[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミュンヘン

今日の記事内容に合う写真がないので、「何かないかな~」と過去の写真を見ていていたら、
ミュンヘンで撮ったこんなものがありました。市庁舎裏のMarienhofという芝生エリアで
ひとり寝っ転がる人。この写真を見て最初「犬??」と思ったのですが、人、ですよねぇ??

さて、本題です。
ドイツでは、小さな子供を連れてお肉屋さんやスーパーのお肉コーナーに行くと、
必ずと言っていいほど「お子さんソーセージ食べる?」と店員さんに聞かれます。

ここで言う「ソーセージ」とは、一見ハムのように見える薄切りソーセージのことなのですが、
お肉を買うと、そんな薄切りのソーセージを一枚ペロッと子供に渡してくれるのです。

その気持ちは嬉しいけど、これ、実はちょっぴりやっかい(・・・と私は思っています)。
初めて「お子さんソーセージ食べる?」と聞かれたのは、娘がまだ1歳にもなっていない時。
はっきりとは覚えていないのですが、9ヶ月とかそのくらいだったかなぁ?
まだ離乳食を食べている0歳児にソーセージは、いくらなんでも早すぎますよね(汗)。
まあ普段子供と関わりがないと、ぱっと見だけでは何歳くらいかなんて分からないのかも
しれませんが、私たちはいつも笑顔で丁重にお断りしていました。

私が一人で娘を連れてお肉屋さんで買い物をしていたある日、娘がぐずり始めるとお店の人が
すかさず「ソーセージあげようか?」と言ってなだめようとしてくれました。
「あ、大丈夫です。ありがとう」といつものように断ったのですが、娘が泣きやまないので
お店の人が「やっぱりソーセージあげるわよ」と言うので、「大丈夫です~」と再び
断ると、「え~どうしてー?あげた方がいいんじゃない?」と何だかどうしても娘に
ソーセージをあげたい様子(苦笑)。仕方ないので、「この子はお肉を食べない(=ベジタリアン)
んです。」と言うと(※娘はベジタリアンではありません)、やっとあきらめてくれました(苦笑)。

これ、実は義母の案(笑)。「お肉屋さんがソーセージをいつもくれようとするので困る」という
話をしたとき、「そうなのよねー。もうどうしようもない時は、この子はお肉食べない子だって
いうしかないわね!」と言っていたので、その通りにしてみたのでした(笑)。

2歳を過ぎた今では、もうとっくにそういったソーセージを食べても問題ないし、家ではハムなどを
よく食べていますが、でもお店でもらうのはできれば避けたい・・・と思っています。
「お肉屋さんに行くとソーセージがもらえる」っていう習慣になるとちょっとやっかいだし、
それに外でソーセージを手づかみで食べるっていうのも、あんまり清潔ではない気がして・・・。

ということで、今まで断り続け、娘には「お肉屋さんではソーセージがもらえる」ということを
知られずに済んでいたのですが、先日ついに、その事実が娘にバレて(笑)しまいました。
スーパーで買い物をしていた時、突然遠くから「そこのあなた、ちょっとこっちにいらっしゃいよ!」
という声が聞こえてきました。振り返ると、お肉コーナーの店員のおばちゃんが私に向かって
手招きしています。そして、「これ、お嬢ちゃんにどうぞ!」とソーセージを1枚差し出すのです。

私はお肉コーナーに並んでいたわけでもないし、しかもそこから数メートル離れたところにいた
というのに、おばちゃんんがわざわざ大声を張り上げて私を呼び寄せ、ソーセージを振りかざし
「お嬢ちゃんにどうぞ!」なんて言うので、断るわけにもいかず、ついに娘用のソーセージを
一切れもらうこととなってしまったのです~・・・。「ありがとう」と言って受け取ると、
おばちゃんはとっても嬉しそう。子供が好きなんでしょうね~。

気持ちは嬉しいけど、案の定、あれ以来娘は「お肉屋さんではソーセージがもらえる」と思う
ようになってしまい、お肉屋さんやお肉コーナーに行くと、自らソーセージを催促するように
なってしまったので、ちょっとやっかいです・・・。だから、何だかお肉が買いにくくなって
しまいました(困)。

