[PR] ペット可

ドイツの優しい暮らし by ブリュームヒェン

ドイツで陶器&雑貨のショップ「ブリュームヒェン」を営む店主の日記。ドイツの街の風景、ドイツ生活のこと、ドイツグルメのこと、いろいろ綴っています。音楽話も♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご無沙汰しております。

みなさま、大変ご無沙汰しております。
あまりに間が空きすぎてしまい、何から書いていいのか分からないというのが
正直なところです。

東日本大震災発生当時、私は日本にいました。
2月半ばからショップもお休みをいただいて、6週間里帰りをしていました。
突然決まった一時帰国だったので、ショップのメルマガで帰国のお知らせを
したのみで、こちらのブログではお知らせもせず更新が止まってしまい、
ごめんなさい。

実家は震源地から離れた所にあるので揺れはありましたが被害はなく、その後の
生活にも全くと言っていいほど影響はありませんでした。
お水など、一部の食品が売り切れていたくらいでしょうか。

でも辛かった。
ごめんなさい。被災した方々の苦しみや悲しみのことを思ったら、私が発する「辛い」
なんて言葉はとても不謹慎なように感じてしまいますが、でも日本の国全体が傷を負って
しまったということが、とても辛いです。

そしてこのような状況で日本を離れ、ドイツに戻ってくるというのは、私にとっては
本当に苦しいことでした。

毎日テレビの報道を見ては涙し、新聞を読んでは涙し・・・。
家族ともたくさん話し合いました。

そして、別れ。
当初の予定通り、4/1にルフトハンザに乗ってドイツに戻ってきました。

いつも別れは辛いけれど、今回はもう切ないと言うか何と言うか・・・。
自分の国がこんな状況になっていて、自分の家族はそこで暮らしていて、自分ひとりだけ
遠い外国に行かなければ(帰らなければ)ならない。

遠くにいると、様子が分からなくて心配な気持ちが何倍にもなってしまったりするんですよね。
でも自分がそういう立場になって初めて、ドイツで私と娘の帰りを待っている夫の不安な
気持ちが心から分かったような気もしました。私に対してはあまりいろいろ言いませんでしたが、
夫は相当不安で辛い日々を過ごしていたようです。

「状況が分からない」
これが、一番不安につながる要素ですね。日本と外国では報道に温度差もありますし。

***

ここフライブルクでも、様々なチャリティイベントが開催されています。
多数の日本人音楽家の方がいらっしゃるので、特にコンサートがたくさん行われています。
夫も私たちがいない間、いくつかのチャリティコンサートに足を運んだようです。
私は帰ってきた1週間後に行われた、フライブルクに住む日本人で開催したチャリティ
イベントに参加し、微力ながらお手伝いをさせていただきました。

そんな風にして日本のことを想いながら、ショップの営業も再開し、育児をし家事をし、
天気の良い日は家族で出かけて春を楽しみ、娘が幼稚園に通い始め、私は風邪を引いて
寝込んだり(苦笑)しながら、またドイツでの普通の生活に戻っています。

こちらは、もうだいぶ日が経ってしまいましたが、ドイツに戻ってきてすぐに(4/3)
撮ったチューリップの写真。道端にきれいに咲いていました。

チューリップ

チューリップ


最後になりましたが、今回の震災で被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。
一日でも早く状況が良い方向に向かいますように。

日本が、恋しいです・・・。


次回からはまたいつもの調子で写真をいろいろアップしていきますね。




↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキング

関連記事


コメント

麻美さん、ご無沙汰しておりました。そうですか・・お里帰りの最中に大震災が起こったのですね。上に書かれたお気持ち手に取るようによく分かります。
実は私たちは4月5日から3週間日本へ行くはずだったんです。実家は地震の被害はほぼ無かったものの数日間ライフライン切断され不自由な生活を送っていました。福島原発から120キロほど南なので今はそちらの方がどう発展するのか情報収集する毎日です。JRも道路も復旧せずガソリンも足りないという時にわざわざ出向くのはどうかという思いと家族の助けになれないというジレンマに悩まされたけれど、結局一旦キャンセルしとりあえず様子を見て夫と私で6月くらいに出直そうということにしました。ルフトハンザが日程変更のみならずキャンセルまで無料という異例の処置・・・それだけ深刻な事態なのか?それともドイツが特別敏感に反応しているのか?
この春はご存知のように新しいことを始めようと準備をしていたのだけれど、当然目下凍結状態です。日本が震災の被害と原発汚染問題が一日も早く解決され・被害を受けた人々が神的にも立ち直れるよう願うばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お帰りなさい♪お怪我とかなくて良かったです。丁度いい情報の出し方というのは難しいようですね。セキュリティ面のことを考えると何でもかんでも出すのもなんですが、それが重なって隠蔽になってしまってもあれだし、だからと言って、少ない情報から最悪の事態を想定するのはいいけど、それが決めつけになってしまっても問題だし。
色々な報道を見ながら、自分で取捨していくしかないのでしょうね。
更新楽しみにしています。

