません。

なので、今回写真がたくさん撮れて、興奮しました(笑)。
このリスくんはこの住宅地に住んでいて、駐車場をよく歩いて(走って)いるから、人間に慣れているんでしょうね。

白クマのクヌートもそうだけど、動物には本当に癒されますね☆
リスくん、本当にかわいかったです!


人気blogランキング
↑このブログを気に入ってくださったら、クリックしていただけるとうれしいです☆
関連記事


コメント

かわいい!

こんにちは。
それにしてもよく撮れましたねぇ。
リスってこんなに“尻尾”が立派でしたっけ??
目も合ってるし、BEST SHOT!
ミュンヘンですよね? 今どき街にリス・・・、うらやましいです

こんな近くで撮影できたなんてすごい!
サービス精神旺盛だね。
人に慣れてるのかなぁ。
家の近くでリスに会えるっていいね。
それだけ自然も有るということだし、癒されるね。
我が家の周りには当然リスなんて居ないから
この前旅行先でリスを発見した時、大騒ぎしてしまったよ。

かわいいですね~

リス。私もアメリカで撮影しましたよ、つい(笑)
この写真のリス君の方が細身ですね。茶色くてかわいい!しかも、サービス精神旺盛で♪(笑)私もそのうち見られるかな♪
あ、ちなみに私、ドイツに到着しました♪

>ひろこさん

こんにちは。リスを撮ろうと試みたことは今まで何度もあるのですが、こんなにちゃんと撮れたのは初めてでした!
そう、リスのしっぽって大きいんですよね。私もドイツに来て初めて知りました。日本ではそんなに間近で見る機会はなかったので。・・・それともドイツのリスのしっぽが大きいのかしら?!
ちなみにこれはミュンヘンですよ~。

>ぷ

そう、それだけ回りに自然がたくさんあるってことなんだよね~。ドイツに来て、普通に歩道でリスを初めて見たときは本当に驚いた!動物はいいよね♪
旅行先でリスに会ったんだ~。大騒ぎしちゃうの分かる!私も家の窓からリスを見かけると、もう本当に大騒ぎしちゃいます。

>Setteさん

アメリカにもいましたか~。写真、思わず撮っちゃいますよね。このリスくん、確かに細身かも。こんな風に赤茶色いのと、あとは、こげ茶色のリスがいるみたいですね。ドイツにいれば、そのうち必ず会えますよ!
それはそうと、ドイツ入りしたんですね!おめでとうございます☆☆楽しい毎日を過ごしてますか?何だか私までワクワクしてきてしまいます(笑)。

リスのしっぽ

すごくすご~く可愛い!!
小動物の撮影って難しそうなのに、
とても良い写真が撮れましたね*^^*
町中でもリスが目撃されるなんて、
ビックリです。
心がホンワカしちゃいました^^

可愛すぎる~♪

動物にはホント、癒されますよね♪
私、リスっていまだに見たことないです~(T_T)日常の生活の中でリスに出会えてしまうドイツ、羨ましいかぎりです~。

>aruさん

小動物の撮影はホント難しいですね。チョコチョコ動き回るので、すぐに見失ってしまいます(笑)。リスってかわいいですよね~。あのキョトンとした表情が何とも和みます☆

>ポンゴメリーさん

日常の生活の中でリスに会うなんて、日本じゃなかなかないですよね。私もドイツに来るまでは、生のリスを見たことはなかったような気がします。あと、日本では見かけない小鳥もたくさんいて、かわいいんですよ~♪

優しい暮らし

はじめまして!All Aboutのサイトからたどり着きました、東京在住のMaicocoと申します。主人は東京に10年在住しているドイツ人です。

asamiさんのブログ、とっても楽しく、また興味深く拝見させていただきました!ドイツって、本当に素敵な国だなぁ、って改めて感じました。「優しい暮らし」っていう言葉がピッタリですね。

子供のころから憧れていたドイツ、やっぱり将来は住んでみたいと心から思いました。asamiさんのブログを読んで、まだ1年しか勉強していないドイツ語も頑張らねば!と動機付けられました。

主人は「日本人化」しているので、若い今のうちはドイツへ帰るつもりは全くないようです。ですが将来はあり得ない話でもないので、私ももっとドイツの事を勉強しようと思います。

またお邪魔します!

>Maicocoさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまいごめんなさい。最近全然更新ができていないというのに、コメントいただいてとてもうれしいです。
ご主人がドイツの方なのですね~。東京在住10年ですか!それじゃあ日本語はカンペキですよね~。Maicocoさんはドイツ語のお勉強されてるのですね。私の夫も日本語をきちんと勉強したいようですが、なかなか時間がとれなくて、私がいろんな単語を仕込んでいます(笑)。

ドイツは私も本当に素敵な国だと思います。Maicocoさんも、いつかドイツに住むことができたらいいですね!今ちょっとバタバタしていてブログが更新できていませんが、少し落ちついたらまた再開しますので、どうぞよろしくお願いします☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blumchen.blog13.fc2.com/tb.php/297-470ab8fe

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。