私はソーセージが大好きだし、ドイツのソーセージは本当に美味しいと思っているけれど、
でもやっぱり加工食品は子供にはあんまりたくさん食べさせたくないですよね~。

だけどこれってやっぱりソーセージの国ドイツならではのエピソードっぽくて、
「あー私ってやっぱりドイツで暮らしてるんだわ」なんて改めて感じたりして(笑)、
そう思えば別に何てことないんですけれどね。そういえばソーセージのCMでも、まさに
「子供がお肉屋さんでソーセージを1枚もらう」っていうシーンのものがありました(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング
関連記事


コメント

ブッ!
来てみてビックリ!
今日の私達、おもしろいほど話題がかぶってます!(苦笑。私のは時差更新だけどー・・・。)

そう、ソーセージねーー。
あれってやっぱりおばちゃんの営業方法のひとつなのかしら?
子どもが「ママ、ソーセージ!」と言うようになることによって、売り上げをUPさせるという・・・。
ジュニなんか、家ではまず食べないのに、買い物先ではどうしても手に入れたいみたいだし。


>でもやっぱり加工食品は子供にはあんまりたくさん食べさせたくない

そうそう。
でも、我が家では私と夫とでここの意見が真っ二つに分かれるの。
彼の頭の中には、「Nutellaやジャムよりはハムかサラミが健康的」という図式があるらしいのだけど、私にとってはどっちもどっち。
パン食だと、やっぱり和食よりはバランス悪いかなと思ってしまいます。

あ~これ私もやっかいだなぁ~って思ってたんです!私も肉を買う時、いつも息子にソーセージ(私はずっとハムだと思ってました)をくれるのですが、息子は焼いたソーセージは好きだけどあぁいうのは食べなくて、私はとりあえず息子の口の前に持っていってみるのですが顔を背けます。顔を背けるのはまだマシで、少し口に入れて吐き出したり!くれたおばちゃんは苦笑いしてました(汗)結局いつも私が食べてます(苦笑)この前初めて断りました。というか、いつも何を言ってるか分からなくて「えっ?」って言ってる間に、もうくれるんですよね~。ははは。。。

うちの息子はソーセージもらってた派です(笑)。ソーセージあげ習慣は、特に小さい子供がお買い物中ぐずったり退屈したりしては可哀想という気持ちからかと思われますが・・・。そういえば、もうすこし大きくなってから一時期試食の鬼にだったときもあったわ(焦)。でもそれもこれも一過性のこと。ある年齢過ぎると、ソーセージ売り場のオバちゃんも聞いてこなくなりますしね。

>nonoさん

私もnonoさんのとこ行って、びっくりしたよ~~!
まさかこんな話題でかぶるなんてね(イベントネタとかではないのに)。
ソーセージ、あれは営業方法なんですか?!「子供好き」とか思ってる私は人が良すぎ??(笑)
あ、でも~この作戦、私には効いてないかも。だって、私はお肉屋さん避けるようになっちゃったし(苦笑)。

「Nutellaやジャムよりはハムかサラミが健康的」っていう図式、気持ちは分かるなー。私もどっちもどっちだと思うけど、甘いものって依存しやすいかなーと思うので。あと、虫歯も怖い!でも確かに和食の方が健康的だよね。私はパン党だけど(笑)。

>ぷりんさん

あ、やっぱりぷりんさんもやっかいだと思ってました?(苦笑) そうか~、「えっ?」って言ってる間にもうくれちゃうんですね(笑)。息子さんはああいうタイプのソーセージは好きじゃないんですね~。で、いつも食べてるぷりんさん・・・(笑)。息子さん、ドイツにいれば、ああいうのもいつか好きになるのかな~?

>sarahoctavianさん

息子さん、もらってた派ですか~(笑)。確かにソーセージ食べてる間はおとなしくしててくれるので、買い物がスムーズにできて、その点はとても助かりますよね。試食の鬼・・・(笑)。そうか、ソーセージもらい期を過ぎても、今度はそういうのが待ってるんですね(笑)。私も「一過性」と思って、おおらかに構えることにします~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。