お帰りなさい~
なかなか更新されなかったので心配してました

あの日は私が住む大阪も若干揺れました

これから日本は世界中の助けを借りて
日本人全員で努力するんだと思います

ドイツから見守っていてください

お久しぶりです。
更新がなくってどうされたのかな?って心配していました。そうですか、麻美さんは日本にいらしたんですね。
私たちは実は3月9日から旦那の国韓国へ移り住んで、そして二日後に今回の震災がありました。実家が茨城でその日は連絡がとれずに心配したり、そのあとも心配することしかできない、自分が本当にももどかしく、不安な毎日でした。それに慣れない生活で、気持ちがすっかり滅入ってしまっていた日々でした。本当に、家族や母国と遠くに離れていることがこんなにも不安なのかと思って毎日過ごしていたので、麻美さんのお気持ち、すごくわかります。

でも、子どもは変わらず元気に過ごしているし、ママがいつまでもくよくよしていてはいけないなと思い、またこちらでの生活を楽しもうと努力しているところです。麻美さんも、娘さんとのドイツでの春を楽しんでください。また更新たのしみにしていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>sarahoctavianさん

ご無沙汰してしまい本当にごめんなさい!日本へ行かれる予定だったのですね。ジレンマ、とてもよく分かります。

>ルフトハンザが日程変更のみならずキャンセルまで無料という異例の処置・・・それだけ深刻な事態なのか?それともドイツが特別敏感に反応しているのか?

まさに私もそこのところでかなり悩んでしまいました。私自身は日程を変更して早くドイツに帰ろうということは全く考えなかったのですが、今回の災害の捉え方にあまりにも開きがあるので、訳が分からなくなってしまって。
ご実家では数日間ライフラインが切断されていたのですね。原発のことも本当に心配ですよね。6月に日本へ行かれるとのこと。辛い思いをされると思いますが、それでも今の日本を自分の目で見ることには大きな意味があると思っています。少なくとも私にとってはそうでしたから・・・。一日でも早くよい方向に向かってほしいですね。

>鍵コメさん

お久しぶりです。ブログをほぼ毎日チェックしてくださっていたとは・・・ご心配をおかけしてしまい、本当にごめんなさい!!実際に被害にあっていなくても、日本人として精神的なダメージはみな、多かれ少なかれ受けてしまいましたよね。早くみんなが元気になれる日が来ることを心から願っています。これからまたブログ更新していきますね!

>Setteさん

こんにちは。お久しぶりです!
情報って本当に難しいテーマだなと私も今回つくづく思いました。パニックになるような報道は避けなければならないし、でも隠蔽はもちろんいけないし。私たちのように2カ国にまたがっていると情報の量もさらに多くて、見極めがより難しいですよね。。。
また更新していきますので、よろしくお願いします~。

>mi-shaさん

こんにちは。ご心配をおかけしてしまい、ごめんなさい!
震源地が東北で関西まで揺れたのですから、本当に恐ろしい規模の地震だったのですよね・・・。
遠いドイツにいて何もすることができないのがもどかしいですが、
本当に一日も早い復興を願っています。

>ゆうこさん

お久しぶりです!ご心配をおかけしてしまい、すみませんでした!
ゆうこさんご家族もどうしていらっしゃるかな?と、時々思っていたのですが、
韓国に移住されたのですね。その直後に震災・・・。外国に移り住む(しかも
小さなお子さんを連れて)だけでもとても大変なのに、日本がこのような事態に
なってしまい、相当辛い日々を過ごされたのでは・・・と思います。
母国が元気になる日が一日でも早く来るように、一緒に祈りましょう!
またドイツの春の様子をお届けしますね。

>鍵コメさん

「今回の更新で救われた気分」だなんて言っていただいて、恐縮です・・・。
ご心配おかけしてごめんなさい!
日本と外国の報道を両方見ていると、色んな情報がありすぎて本当に精神的に
参ってしまいますよね。。。私はドイツで原発のニュースなんかを見ると、
ちょっと辛いです・・・。
震災発生時に日本にいたことで大きなショックを受けましたが、その時に
家族のそばにいられたことは私にとってはとても意味のあることでした。
外国でこのニュースを知った方たちは、違った意味でとても辛い思いを
されたのではないかと想像します。
早く元気になりたいですね。

>鍵コメさん

こんにちは。ご無沙汰しております!
ドイツに戻ってきて早1ヶ月。気持ちはだいぶ落ち着きましたが、
やはり常に日本のことが気になって、ネットで頻繁にニュースを
チェックしてしまいます。これはきっと皆さん同じですよね。
「今更ながらのカルチャーショック」、とてもよく分かります。
本当に複雑ですよね・・・。

常に不安が付きまとうような日々ですが、家族との日常を大切に
しようと思っています。鍵コメさんもお元気でお過ごしくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Asami

  • Author:Asami
  • 2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

    ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

    ★詳しいプロフィールは→コチラ

    ブリュームヒェン子育て日記

    3歳の娘の成長過程を綴った子育てブログにもぜひ遊びに来てください♪

    twitterはこちら↓
    BlumchenNetをフォローしましょう

    ※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。

ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)
「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」
カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪
全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。 執筆話など詳しくはこちら

2010/11/10
ブンツラウアー陶器9点&ホーロー製品6点、再入荷しました♪

ブンツラウアー陶器
ティーポット

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
スープボウル

ブンツラウアー陶器
オーバルグラタン皿

ホーロー
コーヒーポット/フラワー

ホーロー
シュガーポット/フラワー

ホーロー
キャンドルスタンド/ホワイト

ホーロー
キャンドルスタンド/フラワー

ホーロー
おままごと両手鍋/フラワー

ホーロー
マグカップト/バイエルン王国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。